« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月

2014年1月12日 (日)

2014/1/10面会レポート

110()、年初の面会にいってきた。畠山と会うのは3ヵ月ぶり。どんな態度に出るのか気にかかったが、杞憂であった。無精髭もなく表情は明るかった。

「今年も元気で会えたね」「年賀状有難う」私の最初の言葉であった。

3ヵ月ぶりですね。もう、来られないのかと、気になっていましたが顔を見て安心しました」

この先は畠山の言葉に耳を傾けることにした。

「去年、執行があると思い年賀状は購入しなかったんですが、ぎりぎりの23日に購入したんです。執行は1月になくても、23ヵ月のうちにはあると思うんです。自分は最短距離でリストアップされていますよ。確定してから6年経っているんですから……。正月休みは最後と思い、ミカンを50個買いました。喉が渇くもんで。本も小説を20冊、読みました。時代小説ですか……。現実からの逃避ですよね。先生、年賀状は沢山来たでしょう。自分に来たのは3通だけでした。シャバに未練はないんですが、寂しいもんですね」

ここまで喋ると、真剣な眼差しで私を直視した。

「来月も面会に来てくれますよね。本当に今日は嬉しかったです。面会は半ばあきらめていましたから……

「去年は勝手なことばかり言いまして。本当に申し訳ありませんでした」姿勢を正して叩頭した。

 

あとは雑談になった。今日は面会人が多かったが、職員が気を聞かせてくれたので25分の面会が出来た。オーバーコートを着て家を出たが、東京の気温は今冬、最低気温を記録したようだ。畠山の執行は、春までにあるのだろうか……。帰り際に来月の面会を約束した。

SAITO/M

| | コメント (27) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »