« 秋葉原事件・加藤智大被告、12月18日最高裁「弁論」の意味するものは | トップページ | 「麻原執行見届け出頭も」=弟子の死刑回避求める―平田被告 »

2014年11月25日 (火)

死刑制度廃止、検討を 袴田さん、上川法相に要請書

@S[アットエス] by 静岡新聞 11月25日(火)7時1分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000002-at_s-l22

静岡地裁の再審開始決定を受けて釈放された袴田巌さん(78)らが24日、上川陽子法相の後援会事務所(静岡市葵区)を訪れ、死刑制度の廃止をただちに検討するよう、要請書を届けた。上川法相は不在だったが、袴田さんは担当者に「人の命は大事だ。冤罪(えんざい)は起こらんということでやってもらいたい」などと伝えた。
 要請書は、県内では死刑判決が覆って再審無罪となった「島田事件」も過去に起きたと指摘。「冤罪処刑の危険性を受け止め、死刑廃止を求める国際社会からの声に向き合うべき」などと求めた。
 提出に先立ち、死刑制度や冤罪問題を考える市民集会が静岡市内で開かれた。袴田さんら参加者約60人が要請書の内容を確認した。
 袴田さんは現在も大勢の人前では興奮からか意味不明瞭な発言が残る一方、落ち着いた環境下では受け答えがはっきりとしてきているという。浜松市内の自宅周辺を散歩するのが日課になっている。

|

« 秋葉原事件・加藤智大被告、12月18日最高裁「弁論」の意味するものは | トップページ | 「麻原執行見届け出頭も」=弟子の死刑回避求める―平田被告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/58109296

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑制度廃止、検討を 袴田さん、上川法相に要請書:

« 秋葉原事件・加藤智大被告、12月18日最高裁「弁論」の意味するものは | トップページ | 「麻原執行見届け出頭も」=弟子の死刑回避求める―平田被告 »