« 2012/8/10面会レポート | トップページ | 中国の裁判は仕組まれたショーのよう 薄氏妻の英国人殺害事件 »

2012年8月19日 (日)

死刑の決裁ルート判明=命令2~4日後に執行―07年以降の30人

時事通信 8月19日(日)15時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120819-00000037-jij-soci

 鳩山邦夫法相(当時)が初めて対象者の氏名を公表した2007年12月から今年3月までに死刑が執行された30人は、いずれも命令から2~4日後に執行され、決裁には大臣以下計13人が関与していることが19日、分かった。

時事通信の情報公開請求に対し、法務省が死刑執行命令書など関連文書計941枚を開示(一部不開示)。大臣が署名するのは執行命令書ではなく、別の文書であることも明らかになった。

開示文書によると、法務省幹部の決裁印が押された書類は二種類。一つは「死刑事件審査結果(執行相当)」で、大臣、副大臣の自筆署名のほか、事務次官、刑事局長、刑事局総務課長ら5人が押印。もう一つは「死刑執行について」と題する起案書で、拘置所を管轄する矯正局、保護局の幹部3人ずつの印があり、「起案部局・課」の欄には「刑事局総務課」と記されていた。

ほとんどのケースで起案されたその日のうちに全ての決裁を終え、執行命令が出ていた。いずれも命令から3日以内に検察官による執行指揮がなされ、実際の執行は命令の2~4日後だった。また、執行命令書に大臣の署名はなく、印字された大臣の名前の横に公印が押されているだけだった。

|

« 2012/8/10面会レポート | トップページ | 中国の裁判は仕組まれたショーのよう 薄氏妻の英国人殺害事件 »

コメント

井の中の蛙、大海を知らず
って続きがありますよ
井の中の蛙、大海を知らず、されど空の高さを知る
です
自国の事に関してお話されるのは素敵な事だと思いますが
他国の制度や法律を上げて論点にするのは、その国の尊厳に対して礼を欠いているとちょっとだけ思ってしまいました。
中国やイスラム圏の国にはその国の宗教感もありますから
日本人から見て、残酷だと思える刑罰でも、それがその国の規律なのですから
それは他国が批判して良いものなのかなと思います
旧サロ共和国みたいな国はその限りには無いと思います
死刑反対論はここでは叩かれてしまいそうだから、気を悪くされた方がいたら、ごめんなさい
私は死刑は賛成でも反対でもないです

投稿: 御幸 | 2012年8月24日 (金) 14時29分

巌鉄さんへ

コメントした者ではないですが「井の中の蛙」は正しい使い方ですよ。頭が弱いとぼやく前に不確実なことを言うことをやめるべきだ。

投稿: | 2012年8月24日 (金) 11時32分

中国の最高裁判所の副長官曰く
「中国においては、死刑廃止は時期尚早、しかし死刑制度はゆくゆくはなくならなくてはいけない制度」
死刑制度は、なくならなくてはいけない制度であることは明らかです。

投稿: | 2012年8月23日 (木) 22時27分

井の中の蛙・・使い方間違っている。


やはり死刑反対派は頭が弱い。 (゜゜;)\(--;)


被害者や遺族に対しあまりにも無責任で非現実な発言をするから余計厳罰化を加速させているのが分からないのか?


死刑反対を叫ぶほど国民が執行を強く求めているのが分からないのか?


死刑反対ならまず中国を廃止させたらどうか?


死刑囚によい暮らしが出来るように毎月10万円寄付してやったらどうか?


死刑反対派はまず被害者を救う事を第一に考えるべきだ。

投稿: 巌鉄 | 2012年8月22日 (水) 19時14分

もりそばさん
母にお悔やみ大変ありがとうございました。
服役談を勉強になったとのお言葉…
母に伝えますね。
ありがとうございました。

投稿: 未来娘 | 2012年8月22日 (水) 10時11分

死刑執行を停止したとして、その後の死刑囚の処遇はどのようにお考えでしょう?日本の最高刑罰は何が妥当とお考えでしょう?死刑廃止論者の方々に伺います。私はこのブログに様々な意見、主張があってしかるべきと考えています。ただ、このブログにおいて過去に日本の死刑に代わる刑罰の代替え案が具体的に提示された記憶が有りません。執行に抗議されたりただ反対されたりするのでは死刑反対派の意見が通りにくくなっています。何故なら日本には死刑制度が確立しているからです。具体的に代替え案を提案なされては如何でしょうか?

投稿: 冠 | 2012年8月21日 (火) 22時23分

>廃止論者
EU圏内に移住すれば仮に100人殺しても死刑にはならないから如何ですか?(戦時中は例外の国も有るが)
鳩ポッポは「あと30人は片付けたかった」と惜しんでましたが、前の大臣が腑抜けだったツケは払えたと思います。

>食事
僧堂の雲水さん達より良いもん食べてますね…。
たまに映像や資料で刑務所のご飯を見ますが勤務先の弁当より美味しそうなんですがw
鰻?今年は異常な値段故に口にしてないがw

>未来娘さんへ
お悔やみ申し上げます。
服役経験者だったお母様の貴重なコメントは非常に勉強になりました。

ちなみに私は肯定派です。
鳩ポッポや昔、一度に23人分の命令書に署名した豪傑のような、出来れば獄死狙いが強いΩの連中をまとめて署名する猛者が現れるのを待ってます。

投稿: もりそば | 2012年8月21日 (火) 22時23分

社会は個人の集合体のようなものであり、それゆえやはり個人同士の利害とかもあるのです。死刑廃止派の人々は世界の流れがどうと言いますが、それが確実に適切なのか或るいは妥当だとどうして言いきれるのか?
ノルウェーの様な死刑のない国でもやはり大量殺人はおきています。つまり死刑を廃止するのは自殺行為に等しいと考えられます。殺人事件の被害者の方は殺され損ではないですか。人間は完璧ではありませんがそれでも自分達で社会を運営していかなければ生きてはゆけないと思います。冤罪は問題ですが、やはり死刑と言う選択肢も必要だと考えられます。

投稿: | 2012年8月21日 (火) 19時04分

加害者の人権?
ましてや…死刑囚に人権?(笑)
被害者の人権を無視して何を言ってるん?(笑)
人権は確かに誰にでも有るけれど、人格は差が有るんだよ。
小田島なんて死刑以外にどんな刑罰が有るん?(笑)

投稿: レッド | 2012年8月21日 (火) 18時23分

加害者に人権?正に死人に口無し的な考え方ですね。廃止派の考え方らしい意見だなぁと。

投稿: 焔 | 2012年8月21日 (火) 15時17分

冠さんへ
未来娘です。
母が存命中に、冠さんへのコメント返しを、時間をかけて必死にやっていたことがあり、冠さんのお名前はよく聞いていました。

何回かのやりとりで、母のコメントが、冠さんのために良いことだったのが救いです。
こちらこそ大変ありがとうございました。
未来娘より

投稿: 未来娘 | 2012年8月21日 (火) 12時45分

投稿: | 2012年8月20日 (月) 21時24分の意見に賛成です。

死刑が許されたのはもはや数世紀前の話。現代では死刑制度の廃止はもはや常識です。

投稿: | 2012年8月21日 (火) 11時28分

かって、大半の国で死刑制度はありました。
しかし、人類は死刑制度の誤りに気付きはじめ、多くの国で死刑制度は廃止されました。
死刑の執行が行われている国は、現在では日本を含め20カ国余りと激減しています。
世界は死刑廃止へと向かっています。
死刑廃止は、世界の趨勢というよりもはや常識です。
日本も死刑を廃止すべきです。

投稿: | 2012年8月20日 (月) 21時24分

未来さんのコメント、ご意見が私にとって天地がひっくり返る程勉強になりました。貴重な体験談を色々教えて下さってありがとうございました。私たちが垣間見る事のできない情報はこのブログをご覧になっている方々もきっと心に残っているのではないでしょうか。ご冥福をお祈りします。

投稿: 冠 | 2012年8月20日 (月) 19時45分

死刑制度には反対です。加害者にも人権があるのです。

投稿: | 2012年8月20日 (月) 12時19分

感情的に言っているのではない。


人権や命の重さを尊重すればするほど凶悪犯罪者には厳罰を処するのは皮肉としか言いようがない。


よく事件の責任逃れに社会や環境のせいにするのだがそれが本当なら無罪にしてすぐに釈放してやればよい。


しかし誰が責任を取ると言うのか!?


本音は皆は凶悪犯罪者には死刑を望んでいるのだ。

凶悪犯罪者が泣き喚き吊るされる事により社会正義が立証されるのだ。


いずれにせよ死刑を無くすにはまず凶悪犯罪を赦さない厳しい処遇がなければならない。

それでも凶悪犯罪者の命も大切だとほざくなら何処かの国の強制労働施設にでも入れてやればいい。


日本は余程恩情がある国だと分かるだろう。

投稿: 巌鉄 | 2012年8月19日 (日) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/46752169

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑の決裁ルート判明=命令2~4日後に執行―07年以降の30人:

« 2012/8/10面会レポート | トップページ | 中国の裁判は仕組まれたショーのよう 薄氏妻の英国人殺害事件 »