« 重大事件の判決の法廷で「主文を後回し」にする意味とは? | トップページ | 無期判決の25歳被告控訴=お好み焼き店夫婦強殺—広島 »

2013年3月28日 (木)

日本人女性2審も死刑判決 マレーシア覚醒剤密輸

テレビ朝日系(ANN28()819分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130328-00000019-ann-int

 マレーシアに覚醒剤を密輸した罪で死刑判決を受けた日本人の元看護師の控訴審で、マレーシアの裁判所は弁護側の控訴を棄却しました。

 東京・目黒区の元看護師・竹内真理子被告(38)は2009年、マレーシアのクアラルンプール空港で覚醒剤約3.5キロを隠し持っていた罪で起訴され、1審で死刑判決を受けていました。27日の法廷で裁判所は、1審の死刑を支持し、弁護側の控訴を棄却する判決を言い渡しました。弁護側は上告する方針を明らかにしています。竹内被告は「荷物は頼まれて、覚醒剤が入っているとは知らなかった」と無罪を主張しています。

|

« 重大事件の判決の法廷で「主文を後回し」にする意味とは? | トップページ | 無期判決の25歳被告控訴=お好み焼き店夫婦強殺—広島 »

コメント

マレーシアごときが邦人を死刑にするとか許してはならない。あんな未開の国じゃどれだけ正式に裁判されてるかわかったものじゃない。日本で引き取って裁判して日本の法に基づき罰を与えるべき。マレーシアが拒否するなら今後一切のOdaを打ち切るとでも言えばいい。

投稿: ありえん | 2013年4月22日 (月) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/51009101

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人女性2審も死刑判決 マレーシア覚醒剤密輸:

« 重大事件の判決の法廷で「主文を後回し」にする意味とは? | トップページ | 無期判決の25歳被告控訴=お好み焼き店夫婦強殺—広島 »