« 死刑執行「国民が支持」今後も粛々と執行…法相 | トップページ | 2013/12/12面会レポート »

2013年12月12日 (木)

死刑、またスピード執行 確定から1年4カ月

朝日新聞デジタル12()1630分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000022-asahi-soci

 【西山貴章、大野晴香】法務省が12日、安倍政権下で4度目の死刑を執行した。昨年12月に就任した谷垣禎一法相の下で執行されたのは、これで計8人となった。今年4月には確定から約1年4カ月の死刑囚に対して死刑が執行され、今回執行された一人である加賀山領治死刑囚(63)も、約1年4カ月。早期に執行する法務省の姿勢が顕著になっている。

【写真】最近の死刑執行状況

 加賀山死刑囚は、死刑廃止派の福島瑞穂参院議員(社民党)の事務所が昨年実施したアンケートに回答。「私が今一番謝罪したい相手はこの世にいない。被害者の遺族の方たちにはどんな謝罪の言葉を書き連ねても赦(ゆる)してくれることはないだろう」と記していた。今後、再審請求する予定だとも明かしていた。

 回答では死刑制度について「反対」とし、「執行方法も残酷で、事前通知もないままいきなり執行するのは人道上問題」と記した。また、「悩みは、昔別れた2人の子どもたちと再会できるかどうか」と心情を明かしていた。

 12日に死刑が執行されたもう一人、藤島光雄死刑囚(55)の再審請求を担当したことがある秋田一恵弁護士(東京弁護士会)によると、1995年6月の死刑確定後、少なくとも5回、請求したという。藤島死刑囚は子供のころに虐待を受けていたといい、秋田弁護士は「虐待が犯行に影響を与えていた。執行を聞き、ショックを受けている」と話した。

|

« 死刑執行「国民が支持」今後も粛々と執行…法相 | トップページ | 2013/12/12面会レポート »

コメント

そういうと飯塚事件では久間三千年さんが、無罪の罪で処刑されてしまったのは記憶に新しいですね。

投稿: | 2013年12月31日 (火) 00時25分

検察や警察のいい加減さには、確かに問題があると思います。過去の不祥事をみても納得。民意無視、特権階級意識まるだし。だからこそ常に注視し厳格な法の運用が必要。問題た゛から即死刑廃止と言うのは問題。なんでもかんでも否定すれば良いと言うのは変というか無意味。

投稿: | 2013年12月27日 (金) 18時05分

日本は、検察が起訴した事件の有罪率が99%、本当に99%が有罪なのか?
そんなことは絶対に有り得ません。
日本は世界屈指の冤罪大国です。
スピード執行は再審の機会を奪い、おびただしい数の冤罪事件、部分冤罪事件を生む結果となり、冤罪大国化に拍車をかけることになります。
スピード執行は遺憾です。

投稿: | 2013年12月24日 (火) 23時09分

死刑になるのはそれなりの事をしたから。法にのっとり粛々と執行するのは当然。残酷だなんだと騒いでいる反対派はいわば、法の統治を否定している無法者でしかない。

投稿: | 2013年12月19日 (木) 18時49分

再審を準備していた人への死刑執行。
これは、再審請求をさせないために、恣意的に再審請求をする前に死刑を執行したものである。
これは司法の犯罪である。
国家殺人、国家犯罪という言葉がピッタリの今回の死刑執行である。

投稿: | 2013年12月17日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/54273882

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑、またスピード執行 確定から1年4カ月:

« 死刑執行「国民が支持」今後も粛々と執行…法相 | トップページ | 2013/12/12面会レポート »