« 殺される者の本音 | トップページ | <飯塚事件>ネガから元死刑囚と異なるDNA 弁護団発表 »

2012年10月23日 (火)

2012/10/22面会レポート

 10月22日(月)、13・40〜14・10まで面会してきた。面会室に入ってきた小田島
はしかめ面の表情で俯いて入室。具合が悪いのか問うてみた「前身が痛くて4日
前から痛み止めのクスリを医務で処方してもらい飲んでます」どうしたのか?
「原因が解らないんです。このまま病死にでもなってくれれば楽に死ねるんです
か‥‥」小田島さん、それは、私との約束が違うでしょ。健康な心身で執行され
るという約束でしたね。だから、私は貴方と約束した通り、最期まで面会を続け
る覚悟をしたわけです。病死は困ります。ここまで話すと「法相も更迭されて新
大臣が決まりますよ。解散前後には順位第一番の俺が間違いなく執行されるので、
年内に決着がつくと思います」ということは、あと2〜3回の面会で終わりになる
ということですか?「多分、そうなると思います。最近、弁護士が面会に来て再
審請求を出せと、話してましたが俺は出すつもりはありません。執行は決まりで
すから面倒なことはしたくないんです」


差し入れについては、お互いに話さなかったが手紙の件は確認した「ほんと、あ
んな手紙を出してしまい申し訳ありませんでした」私は、それ以上手紙の内容に
ついては触れなかった。今日の小田島の視線は宙に浮いていた。痛み止めの効果
なのか?それにしても、面会で話す私の語彙は減ってきた。

SAITO/M

|

« 殺される者の本音 | トップページ | <飯塚事件>ネガから元死刑囚と異なるDNA 弁護団発表 »

コメント

 執行記念 限定発売パンツ拘置所前で売る。履き心地抜群 

投稿:  志 | 2012年11月10日 (土) 23時53分

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

投稿: グッチ バッグ 2012 | 2012年11月10日 (土) 06時08分

私はマックさんの意見に
全く同感です

ゆうさんの意見には賛同しがたいです。

初めてで生意気言ってスミマセンm(__)m

投稿: 鈴木 | 2012年11月 5日 (月) 15時43分

死刑とは愚かな刑であるのは間違いないであろ
う。 人を殺した者を国家が殺すのだが, 国家といっ
ても死刑囚に直接執行を下すのは一般の人間と何
ら変わりのない, 同じ人間である。 絞首刑でも銃
殺刑でも致死薬注射刑でも, 人間が同じ人間を殺
すのである。 許されるものなのかと疑問に感じる。
また, 述べてきた通り刑務官の苦しみは計り知れ
ないものがあり, 死刑によって傷つく人間がさら
に増えることになってしまう。 とはいえ, 死刑を
廃止すべきであるとは容易には言えない。 やはり
被害者の遺族の感情は収まるものではない。 仇討
ちというのは世界中で大昔から行われていること
であり, 人間は愛する者が奪われて何も感情が沸
かないということはありえない。 もし自分も被害
者遺族になれば必ずといっていいほど死刑を支持
するであろう。 人を殺した者に同情する何らかの
背景や事情があったとしても, 過失以外で人を殺
してしまった者に同情するわけにはいかないであ
ろう。
死刑にはメリット・デメリットともに多数ある
が, 国民全員がもっと関心を高めていかなければ
ならない事項である。

投稿: 山下ブライアン | 2012年11月 3日 (土) 14時02分

ゆうさんのコメントなんとなく納得できますね。これからも、よければコメントしてくださいね。失礼しました。

投稿: 字が違ってたら失礼 | 2012年11月 2日 (金) 15時16分

ゆうさんへ

じゃあ被害者遺族の方が見ていると過程しながらの投稿なら本音は言えませんよね!!
社民党の福島さんはこの小田島さんに頑張ってと言って色々差し入れしてる内容をこのサイトで紹介してるのも頭がおかしいんですか?
被害者遺族の感情を逆撫でするからですか?

もう一度言います!!福島さんや私の頑張ってくださいと言った言動をこのサイトで取り上げてるのも頭がおかしいんですか?
被害者遺族の為に運営されてるサイトならばあなたの言ってる事にも一理
あるでしょうが、死刑賛成、反対を含めての意見が出来る場所だと思っています!!

それでも私の言ってる事は頭がおかしいんですか?
このサイトもおかしいんですか?

教えて下さい!!

投稿: マック | 2012年11月 2日 (金) 14時26分

マックさんへ

俺が言いたいのはアムネスティーやら死刑廃止やらどうでもいいんですよ。人それぞれ考えが違うので。

ただあれだけの事をした小田島に『応援してます』と言うのはおかしいでしょ?

被害者遺族の方々がこのブログを見てたらどう思います?

あなたは命の重みを知ってるからこそ死刑廃止を求めてるんですよね?

命の重みを知ってるからこそ被害者遺族の方々の気持ちも考えてほしいものです。

長文すいませんでした。

投稿: ゆう | 2012年11月 1日 (木) 22時55分

ゆうさんへ


じゃあアムネスティーや再審請求を勧めてる弁護士さんそれに死刑廃止を近年推し進めてる欧米諸国はみんな頭がおかしいんですか?
教えて下さい。

投稿: マック | 2012年10月31日 (水) 22時42分

小田島は死の覚悟は出来てるみたいだが、独房で一人震えて毎日を過ごしてるみたいだね。

投稿: | 2012年10月27日 (土) 21時40分

小田島を応援してます?
頭おかしいんだね…
小田島にかかる費用マックさんあなたが全額負担してよ
小田島に飯食わす税金払うなら被害者の家族にその税金で美味しいご飯食べてもらった方がよっぽどいい

投稿: ゆう | 2012年10月26日 (金) 21時47分

mさんのご意見に一部賛同させていただきます。すいません。私憤?とかはいれずに粛々とこなしていければよいかなと考えています。

投稿: 字が違っていたら失礼 | 2012年10月26日 (金) 18時26分

斎藤先生の毅然とされた言葉に賛成です。
病死ではなく、刑に服することで罪を償ってほしいです。

投稿: Luke | 2012年10月26日 (金) 13時38分

小田島さん!!
弁護士さんの言う通り再審請求して下さい。

弁護士さんの意見に大賛成です!!

望みは捨てないで生に執着して下さい。

弁護士さんと一緒に陰ながら応援しています。

投稿: マック | 2012年10月25日 (木) 19時52分

私達は、これから 陪審員になる事を考えながら
死刑について考えなければならないときがきたと思います

誰でも、当事者でないけれど感情移入してしまい
死刑だ!こんな奴は死ねばいい と簡単に言えるし
そう思う。

発言は自由であるはずだし、心も自由。

でも、陪審員になった(死刑の可能性のある犯罪)
人たちは、ネットで書いてる人たちよりも、

重々しく、いくら残虐なことをした人間とはいえ、
自分達が、犯人を死刑に導いていいのか?と
葛藤してる人が多かった。実際はもっとおぞましく
もっと、犯人の事を知り、そして陪審員になる人達は
犯罪を犯さない一般の人々であるのだから、死刑でいいと思える人でさえ
死刑だ、と断定するのは精神的に疲れる といっていたのを見ると
これまで、裁判の様子をテレビで見せない日本は
順番を間違っていないかと思う。まず、裁判というものをテレビで見せるべき。絵とかじゃなく。
空気や雰囲気や声や顔

日本は陪審員制度ではなかったから、かなり難しいと思うが・・・


陪審員になると、大変メンタル的に疲れそう・・・・
それが正当な自分の意見だとしても、迷うかもしれない。


死刑存続 廃止 論争は多いにかまわないし

やはり、死刑でしかないな、という犯罪も多くあるけれど、

陪審員になった時、できるだけ、公正に見届けながら
答えを出すという事の、難しさを考えた方がいいかもしれない


小田島に対していえば

もう決まったことであり、死ぬ事が定め。
自分がやった事の恐ろしさを分らないのだから
恐怖におののきながら、償うしかないだろうね・・・

投稿: m | 2012年10月25日 (木) 19時07分

あ~やってなんねえとばかりに再任した滝法相。執行書類をまともに見てハンコをついているのでしょうか?殺人者と言えどもやる気の無い法相に適当にハンコを押され、死んで行くのでは死刑囚も遺族も浮かばれません。滝法相は仕事のどの部分に肩に重荷を乗せられたように感じたのかを一度お伺いしてみたいです。

投稿: 冠 | 2012年10月25日 (木) 18時00分

斉藤さんも毎月面会お疲れ気味ではないですか?小田島は最後に斉藤さんのような方と出会えて恵まれてると思います。

投稿: N | 2012年10月25日 (木) 17時52分

滝さんが再任したね
滝さんはまだ仕事をきちんとした法相だから
年内にもう一回執行有り得るね……
小田島はまた飛ばされるでしょうね…
守田に感謝ね
後何年か生き延びたら獄死パターンね!

投稿: あい | 2012年10月24日 (水) 11時35分

お手紙の件は誤られてきたんですね。 斉藤先生にはここまでお世話になり、小田島本人も良く判っているのでは?個人的には今年の小田島の執行はまだなさそうな気もしますが、こればかりは本当判らないですよね!

投稿: | 2012年10月24日 (水) 06時37分

小田島さんは腹をくくって覚悟を決めておりますね!
立派です。
じたばたしてもしょうがないですからね。
被害者に冥福を祈りながら、 最後を迎えて下さい。

投稿: | 2012年10月24日 (水) 05時30分

斉藤さんお疲れ様でした。健康な心身で執行されるお約束なさってたんですね。約束をされ面会を続けてこられた先生の心情に大変心をうたれました。私もそう思います。

投稿: | 2012年10月24日 (水) 00時46分

面会おつかれさまでした。
斎藤先生もかなり苛立っておいでのようですね。

私は死刑存廃の問題に興味を持ってから死刑問題を扱った著作物を読むようになりました。過去に刑死した元死刑囚の中には『いつ来るとも知れない執行を待つ恐怖に怯えていなければいけないのは自分が犯した罪が原因だから仕方がない』と日記に記して神妙に執行を待った元死刑囚もいれば『死刑を受け入れる代わりに反省の心を棄てた』と言って開き直って執行を待った元死刑囚もいました。
これらが本心かどうかは分かりませんが、少なくとも皆自分の罪に対してけじめをつける努力はしていたのではないかという印象を持っています。
そんな彼らと比べると、面会レポートを読ませていただくかぎり小田島死刑囚の現在の姿は『惨め』の一言に尽きます。
確かに、彼らのようなケースはごく一部かもしれませんし、執行がすぐそこまで迫っているのに『最期くらい堂々としなさい』と言っても平静を装うことは不可能かもしれません。まして小田島死刑囚は凶悪犯と言っても強者にはおもねり弱者にだけ牙を剥くような小心者のようですから尚更無理でしょう。

けれど、口に出して良いことと胸の内に秘めておいたほうが良いことの区別はしてもらいたいものです。

投稿: 隣のおばちゃん | 2012年10月23日 (火) 22時54分

小田島さんの体調がいまいちみたいで心配です。
また、死刑囚として拘置所といった空間に閉じ込められているとどうしても心身ともに不安定になりがちです。時にはなげやりな気持ちになってしまうこともあるでしょう。
小田島さんの一日も早い快気を祈りたいものです。

投稿: | 2012年10月23日 (火) 20時40分

いよいよ、小田島死刑囚も追い込まれています。小池の様に、死後に捕まりたかったのでしょう。逃げ回る人生も処刑される人生も最悪です。
死刑囚は、悪い人のみなるイメージですが…。戦犯や国家反逆罪で、処刑される方もいます。要するに、戦争勝者による敗者の処刑です。又、権力者に逆らった場合の処刑です。死刑反対の方は、何で、犯罪者の死刑だけ反対なんでしょうか?疑問です。誰もが、死刑囚には、なる可能性があります。勿論、犯罪以外でですが…。
小田島死刑囚の前の手紙と今回の手紙で、死刑囚の心情が伺えます。

投稿: | 2012年10月23日 (火) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/47553049

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/10/22面会レポート:

« 殺される者の本音 | トップページ | <飯塚事件>ネガから元死刑囚と異なるDNA 弁護団発表 »