« 千葉看護師殺害 被告の男に懲役25年求刑 | トップページ | 遺族「死刑望む」=元同僚女性殺害、初公判前に―岡山 »

2013年1月23日 (水)

英国人女性に死刑判決、麻薬密輸で インドネシア

CNN.co.jp 1月23日(水)15時19分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130123-35027258-cnn-int

(CNN) インドネシア・バリ島の裁判所は22日、大量のコカインを同国に持ち込んだとして麻薬密輸の罪に問われていた英国人女性に死刑を言い渡した。検察は禁錮15年を求刑していた。

死刑判決を受けたのは、英北東部出身のリンゼイ・ジューン・サンディフォード被告(56)。昨年5月にバリ島に入った際、スーツケースの中に4.7キロのコカインを所持しているのが見つかった。

国営アンタラ通信によると、判事らは被告に反省の色が全くみられないとして、求刑よりはるかに重い死刑を言い渡した。

被告の担当弁護士は「驚いている。死刑は予想もしていなかった」と話し、上訴の構えを示した。弁護側は、サンディフォード被告が家族の命を奪うとの脅迫を受けてコカインの包みを引き受けたと主張したが、裁判所は斟酌(しんしゃく)しなかったという。

英外務省はこの判決を確認したうえで、「英国はいかなる状況下の死刑にも反対する」との立場を改めて表明した。

インドネシアの法律は麻薬密輸に対して非常に厳しく、バリの税関当局は同被告が逮捕された時点で死刑の可能性があると警告していた。

英人権団体「リプリーブ」のハリエット・マカロック氏は、「被告が麻薬組織の中心人物ではないことは明らか。弁護士の費用はおろか、食料を買う金さえ払えない状況だ」と主張。被告が脅迫を受けたと主張していること、当局の捜査に全面的に協力したことなどを指摘して、判決に抗議した。

|

« 千葉看護師殺害 被告の男に懲役25年求刑 | トップページ | 遺族「死刑望む」=元同僚女性殺害、初公判前に―岡山 »

コメント

このイギリス人が本当に麻薬組織の人間で、自らの意志でインドネシアに麻薬を持ち込もうとしたのか、記事を見ただけでは疑わしいのでは?
もう何年も前ですが、マカオ(だった気がする。)を訪れた日本人旅行者が知らないうちに荷物の中に覚醒剤を入れられて、そのまま現地で逮捕起訴され死刑判決を受けて服役しているという内容のドキュメンタリーを見ました。
その日本人旅行者がその後どうなったかは知りませんが、手口は多少違えど、検察が自由に筋書き作って冤罪を生むというのは何処へ行ってもあるようですから。


関係ありませんが、「ニック・オブ・タイム」という映画を思い出しました。ごく平凡な男が犯罪組織に娘を人質に取られて脅され、大統領暗殺を強要されるというお話ですが。

投稿: 隣のおばちゃん | 2013年1月25日 (金) 21時21分

イギリス人は、各国を植民地にして多くの人に苦しみを与えた上で、現在も富を独占しています。裁判をしたあげただけで、感謝をし、よろこんで死刑を受けるべきだと思う

投稿: | 2013年1月25日 (金) 10時27分

死刑で上等。麻薬なんて売るのもやるのもバカだ!

投稿: アスル | 2013年1月25日 (金) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/48926471

この記事へのトラックバック一覧です: 英国人女性に死刑判決、麻薬密輸で インドネシア:

« 千葉看護師殺害 被告の男に懲役25年求刑 | トップページ | 遺族「死刑望む」=元同僚女性殺害、初公判前に―岡山 »