« <仮釈放ない終身刑>英制度廃止へ 欧州人権裁「非人間的」 | トップページ | レポート »

2013年8月21日 (水)

米10代少年がオーストラリア人学生を射殺、「退屈だったから」

AFP=時事21()1458分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130821-00000033-jij_afp-int

AFP=時事】米オクラホマ(Oklahoma)州で20日、「退屈だったから」との理由でオーストラリア人学生に背後から車で近づき銃で撃って殺害した10代の少年2人が殺人の罪で起訴された。

10代少年が軍用型小銃で5人殺害、米ニューメキシコ

 起訴されたのは、ジェームズ・エドワーズ(James Edwards)被告(15)、チャンシー・ルナ(Chancey Luna)被告(16)。2人はオクラホマでは死刑判決もありうる第1級殺人罪で起訴された。

 2人のほか、マイケル・ドウェイン・ジョーンズ(Michael Dewayne Jones)被告(17)が、エドワーズ被告らが銃を発射した車を運転し、犯行後も2人を乗せてこの車を運転していたとして事後従犯の罪で起訴された。

 3人はオクラホマ州ダンカン(Duncan)で16日、ジョギングしていた同州イーストセントラル大学(East Central University)の豪人学生クリス・レーン(Chris Lane)さん(22)に目をつけて車で後をつけた。その後、レーンさんを背後から拳銃で撃ち、逃げ去った。

 防犯カメラ映像の解析結果から、少年3人が乗っていた車が特定され、3人が逮捕された。

 レーンさんは将来有望な野球選手として奨学金を得て、オーストラリアから同大学に留学していた。

 地元ダンカン警察のダニー・フォード(Danny Ford)署長がABCNewsに語ったところによると、「少年たちは退屈だったので、誰かが死ぬところを見たかった」のだという。

 事件はオクラホマ郊外の小さな町に衝撃を与えており、レーンさんの母国オーストラリアでは、各紙がこの事件を1面で取り上げた。オーストラリア全土で事件に対する怒りが高まり、米国務省はレーンさんの遺族らに弔意を表した。

 フォード署長は、少年たちはさらなる殺人を犯そうとしていたとみられ、フェイスブック(Facebook)に恐ろしいメッセージを残していたと説明し、「彼らは無差別連続殺人をしようとしていたのだろう。あの夜に彼らを逮捕していなかったら、さらに多くの人が殺されていたかもしれない」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

|

« <仮釈放ない終身刑>英制度廃止へ 欧州人権裁「非人間的」 | トップページ | レポート »

コメント

夜分、失礼致します。

食費さん、共感して下さってありがとうございます。
食費さんは、東武野田線沿線にお住まいなのですね。
私は自衛隊に行っていた時は横須賀の京急線沿線でしたが、今はつくばエクスプレス沿線にいます。食費さんと同様、電車に乗っていて、東京拘置所がよく見えたりして…その度に、このブログの事が思い浮かんでいました。
学生時代は葛飾でしたので、よく荒川の土手をランニングしていましたが、やはり…東京拘置所が目に入っていました。何か独特と言うか…異空間という感じがしていました。

畠山鉄格子の最期を共に見届けると、巌鉄さんと約束したので、私もその約束は守らせていただきます!

先生…お身体、どうかご自愛下さい。

それでは、また来ます。
おやすみなさい。

投稿: 64式 | 2013年9月 3日 (火) 00時54分

齊藤さんもいろいろやりたい事があるからこの獄中ブログをお休みしてるのだがせめて週一に更新して畠山鉄格子が過去に記した手紙や手記を掲載してはどうだろうか?


小田島でも畠山でもどうでもいいがこのような犯罪者を分析することにより社会の問題点を測ることができると思います。


そして畠山みたいな死刑囚と無知で無能な社会の約立たずの死刑反対者がいる限り日本から死刑は無くならないと確信しています。


実際に畠山の死刑執行は今年のような気もするし、後5、6年はされないかもしれませんが後であの時やっておけばよかった…なんてことのないようにして欲しい。


それに64式さんと小田島の最後を見届けると誓いましたから私もその時まで過激コメントをさせて頂きます。


投稿: 巌鉄 | 2013年8月31日 (土) 22時24分

自分も64式さんと同意見です。齊藤先生が小田島に対してどのように疲れてしまったのかわかりませんが、このまま更新されないで執行されたら、なんとも締まりのないエンディングになってしまいます。面会は多少ペースダウンしても仕方ないですが小田島から送られてくる手紙での更新は是非ともして頂きたいと思います。東武野田線沿線に住んでるもので時折スカイツリー線に乗ることがあり、小菅付近を走行中に東京拘置所が見える度に「死刑囚ブログどうなったかな」と気にかけてます。小田島が執行される前に少しでも以前のようなペースで更新されることを期待します。

投稿: 食費 | 2013年8月31日 (土) 19時33分

突然ですが、コメントの採用基準はどうなっているのですか?どう見てもトラブルになりそうなものも掲載されていますが。なりすましとも思えるのもありましたし。気をつけないとまた荒らされてしまうと思いますが。失礼しました。

投稿: 字が違っていたら失礼 | 2013年8月31日 (土) 17時21分

斎藤先生

先生、今晩は。
更新なかなかされませんが、お身体の具合はいかがでしょうか?

先生、畠山死刑囚から気持ちが離れてしまったのでしょうか?
先生、畠山の最期を見届けませんか?このブログに集まった私達も、先生と共に畠山の最期を見届けるつもりで来ています。

意見の違いからのぶつあり合いや、たまに荒れる事があっても、やはり、ここに集まってる皆の…畠山の最期を見届けたいという気持ちは1つだと思うのです。

以前、巌鉄さんとも「一緒に小田島の最期を見届けよう」と話していました。

先生、畠山の最期を共に見届けませんか?

ここのブログは、神田司のブログみたいには成って欲しくありません。

先生、どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: 64式 | 2013年8月29日 (木) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/53053095

この記事へのトラックバック一覧です: 米10代少年がオーストラリア人学生を射殺、「退屈だったから」:

« <仮釈放ない終身刑>英制度廃止へ 欧州人権裁「非人間的」 | トップページ | レポート »