« 姦通罪での石打ち処刑存続か、人権団体は非難 イラン | トップページ | 千葉大生殺害事件2審が結審…1審は死刑判決 »

2013年6月 4日 (火)

西海の女性2人殺害:「裁判員の判断、難しそう」 傍聴席44席に475人−−地裁で論告求刑公判 /長崎

毎日新聞 64()1551分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000242-mailo-l42

 西海ストーカー殺人事件の裁判員裁判は3日、長崎地裁で論告求刑公判があり、検察側が死刑を求刑し、殺人など五つの罪に問われた筒井郷太被告(28)は無罪を主張。11回に及ぶ審理が終わった。傍聴席44席に対し、475人が抽選に並び、市民の関心の高さが浮き彫りになった。判決は14日。

 傍聴の抽選に参加した長崎市の70歳の女性は「興味があって。初めて裁判を見に来た」。長崎市の男性(65)は「あれだけ証拠があって無罪を主張するのはなぜか、気になった」と話した。
 傍聴した同市の団体職員男性(28)は「被告が淡々と話す姿が印象的だったが、演技のように見えた。無罪から死刑まで量刑があり、裁判員にとってはかなり難しいのでは」と感想を語った。【竹内麻子】
 ◆検察側論告・弁護側最終弁論(要旨)
 検察側は論告で死刑求刑の経緯を説明。弁護側は最終弁論で改めて無罪を訴えた。それぞれの要旨は次の通り。【小畑英介、樋口岳大】
 ◇検察側
 【犯行】
 犯人ではない人間が事件の翌朝、殺害に使われた出刃包丁などを持ち、被害者の血液が付いたコートなどを着用している偶然はあり得ない。被告は女性に「俺から離れたら、俺は絶対にお前の家族を殺す」と発言したり、家族へ脅迫メールを送ったりするなど動機もある。自白以外の証拠で犯人であることは明白だ。
 【自白】
 取り調べの様子を録画・録音したDVDなどで、被告は任意に供述している。自白の内容も詳細、具体的であるほか、被害者方を訪れた宅配業者とのやり取りは、犯行時刻にその場にいた者でなければ述べられず、信用性がある。出刃包丁を持っていたことなど不利益な証拠には、警察が捏造(ねつぞう)したと強弁するなど、荒唐無稽(むけい)な主張をしており、公判での弁解は信用できない。
 【責任能力】
 精神科医の鑑定結果で、責任能力を左右する障害は認められなかった。鑑定は4カ月近くかけ被告や家族との面談などをしており、判断方法にも問題はない。鑑定は信用でき、結論は妥当。殺害の計画性や、警察から逃れるために携帯電話の電源を切るなどの行動は、被告に善悪の判断やそれに基づき行動をコントロールする能力が十分あり、完全責任能力を有しているといえる。
 【情状】

|

« 姦通罪での石打ち処刑存続か、人権団体は非難 イラン | トップページ | 千葉大生殺害事件2審が結審…1審は死刑判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/51934076

この記事へのトラックバック一覧です: 西海の女性2人殺害:「裁判員の判断、難しそう」 傍聴席44席に475人−−地裁で論告求刑公判 /長崎:

« 姦通罪での石打ち処刑存続か、人権団体は非難 イラン | トップページ | 千葉大生殺害事件2審が結審…1審は死刑判決 »