« 秋葉原事件加藤被告「はねた後のことは覚えていない」と告白 | トップページ | 南青山の強盗殺事件 控訴審始まる完全黙秘から一転、被告人質問実施へ 1審死刑 »

2012年7月16日 (月)

「自殺できず、死刑になりたくて」母親刺した容疑で長女を現行犯逮捕 大阪・港署

産経新聞 7月16日(月)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120716-00000000-san-l27

 15日午後5時35分ごろ、大阪市港区南市岡の集合住宅の一室で、「母親を刺した」と119番があった。港署員が駆けつけたところ、住人の無職、山田重子さん(56)が背中や腕から血を流して倒れており、病院に運ばれたが死亡した。この家の前にいた無職の長女(25)が山田さんを包丁で刺したと認めたため、港署は殺人未遂容疑で長女を現行犯逮捕、殺人容疑に切り替えて捜査する。

 長女は「母親を殺して死刑になりたかった。自殺しようとしたができなかった」などと供述しているという。

 港署によると、長女は精神疾患での通院歴があるといい、責任能力の有無を慎重に調べる方針。

|

« 秋葉原事件加藤被告「はねた後のことは覚えていない」と告白 | トップページ | 南青山の強盗殺事件 控訴審始まる完全黙秘から一転、被告人質問実施へ 1審死刑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/46431189

この記事へのトラックバック一覧です: 「自殺できず、死刑になりたくて」母親刺した容疑で長女を現行犯逮捕 大阪・港署:

« 秋葉原事件加藤被告「はねた後のことは覚えていない」と告白 | トップページ | 南青山の強盗殺事件 控訴審始まる完全黙秘から一転、被告人質問実施へ 1審死刑 »