« 中国での臓器移植、大半「後ろめたくない」 岡山大・粟屋教授調査 | トップページ | 汚職事件の官僚ら、腐敗撲滅掲げる新指導部で死刑の可能性も—香港メディア »

2013年4月 6日 (土)

2人強殺死刑囚の弁護団特別抗告 三重

産経新聞6()755分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00000011-san-l24

 松阪市で平成6年に男性2人を射殺し、現金を奪ったとして、強盗殺人罪などで死刑が確定した元会社役員、浜川邦彦死刑囚(52)の再審請求手続きで、弁護団は5日までに再審開始を認めなかった名古屋高裁決定を不服として、最高裁に特別抗告した。

 3月29日の高裁決定は、弁護側が新証拠として提出した「凶器とされる拳銃が死刑囚の手に渡っていなかった」との知人の証言には、再審の要件である新規性も明白性もないとして、22年7月の津地裁と同様に、再審請求を棄却した。

|

« 中国での臓器移植、大半「後ろめたくない」 岡山大・粟屋教授調査 | トップページ | 汚職事件の官僚ら、腐敗撲滅掲げる新指導部で死刑の可能性も—香港メディア »

コメント

再審請求は難しいと以前どこかで聞いた事がありますが、この様な制度はやはり大事にしていかなければならないなと考えています。正確で、人に受け入れてもらえる様な死刑制度にする為に。多数の人とやっていくのであればルールはどうしても必要ですからね。どうすれば精度をあげられるか難しい課題ですが、諦めるのはまずいのでしょうね。これからはこの様なテーマをここで議論出来れば幸いと勝手に思っています。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン また前回支離滅裂なコメントをして申し訳ありませんでした。以後注意します。

投稿: 字か゛違っていたら失礼 | 2013年4月17日 (水) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/51145630

この記事へのトラックバック一覧です: 2人強殺死刑囚の弁護団特別抗告 三重:

« 中国での臓器移植、大半「後ろめたくない」 岡山大・粟屋教授調査 | トップページ | 汚職事件の官僚ら、腐敗撲滅掲げる新指導部で死刑の可能性も—香港メディア »