« 米国の凶悪犯に下された途方もない判決 「禁錮1000年」が日本にはないワケ | トップページ | <仮釈放ない終身刑>英制度廃止へ 欧州人権裁「非人間的」 »

2013年8月15日 (木)

3人誘拐・2人殺害の死刑囚、宮城刑務所で病死

読売新聞15()238分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130815-00001386-yom-soci

 法務省は15日、岩手、福島、千葉の3県で1986~91年、会社社長ら3人が誘拐され、うち2人が殺害されるなどした「警察庁指定118号事件」で死刑が確定した迫康裕死刑囚(73)が同日夜、急性肺炎のため収容先の宮城刑務所で死亡したと発表した。

 同省によると、迫死刑囚は6年前から患っていた気管支炎が悪化し、12日から刑務所の医療医務棟で治療を受けていたという。

 迫死刑囚は86~89年、元岩手県警巡査(60)らと共謀し、岩手、福島両県で2人を誘拐して現金を奪うなどして殺害。91年には千葉県でも1人を誘拐し、強盗殺人、営利誘拐などの罪に問われた。

 95年に福島地裁で共犯の建設業の男(2011年に病死)、元巡査と共に死刑判決が言い渡され、04年に最高裁で確定した。

|

« 米国の凶悪犯に下された途方もない判決 「禁錮1000年」が日本にはないワケ | トップページ | <仮釈放ない終身刑>英制度廃止へ 欧州人権裁「非人間的」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/53117585

この記事へのトラックバック一覧です: 3人誘拐・2人殺害の死刑囚、宮城刑務所で病死:

« 米国の凶悪犯に下された途方もない判決 「禁錮1000年」が日本にはないワケ | トップページ | <仮釈放ない終身刑>英制度廃止へ 欧州人権裁「非人間的」 »