« 斉藤先生 | トップページ | 袴田事件再審決定 「ありがとうございます」48年、支え続けた81歳姉の思い »

2014年3月27日 (木)

袴田事件、再審開始決定=「証拠捏造の疑い」―逮捕から48年・静岡地裁

時事通信 3月27日(木)10時3分配信

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/retrial/?id=6111640

 1966年に静岡県で一家4人が殺害、放火された「袴田事件」で強盗殺人などの罪に問われ、死刑が確定した袴田巌死刑囚(78)の第2次再審請求審で、静岡地裁(村山浩昭裁判長)は27日、「重要な証拠が捜査機関に捏造(ねつぞう)された疑いがある」として、再審開始を認める決定をした。刑と拘置の執行停止も決定した。
 逮捕から48年、判決確定から34年を経て、裁判のやり直しが認められた。確定死刑囚の再審開始決定は2005年の名張毒ぶどう酒事件以来、戦後6例目。地裁の決定に対して検察側は即時抗告が可能で、その場合、東京高裁で改めて再審開始の可否が審理されることになる。
 決定で村山裁判長は、現場近くのみそ工場タンクから発見され、確定判決が犯行着衣と認定した5点の衣類のDNA型鑑定結果などを、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」と認定した。
 鑑定では、5点のうち半袖シャツに付着した犯人のものとされる血痕について、弁護側と検察側が推薦した鑑定人2人が、同死刑囚のDNA型と完全に一致するものはなかったとした。ただ、検察側鑑定人は「検出したDNAは血痕に由来するか不明」と信用性を否定していた。
 決定は「弁護側鑑定の方が、より信頼性の高い検査方法を用いている」と評価し、「5点の衣類の血痕は、袴田死刑囚のものでも被害者4人のものでもなく、犯行着衣でもない可能性が認められる」と判断した。
 また、弁護側が行った類似衣類をみそに漬ける再現実験などから、5点の衣類の色は長期間みそに漬かっていたにしては薄く、不自然だとした。

|

« 斉藤先生 | トップページ | 袴田事件再審決定 「ありがとうございます」48年、支え続けた81歳姉の思い »

コメント

袴田事件に関った裁判官の証言をみてもわかるように、この事件は当初から冤罪事件であったことは誰が見ても明らかです。
にもかかわらず、無実の人を48年間も拘束し、自由を奪ったのですから、これは「司法の犯罪」です。

投稿: | 2014年3月29日 (土) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/55536293

この記事へのトラックバック一覧です: 袴田事件、再審開始決定=「証拠捏造の疑い」―逮捕から48年・静岡地裁:

« 斉藤先生 | トップページ | 袴田事件再審決定 「ありがとうございます」48年、支え続けた81歳姉の思い »