« 中国の裁判は仕組まれたショーのよう 薄氏妻の英国人殺害事件 | トップページ | ウィキリークス事件、勾留中の米兵に高まる支援の輪 »

2012年8月22日 (水)

神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点

週刊朝日 8月22日(水)7時9分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120822-00000002-sasahi-soci

 神戸市内で2010年5月から10月にかけて女児5人への強姦事件が起こった。4歳から8歳の女の子を公園の木陰や団地の空き室に連れ込み、服を脱がせてわいせつ行為を繰り返した悪質きわまりないもの。このたび24歳の被告に、懲役25年の求刑に対して、懲役20年の判決が言い渡されたが、ニュースキャスターの辛坊治郎氏はこの量刑に疑問を呈し、「裁判員制度が被害者の重荷になっている」と指摘する。



*  *  *
 そもそも求刑の「懲役25年」自体、短すぎないか?

しかし起訴罪名が「強姦」である場合、法律上、検察官に許された求刑の上限は強姦単独で20年、複数件でも30年。常識で考えて8歳以下の少女を強姦して、被害者に一切身体的な傷を負わさないことなどありえない。当然、起訴罪名は「強姦致傷」であるべきだろう。起訴罪名が「強姦致傷」ならば、最高刑は無期懲役だ。何故、今回の被告はこの罪で起訴されなかったのか?


裁判員制度は、この制度で裁かれる犯罪を「最高刑が死刑または無期懲役に当たる罪」と規定している。つまり、罪名が「強姦」なら、プロの裁判官による通常裁判になり、「強姦致傷」なら裁判員裁判となる。

つまり、被害者が加害者に対してより重い刑を求めると、自動的に裁判員裁判が始まってしまうのだ。これは時として、被害者に更なる苦痛を強いることになる。性犯罪の被害者にとって、詳細な事実関係をプロの裁判官にすら知られるのは抵抗があるのに、ましてや裁判員という名の6人(補充裁判員を入れると最大12人)もの一般人に知られることは耐え難い苦痛だろう。その上、裁判所の選定も裁判員の選任も、事件が発生した地域ごとに行われるために、いかに裁判員の口が法律で封じられているといっても「身近な人が事件の全容を知ることになるかもしれない」という不安に怯えざるをえない。

犯罪を適正に裁くための制度が、犯罪者の罪を不合理に軽くし、被害者に不当な重荷を背負わせる結果を招いている現実は看過できない。制度の早急な手直しが必要だろう。

※週刊朝日 2012年8月31日号

|

« 中国の裁判は仕組まれたショーのよう 薄氏妻の英国人殺害事件 | トップページ | ウィキリークス事件、勾留中の米兵に高まる支援の輪 »

コメント

「社会は犯人に対し報復的態度で臨む前に犯罪の社会的原因を検討すべきである」

投稿: | 2012年9月 1日 (土) 22時40分

確かに、いろいろな方が、コメントしていらっしゃる様に、今の刑務所は、犯罪者を閉じ込めておくだけのところ。更正プログラムや、出所後のフォローも最近議論されだしたばかり。再犯防止は、早急にとりくまなくては、ならないと思います。ただ、性犯罪の被害者について考えて頂きたいのです。彼女達は、一日でも長く犯人が刑務所にいる事を望んでいるのです。出てきたら、仕返しされるかも、街で偶然会ってしまったら。そんな恐怖と毎日、戦っているのです。心とからだの傷は、治らないかもしれない。心を取り戻せても時間が必要なのです。私が性犯罪に厳罰をとコメントしたのは、長く刑務所に入れておけと言う意味では、ありません。被害者の心を世の中に解ってもらう、判決を出して欲しいのです。絶版になってしまいましたが図書館にある、角川書店の御直披と言う本を機会があったら読んで頂きたいです。性犯罪の酷さ、理屈ではない怒りと厳罰を希望する被害者の気持ちがわかると思います。

投稿: 梅干し | 2012年8月28日 (火) 18時00分

長く刑務所に入れた所で全く反省していない犯罪者はまた犯罪者となる可能性があります。死刑囚は死ぬまで刑が確定しない特別な立場ですから生きて出てくる事は出来ません。それ以外の懲役囚は出てくる事ができます。長く刑務所に入れただけで、長く自由を奪うだけで犯罪者の根っこは変わるのでしょうか?厳罰って何でしょう?それは罰を与えられたそれぞれの者が感じる事で、一年でも厳罰と感じる者もいるでしょうし、30年でもそう感じない者もいることでしょう。長く閉じ込めるだけの刑罰はやはり世界中で行われている潮流なのでしょうか?未来さんのおっしゃっていた刑務所は次の犯罪者を育む悪の温床ならば改善すべきなのではないのでしょうか?小田島を守田と出会わせたのも刑務所です。例えば刑務所に30年閉じ込めるくらいなら誰とも触れ合わせずに15年過ごさせたほうが効果があるのではないのでしょうか?正直、長く懲役刑を与える事が厳罰だとは思えません。

投稿: 冠 | 2012年8月27日 (月) 22時38分

「厳罰・排除」ではなく「寛大・更生」を!

投稿: | 2012年8月26日 (日) 19時56分

無記名のコメントの方へ 私は、このブログのコメントはいろんな考えがあるとの立場で考えたり、発言してきました。然し、あなたのコメントは、許せません。しっかりした信念で発言しているとは、思えません。レイプとは、魂を殺す犯罪とも表現されているのですよ。日本は、特に死刑反対派が大好きな、世界から見ても刑が軽いと言われています。そして再犯も多いのです。あなたは、いろんな犯罪者の刑を軽くしてどうしたいのですか?犯罪者ばかりの国でも作って一緒に生活するなら別ですが。これ以上、被害者やその関係者、このブログの良心をけがす発言は、やめて下さい。

投稿: 梅干し | 2012年8月24日 (金) 18時02分

この犯人は必ずまた社会に戻ってきます。刑務所で心を入れ替えて二度とこのような事件を起こさないという確証がありますか?罪が重い、軽いではなく、絶対二度と犯罪を起こさせない矯正プログラムの方が重要のような気がします。

投稿: 冠 | 2012年8月24日 (金) 17時43分

週刊朝日の記事はひどすぎます。
常軌を逸した厳罰主義をあおっており、これを書いた記者こそ厳罰にすべきです。
それでなくても、日本の刑罰は厳しすぎることで有名です。
近年、日本において刑罰は「必要悪」をとおりこし「露骨な人権侵害化しています」
「罪を罰して人を罰せず」という言葉があるとおり、罪が軽いならそれにこしたことはありません。

投稿: | 2012年8月23日 (木) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/46795577

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸「女児5人強姦事件」 罪を不合理に軽くする裁判員制度の問題点:

« 中国の裁判は仕組まれたショーのよう 薄氏妻の英国人殺害事件 | トップページ | ウィキリークス事件、勾留中の米兵に高まる支援の輪 »