« 「国際的潮流に反する」死刑執行に抗議会見 | トップページ | 裁判員の精神的負担「今まで以上のケアも」 最高裁長官 »

2013年4月27日 (土)

<EU>アシュトン外相が日本の死刑執行を非難

毎日新聞 4月27日(土)11時24分配信

 【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU)のアシュトン外務・安全保障政策上級代表(外相)は26日、同日行われた日本での2人の死刑執行について「非難する」との声明を発表した。外相は、自民党政権になって死刑執行が5人になったことを「憂慮する傾向」と指摘。「世界の死刑廃止の傾向にならい、政策を再考する」よう求めた。

 外相は死刑囚の犯罪が「深刻なものであることは理解する」としたうえで、死刑は残酷で、死刑で被害を埋め合わせることはできないとのEUの従来の立場を「再度強調する」と述べた。

|

« 「国際的潮流に反する」死刑執行に抗議会見 | トップページ | 裁判員の精神的負担「今まで以上のケアも」 最高裁長官 »

コメント

死刑が廃止されているイギリス人が…

殺人が刑罰によって、抑止効果を意図されている国でさえ殺人行為が起こるのだから、刑罰を無くす…

この程度の書き込みをする輩が居るのなら、死刑は必要?

投稿: アルス | 2013年5月20日 (月) 11時14分

EUもかっては死刑存置国でした。
なぜ死刑を廃止したか?
それは、死刑制度に犯罪の抑止力はなく、
死刑制度は、突極の人権侵害で、非人道的で、残虐で野蛮な刑罰以外の何物でもないことに気づいたからです。

投稿: | 2013年5月 7日 (火) 22時34分

市橋達也受刑者が捕まった時、被害者のお父さんが『市橋に極刑を!』って言ってたよ。死刑は廃止されているイギリス人が願うくらいだから、死刑はあるべきだと思います。

投稿: アスル | 2013年5月 7日 (火) 20時42分

パプワニューギニアで死刑制度が復活したと言うニュースを見ました。この様な事もあるのですね。死刑廃止は世界の流れ?どうなのでしょうね。

投稿: | 2013年5月 3日 (金) 19時30分

非難するなら日本の死刑囚全員をEUに差し上げますよ。
空輸代は日本政府で持ちますが、EU到着後はどうなろうと責任持ちませんよ。もちろん日本への再入国不可です。
これで日本で死刑はなくなり、死刑囚維持の費用もなくなりますね。とても良いアイデアだと思いますが、死刑が無いので人殺しが増えるとも考えられますね。

投稿: | 2013年5月 3日 (金) 07時28分

パプアニューギニアで死刑制度復活のニュースを見ました。世界は廃止に流れていると言う人がいますが、この様な事もあるのですね。やはり必要と言う事でしょうか。

投稿: | 2013年5月 2日 (木) 19時28分

被害者の人権を侵害している廃止派に非人道的といわれたくない。

投稿: | 2013年5月 2日 (木) 18時24分

EUのアシュトン外相の主張はズバリ正論です。
EUの非難声明を支持します。

投稿: EU | 2013年5月 1日 (水) 02時01分

死刑制度の過ちに気づき、世界が死刑廃止へと向う中、これをわざ笑うかのように大量処刑を続ける日本に、EUをはじめ良識ある人権団体から非難の声が巻き起こっています。
死刑判決を乱発し、大量処刑を行う日本、世界に対して、非人道的で残虐な国であるということをさらけ出す以外の何物でもありません。

投稿: | 2013年4月30日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/51422693

この記事へのトラックバック一覧です: <EU>アシュトン外相が日本の死刑執行を非難:

« 「国際的潮流に反する」死刑執行に抗議会見 | トップページ | 裁判員の精神的負担「今まで以上のケアも」 最高裁長官 »