« 法相に死刑執行停止を要請=情報公開も求める―日弁連 | トップページ | 「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き »

2012年6月20日 (水)

自分の写真に驚く

拝啓 お元気でしょうか? 8/金に中京地方入梅の報に続き昨日(9/土)関東の入梅が報じられましたが、今日(10/日)は朝から入梅とは思えないほどの晴天(新聞の予報では午後から雨50%)でパンツとランニング姿で坐っています。

先日は月代り早々にお2人揃って面会に来て下さり誠にありがとうございました。差入の月刊小説誌3冊は7/木に手元に届きました。
小川元法相の最後っ屁が無く週末を迎えましたので、差入していただきました小説誌は時間をかけて楽しませていただきます。本当にありがとうございました。

さて先日、千葉刑にいた2006年秋、北海道の滝ノ上、愛別、鴻之舞に私の小学・中学時代を取材した斎藤先生の文が載った2007年1月号(差入)以来、久々にナックルズ2012.5月号を読む機会がありました。特集・刑務所の無実(39~40の1ページが削除)の41ページ左上段に"この春次に処刑される死刑囚は誰だ"と4人の写真中ひときわ大きく掲載の自分の写真を見て少々驚きました。

外れた誌上予測の中、私07.11.1確定.と松村(大拘)・08.4.8確定の2人は次回確実だろうと思いますが、他の2人金川・09.12.28と津田・11.7.4は確定が遅いので、彼達よりも(再審請求をしていない場合)長谷川(東)08.3.7上告取下確定。松田(福).09.4.3.上告取下確定、の方が早いのでは。3/29の3名を年報で見ると私の07.11.1.に比べて1人は07.2.6.で早く、他の2人は07.11.15.と08.7.11.と遅いが、3名とも一審判決が02〜04年と早いのでこの辺が理由なのではと思いました。(先に福島みづほ参院議員が送付の本に載っていた現在の執行手続:刑務官は、確定者の室の扉を開けて死刑執行を告知すると、その場で確定者を拘束し、すぐ刑場へ引致します。刑場には拘置所長が待機していて、正式に死刑執行を告知する。終わると、確定者は緊縛され手錠をかけられ、そのままの格好で処刑台に連行され、そこで首縄をかけられ、踏み板を外され、首吊り状態で殺される。室の扉を開けて執行を告知されると、死刑囚は室内の片付けも、下着を取り替えることも不可能です。遺書を書くことも満足にさせてもらえない(人によっては5分の時間が与えられることがある)。最初の告知から長くても1時間ほどで首をくくられる。)当日告知するまでは一切知られない知らせない完全密行の現在(昔は事前告知していた時期がある)では、5月号41ページの執行に立会った保護司の「前日とは別人のように〜」の話は事前告知されていた昔のことなのでしょうか?"最後の晩餐"はバナナ、モナカ、タバコ、少し、ぶどう酒を飲んで死刑囚は刑場へ連れられていく。日本ではそんな事は絶対にありえないことです。

又々、まとまりのないことを書きました。朝から午後1時頃まで晴天でしたが予報どおり、2時ごろから雲が厚くなりました。やはり入梅です。うっとうしい日が続きますが呉々も健康万全にご注意下さい。いつもありがとうございます。

2012.6.10.

|

« 法相に死刑執行停止を要請=情報公開も求める―日弁連 | トップページ | 「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き »

コメント

死刑にも意味がある
もし刑期を終え釈放した場合遺族たちによる私刑が予想されるためだ
つまり被害者が加害者になるという悲劇を避ける意味が大きい
人の恨みはけして消えない、親族を殺された場合はなおさらだ

投稿: 名名名無し | 2012年8月 3日 (金) 13時23分

私は死刑賛成派ですが、
殺人者だから劣悪な環境で充分という考えには賛成できません。死刑囚もそれなりの環境で執行の日を迎えて欲しい。
自由を奪われ死を待つだけの生活なんて、想像しただけで気が狂いそうです。その立場になっているだけで十分な罰を与えているように思えます。
まぁ、私が犯罪者遺族になれば考えが変わるのかもわかりませんが・・

投稿: スクワット | 2012年7月 3日 (火) 06時47分

死刑とはなんぞや…反省しなくていいから死になさい。求めるのは死であって反省ではない。小田島も守田も反省しとらんのは死を受ける代わりに反省はなし…やないんかな?小田島の言ってたでかい山が実は底無し沼やったんやないかな。守田も再審はおこさんやろ。二人とも人生の大半がムショの中で、思考も常識もムショ流になっとるわけで凶悪犯罪とか残忍とかの意識はないと思う。塀の中の凶悪犯人が反省しておらんのと同じで小田島と守田が反省しとらんでもおかしくないわけやろ?自分が見てきた反省ない殺人者たと同じなわけさ。だから突っ込んでもしゃあないやんちゅうことを言いたかったんですわ。

投稿: 古城 | 2012年6月29日 (金) 22時21分

古城さん
まったく意味がわかりません。罪を憎んで人を憎まず…ですか? 四人の方を金目当てに惨殺した守田を、憎まず…罪を憎む?古城さんの言ってることまったく理解できません。
守田は小田嶋の従犯であっても、酌量される情状は皆無だと思います。
また、私と守田を同じ位置に立てないで頂きたいです。
ご質問ですが、東北管区?管区とは?東北地方?ならお答えもできますが、管区とは変な質問ですね。身辺に気をつける必要も感じてませんし、この数年は内偵されるような疚しいことはしていません。ご心配無用です。 次のご質問ですが、K村受刑者は栃木刑務所で受刑中です。私は累犯ですから、初犯のエリートの彼女とは接点はありませんでしたが、食堂やクラブ活動の時に何回か顔は見ていました。幼子二人を焼き殺した彼女…いつも背筋を伸ばして溌剌としていましたよ。 畠山鈴香は福島刑務支所で受刑中です。無期懲役を未だに受け入れられない精神状態だと聞いてますが、今はどうなんでしょうね…彼女が生きて社会へ戻る日は来ないと私は思います。最後に官史が私の特定にやっきとなる意味がわかりません。官史とは、栃木刑務所の職員のことですか?塀の中の事実をいろんな方々がブログで公開されていますよ。このブログにコメントするだけの私を特定しても何の利益もないと思います。ご質問にはお答えしました。古城さんとは共感すべきことが見つからないのでこれからは名指しはご勘弁下さいね。

投稿: 女囚 | 2012年6月28日 (木) 16時59分

苦しめ

投稿: | 2012年6月28日 (木) 11時40分

往生際悪い
苦しめ

投稿: | 2012年6月28日 (木) 11時34分

小田島ぁ!てめーに殺された被害者は何の猶予も与えられず虫けらのごとくてめーに殺害された訳だが
てめー何の反省もしてねえなあおい
ほんと胸くそ悪い奴だな
法務省は仕事しろよ

投稿: | 2012年6月27日 (水) 08時07分

女囚さん、罪を憎んで人を憎まずって言うやろ。守田はええ奴やったんは確かなんやて。女囚さんも懲役行ってるけどきのええ人やないんかな。多分女囚さんの特定にやっきになってる官史がおるやるね。女囚さん内偵入るかもしれへんから身辺気をつけてくださいよ。ところで女囚さんは東北管区にお住まいです?栃刑には日野の不倫鬼畜女が務めてるよね?鈴香は栃木やないよね?秘密にする必要はないよ。現在受刑中なんやからハイリョはいらん。刑を終えたんならそりゃ言うたら人権問題になるけどね。

投稿: 古城 | 2012年6月26日 (火) 20時38分

恐怖による心の動揺を静めたい一心で詳細な執行順位を自己分析しているようだ。現実と自分の予想を合致させたいが為、必死に死刑執行次期ジクソーパネルのピースを組み立てている。独房で余程、恐怖している様子が垣間見れる。正しくこれこそが極刑という罰則を肌で感じる一瞬であり、死刑という刑罰の醍醐味ではないだろうか?さぁ、鬼畜小田島よ。恐怖による能書きをどんどんと手紙に記載して、生き恥を晒せ。日々、これの繰り返しが無惨に惨殺された被害者と遺族を救済出来るほんの一つの鬼畜からの慰謝料、命のローン返済であり、鬼畜に同情など皆無。死刑反対など笑止千万。寝言は寝て言え。

投稿: 死して屍拾う者無し | 2012年6月26日 (火) 04時49分

 死刑囚最期の作品 執行古紙下着

反動の衝撃に耐えられるのか? 

投稿:  きつく締めて | 2012年6月26日 (火) 03時40分

小田島は罪もない人を殺しておいて厚かましいほど生に執着してますね。
フィリピン妻も自分の子かどうかもわからない子も面会に来ることもなさそうだし。
まあフィリピン妻にすれば金づるにもならないこんな爺と夫婦生活するのも気持ち悪いだろうから今頃ホッとしてるかもです。

小田島はもう二度と生きて出所することはありえないので『一年中で最も不健康な季節です。
くれぐれも、おからだをたいせつに』していただいて拘禁ノイローゼでとことん苦しんでいただきましょう。


投稿: capital punishment | 2012年6月23日 (土) 23時27分

小田島さん
6/9(金)関東地方も入梅、梅雨の候となりました。
一年中で最も不健康な季節です。
くれぐれも、おからだをたいせつに。

投稿: | 2012年6月22日 (金) 22時18分

最後っ屁って法相が辞める時に執行する・・・と勝手に解釈しましたけど どの道 死刑執行についての内容なのだと思いましたが聞き慣れない言葉なので考えてしまいました。最期の夏からかなりたちましたが最期の夏は何回 過ごして来たのでしょうか?それこそ最期に何か口に出来るなら有り難く召し上がって欲しいですね。

女囚さんのコメントには とても興味深く色々 考えさせられます。女囚さんだけではなく ここへ来て色々な考え方されてるのを知り勉強になります。

投稿: S | 2012年6月20日 (水) 23時57分

未来=女囚さんへ


小田島は死を受け入れいつ執行されてもいいように余裕をかましているがそんなのは本人も気が付かないだけでただ虚勢を張っているにすぎない。

人間が信じられないくらい冷酷で身勝手で未熟だから時折襲いかかる執行がまだ先になったとしても、かえって生きる事に執着してしまい死の恐怖は絶対に対処することは出来ない。

私はまだ数年は執行はしないで小田島に死の恐怖を味わってもらいたい。


未来=女囚さん小田島は反省しないかわりに間違いなく日が経つにつれ死の恐怖が大きくなります。


だから小田島に目一杯苦しんでもらおう。

投稿: 巌鉄 | 2012年6月20日 (水) 21時23分

小田島には五分の時間を与えて貰いたいの?
彼の欲望のおかげで何の罪も無い被害者は五分の猶予も与えて貰えなかったのに?笑わせる死刑囚だなぁ…小田島死刑囚ってさ(笑)

投稿: レッド | 2012年6月20日 (水) 14時08分

随分前から、次は自分の執行だと、言い続けているのに、執行予想に顔写真があっても驚くことはないはずではないのかなぁ…小川法相の『最後っ屁』とは?執行のことですよね…死刑執行を最後っ屁ですか… 本当に緊張感も罪悪感も懺悔もないんですね。『最後っ屁』恥知らずな小田嶋らしい例えですね。仮に、執行前に バナナやモナカ等々の茶菓子が出されたとして、それを飲食する余裕があるんですかね… 私は、小田嶋が刑の執行を言い渡された時点で、醜い失態をさらけ出すと思います。

古城さん
お答えありがとうございます。気の良い人間ならば、他人に踊らされたとしても、死刑を打たれるような凶悪な犯罪には至らないと私は思うので、古城さんとは合いませんね。
確かに宮城刑務所から配食された食事は酷かったです。どのおかずも油ぎとぎとで煮物も汁物も油を見ただけで無理でした。 職員曰く 寒いところだから、体を温めるためにも油多いんじゃない?でした。小田嶋は劣悪な食事の宮刑で食事改善の面接を何度もかけていたと聞きましたが、古城さんはご存知でしたか?
同じ予算で施設によって全然食事が違いますから、やはり、施設の用度課長『施設の食事を作る炊場は用度課』によって左右されると思います。 私が小田嶋に突っ込むのは、死刑囚の立場で、無実でもないのに、煮込み不足や腐って変色した…等、聞き苦しい能書きを発信してくるからです。 突っ込みすぎとは思ってませんので、この先も事実と違うことには、バシバシ突っ込んでコメントしていきます。長々とすみません。

投稿: 女囚 | 2012年6月20日 (水) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/45725009

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の写真に驚く:

« 法相に死刑執行停止を要請=情報公開も求める―日弁連 | トップページ | 「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き »