« 体重200キロの死刑囚、太りすぎ理由に死刑の延期・取り消し求める=米国 | トップページ | 殺人事件で死刑判決受けた元少年らに取材 死刑を考える本 »

2012年12月12日 (水)

1210()、今年最後の面会に行ってきた。

何時ものように面会室で待っていると、小田島は刑務官に左の肩を支えられるようにして入室した。顔色は冴えない。椅子に座ると苦しそうに口を開いた「日ごとに体が痛くなってきて、鎮痛剤を飲まないと座ることも出来ないんです」肩が小刻みに震える「今年は年末選挙で執行はないでしょう。でも、来年は新政権下で早々に執行が始ると思っているんです。体の痛みがとれればいいんですが‥‥

身辺で何か変わったことがあるのか、問うてみた「子供の将来を考えたんです。戸籍を旧姓の『畠山』に戻して『小田島』姓を消そうと、区役所から戸籍謄本を取り寄せました。死ぬ前に小田島姓と決別することにしたんです。先生、こんなことは気休めですか?」

私には答えを出せない。それよりも、願うことは健康な心身で執行されることの方が、いちばん大事なことだと思う」私の答えに小田島は俯いて「そうですね」と、反応した。

来春1月は、緊張した面会になるのではと、小田島の言葉を反芻した。予定では120日を面会日に決めている。

SAITO/M

|

« 体重200キロの死刑囚、太りすぎ理由に死刑の延期・取り消し求める=米国 | トップページ | 殺人事件で死刑判決受けた元少年らに取材 死刑を考える本 »

コメント

今月は未だ面会に行っておられないようですが、斎藤先生や比嘉氏がよほどお忙しいのか小田島死刑囚の体調が先月にも増して酷くなっているのか………。

最近またコメントが減ってきたようですし、先生と小田島死刑囚の約束ありきで成り立っているブログとはいえ、さみしいかぎりです。

投稿: 隣のおばちゃん | 2013年1月25日 (金) 19時08分

今年こそホントに処刑されるかもしれないですね。

投稿: アスル | 2013年1月 9日 (水) 02時16分

谷垣さん、きっちり仕事こなしそうだね

小田島は最期の時、何を思うのか。

投稿: えり | 2012年12月27日 (木) 11時31分

小田島氏は、被害者に対して何か思う事は無いのでしょうか…
思う事はあっても口を閉ざしているだけなのでしょうか…

何にせよ、死刑執行まで元気に過ごしてほしいです。

投稿: さと | 2012年12月26日 (水) 08時31分

多分この人はこの先、自分の罪と正面から向き合うことは出来ないんだろうなぁ…。

子供の心配するのは親ならば当たり前。死を恐れるのは人間ならば当たり前。
だから、精神的な余裕が無いのはよく分かる。
だけど、私がこのブログに期待したかったのは死に怯えて現実逃避する死刑囚の姿だけではなくて、罪人がどうやって自分の罪と向き合うのかということ。
『最期の夏』が出版されるずっと以前からこのブログを見て来たけれど、その頃から現在に至るまで、現実から目を背け続けてフィリピンの家族やら読書やらに逃げているだけのように思えて残念で仕方がない。

このブログについてマブチ遺族は
『 ブログのことは知らなかった。 自分に同情を集めるよ うな内容なら怒り を感じるが、犯した罪を見つめているのであれ ば、読者にとっても、今回のような 事件の再発防止を考える機会に な るのではないか。そんな内容で あってほしい。』
とコメントしたそうだけれど、果たしてこのブログが遺族が望むような意義のあるものになっているかは疑問が残る。

死刑廃止を主張する人達は、死刑囚の待遇だとか人権だとか声高に唱えているけれど(議論することに関しては否定はしないけれど)、権利と同時に『自分の罪ときっちり向き合う』という義務もあって良いのではないかと思う。
もちろん、強制することはできないけれど、『死刑囚はこうあるべき。』という考え方として。

長々と失礼。


P.S.管理人様
コメント削除ありがとうございました。

投稿: Bellatrix | 2012年12月20日 (木) 21時06分

小田島は、寿命で亡くなると思う。日本赤軍もそうだったし…。小田島以下のオウム真理教の麻原も、寿命で尊師として、亡くなるんじゃないですか?
死刑囚に今年は、死刑にならないと思わせてますから。法務大臣は、最低鳩山さんの倍の執行をやるべきだと思う。

投稿: | 2012年12月19日 (水) 22時27分

小田島もうすぐ正月や!
旨いもん食って体調整えて気張ってや!!
東拘は何年か前に鮪の刺身も出たし!
特食もまぁまぁやから、たっぷり栄養つけて、死刑なんか吹き飛ばしたらんかい!!
最後まで我が道行ったってや。
ダークな小田島鐵男じゃ!!
被害者遺族がなんぼのもんじゃい!

投稿: | 2012年12月19日 (水) 10時46分

病とは関係なく、粛々と刑の執行は......無理でしょうね。管理人様、「自分のコメントを削除」依頼受けて頂きありがとうございました。これで無用な誤解やトラブルをさける事ができます。

投稿: 字が違っていたら失礼 | 2012年12月17日 (月) 02時15分


もうすぐお正月やのに、気の毒やね。正月は、ええ飯食べて、嫁や親兄弟、小学生の子供3人と楽しく遊んで過ごします。あ!小田島さんはいつ執行されるかわからない通知に怯えながら、塀の中で過ごすんですかぁ。お気の毒に…

まあ自業自得やけどね。

まじめに人間やってたら怯えなくてすむし、ええお正月迎えられるのに…

ほんまお気の毒に…

あ!自業自得か。

はよケジメつけろ!!

投稿: アベンジャー | 2012年12月15日 (土) 04時13分

体調不良は仕方ないでしょうけど健康な心身で執行に臨むという決意は果たしてほしいです。それと自伝の出版という話しがあったみたいですが小田島は偉人ではないので自伝という形式はやめてほしいけど、犯罪を犯す時の心理状態や思考、東京拘置所の衣食住に関した事や死刑囚と刑務官との人間関係などを書くのならば出版する価値はあると思います。

投稿: 食費 | 2012年12月14日 (金) 21時07分

心配です。原因がわからないとは………。

『犯した罪は刑に服することで法に則り自分自身でけじめを付ける。』これが罪を犯した者の務めであるはず。
死刑制度が法律として定められてい る現在、死刑囚の場合は死刑執行によってのみ それが出来るわけですから、病死でお茶を濁す ようなことはして欲しくありません。

病の回復を 祈ります。

投稿: Bellatrix | 2012年12月14日 (金) 11時28分

すいません!
コメントを間違って消してしまいました。
お心当たりがある方は、再度コメントをいただければ非常にありがたいです!申し訳ありませんでした。

投稿: ブログ管理人 | 2012年12月13日 (木) 20時20分

小田島!何でいきなり弱っとるんや?あちこち痛いんはワシも同じや(怒)!!
あれだけ食事の文句言うとったやんか!あの勢いはどないしたんや!

投稿: 神宮雅枝 | 2012年12月12日 (水) 23時36分

小田島みたいな屑は恐怖で精神が崩壊し心身共に弱りきった状態で死んでいくのが相応しい。


唯一の望みは守田の再審請求か!?


執行が長引く程かえって死に対する恐怖が大きくなるからあと2〜3年は苦しみ抜いてほしい。


投稿: 巌鉄 | 2012年12月12日 (水) 23時07分

命が尽きるまで土下座して良心のかけらを見せる事が子供にとって良い事だと思う。

父親は鬼ではなく人間だったと。。

投稿: 土建屋44才 | 2012年12月12日 (水) 22時42分

小田島には、フィリピンのとびー以外にも実子がいる。それは練馬の事件の時に公表されていると思ったが。恐らく過去の結婚による子供の誕生 トビーより何十歳も年上でしょうけれど。性別は判らない。あと、小田島の実父は、斉藤さんに語っている人ではないみたい。実父は山形県酒田市在住だった斉藤と言う人。これは小田島本人から27年前に聞かされた、もちろん母親からでも聞いていたのだろうけれど。そして、小田島は車で酒田市まで出かけ駅近くの旅館に宿泊し電話帳から探し当て(町名と実父のフルネームを聞かされていたと)。親子の対面を果たした事も、顔が自分に似ていたとも語った。何しろ父親が生きているうちにと思い行動したのは、私に語った数年前の事ではと思われる。結局入籍不可能だった子供だった事に違いはないのだろう。本当もたくさんあれば、嘘も相当あるのでは?もっと以前に馬輪艇 という名の飲み屋を五反田辺りで牛耳っていた頃も会ったらしい。小田島本人曰く。 
 

投稿: | 2012年12月12日 (水) 17時11分

小田島には、フィリピンのトビー以外にも実子がいる。それは練馬の事件の時に公表されていると思ったが。恐らく過去の結婚による子供の誕生 トビーより何十歳も年上でしょうけれど。性別は判らない。あと、小田島の実父は、斉藤さんに語っている人ではないみたい。実父は山形県酒田市在住だった斉藤と言う人。これは小田島本人から27年前に聞かされた、もちろん母親からでも聞いていたのだろうけれど。そして、小田島は車で酒田市まで出かけ駅近くの旅館に宿泊し電話帳から探し当て(町名と実父のフルネームを聞かされていたと)。親子の対面を果たした事も、顔が自分に似ていたとも語った。何しろ父親が生きているうちにと思い行動したのは、私に語った数年前の事ではと思われる。結局入籍不可能だった子供だった事に違いはないのだろう。本当もたくさんあれば、嘘も相当あるのでは?もっと以前に馬輪艇 という名の飲み屋を五反田辺りで牛耳っていた頃も会ったらしい。小田島本人曰く。 
 

投稿: | 2012年12月12日 (水) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/48298798

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 体重200キロの死刑囚、太りすぎ理由に死刑の延期・取り消し求める=米国 | トップページ | 殺人事件で死刑判決受けた元少年らに取材 死刑を考える本 »