« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

全真相告白!<怪物>過去に眠っていた「救いようのない少年時代」

獄中ブログも6年を過ぎましたが、投稿者のなかには小生と小田島の関係を知らない人も多いと思いますので、小生が小田島について初めて記事にした原稿を紹介したいと思います。掲載誌は「実話ナックルズ・2007年1月号です。

続きを読む "全真相告白!<怪物>過去に眠っていた「救いようのない少年時代」"

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

<飯塚事件>ネガから元死刑囚と異なるDNA 弁護団発表

毎日新聞 10月25日(木)22時54分配信

続きを読む "<飯塚事件>ネガから元死刑囚と異なるDNA 弁護団発表"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

2012/10/22面会レポート

 10月22日(月)、13・40〜14・10まで面会してきた。面会室に入ってきた小田島
はしかめ面の表情で俯いて入室。具合が悪いのか問うてみた「前身が痛くて4日
前から痛み止めのクスリを医務で処方してもらい飲んでます」どうしたのか?
「原因が解らないんです。このまま病死にでもなってくれれば楽に死ねるんです
か‥‥」小田島さん、それは、私との約束が違うでしょ。健康な心身で執行され
るという約束でしたね。だから、私は貴方と約束した通り、最期まで面会を続け
る覚悟をしたわけです。病死は困ります。ここまで話すと「法相も更迭されて新
大臣が決まりますよ。解散前後には順位第一番の俺が間違いなく執行されるので、
年内に決着がつくと思います」ということは、あと2〜3回の面会で終わりになる
ということですか?「多分、そうなると思います。最近、弁護士が面会に来て再
審請求を出せと、話してましたが俺は出すつもりはありません。執行は決まりで
すから面倒なことはしたくないんです」


差し入れについては、お互いに話さなかったが手紙の件は確認した「ほんと、あ
んな手紙を出してしまい申し訳ありませんでした」私は、それ以上手紙の内容に
ついては触れなかった。今日の小田島の視線は宙に浮いていた。痛み止めの効果
なのか?それにしても、面会で話す私の語彙は減ってきた。

SAITO/M

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

殺される者の本音

拝啓、先日は20/木はお二人で面会に来て下さり、10月号小説誌三冊差入下さり誠にありがとうございました。

続きを読む "殺される者の本音"

| | コメント (90) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »