« <岐阜5人殺害>無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却 | トップページ | »

2012年12月10日 (月)

体重200キロの死刑囚、太りすぎ理由に死刑の延期・取り消し求める=米国

XINHUA.JP 12月10日(月)17時11分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121210-00000033-xinhua-int

【新華社】 米オハイオ州で体重が204キログラムある死刑囚が、体重が重すぎて死刑の執行が困難だとして、刑の延期または取り消しを求め、議論を呼んでいる。

ロナルド・ポスト死刑囚は53歳。1983年にモーテルに強盗に入り、従業員を殺害したとして死刑判決を受け、来年1月16日に刑が執行される予定だ。

しかしポスト死刑囚は「肥満のため、死刑執行は残酷な罰になる」と主張。弁護士は「太りすぎており、死刑執行用のベッドを潰す可能性がある。また薬物注射は腕や足の血管を見つけにくく、注射をしても数時間から数日間、苦痛が続くことになる」と話した。

医師も執行にはリスクがあり、つらく長い死亡への過程になると指摘している。

(翻訳 劉英/編集翻訳 恩田有紀)

|

« <岐阜5人殺害>無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/48412113

この記事へのトラックバック一覧です: 体重200キロの死刑囚、太りすぎ理由に死刑の延期・取り消し求める=米国:

« <岐阜5人殺害>無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却 | トップページ | »