« 「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き | トップページ | <団藤重光さん死去>「司法界の巨人」人権尊重のリベラル派 »

2012年6月21日 (木)

死刑執行、全米最多に=今年6人目でテキサス抜く―ミシシッピ州

時事通信 6月21日(木)11時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120621-00000067-jij-int

 【ワシントンAFP=時事】米南部ミシシッピ州で今年6人目の死刑執行が行われ、同州がテキサス州を抜いて、執行件数で全米最多になったことが分かった。刑務所当局者が20日、明らかにした。
 6人目は、1万2000ドル(約95万円)の借金があった麻薬密売人を殺害し、遺体をバラバラにして捨てたとして、1997年に死刑判決を受けたスーパーの食肉処理業者の死刑囚(49)。死刑は薬物注射により執行された。

|

« 「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き | トップページ | <団藤重光さん死去>「司法界の巨人」人権尊重のリベラル派 »

コメント

全米の中の一つの州ですが、6人で最多執行。
意外と少ないと思ってしまいました。
中国における死刑の印象と比べてしまうからでしょうか?

投稿: ブログ管理人 | 2012年7月 2日 (月) 12時16分

死刑囚の臓器提供は無理なのかな?
100人の臓器があれば、数百人の命を助けることができるはず。
原子炉内での作業でもいい、

死刑囚の命を無駄にしない方法を考えるべきだと思う。

投稿: 死刑賛成 | 2012年6月29日 (金) 06時22分

国家に国民の命の与奪権を放棄させ理想的な社会の構築を試みる死刑反対派ですが、結果としてこの世界から殺人が
なくならなければ、現行の死刑制度を否定する意味がないという二律背反するパラドックスに陥るわけです。

要するに死刑制度云々より「人間という存在の意味」
命とは何か?という漠然で掴みどころのないところまで掘り下げ究極の共通認識に至るまでは死刑存廃論は永遠に二律背反するものだと私は以前この場所で知りえたある死刑反対論者達との個人的なサイトに移り冷静な議論の中で感じた結論です。

投稿: 土建屋43才 | 2012年6月21日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/45737466

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行、全米最多に=今年6人目でテキサス抜く―ミシシッピ州:

« 「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き | トップページ | <団藤重光さん死去>「司法界の巨人」人権尊重のリベラル派 »