« これまでの本の差入に感謝 | トップページ | 死刑囚の最後の食事…「Last Meals Project」 »

2012年5月25日 (金)

<名張毒ぶどう酒事件>奥西死刑囚の再審開始を認めず

毎日新聞 5月25日(金)10時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000016-mai-soci

 三重県名張市で1961年に起きた「名張毒ぶどう酒事件」の第7次再審請求差し戻し審で、名古屋高裁刑事2部の下山保男裁判長は25日、殺人罪などで死刑が確定した奥西勝死刑囚(86)の再審開始を認めた高裁刑事1部決定(05年)を取り消す決定を出した。差し戻し前の高裁2部決定(06年)に続き、検察側の異議を認めた。ぶどう酒に混入された凶器の農薬が、奥西死刑囚の自白した「ニッカリンT」か否かが最大の争点で、下山裁判長はこの農薬の鑑定結果に関し「混入農薬がニッカリンTではないことを意味しないことが明らか」と判断した。【山口知、沢田勇】

【争点】「凶器の農薬」 名古屋高裁が判断

 下山裁判長は、高裁1部決定の刑の執行停止も取り消した。発生から半世紀、死刑確定から40年を経た事件で、開きかけた再審の門は再び閉ざされた。弁護側は特別抗告する方針で、審理は再び最高裁に移る。特別抗告期限は今月30日。

 差し戻し審では、専門家が再製造したニッカリンTを使った鑑定が行われ、この農薬に特有の不純物が検出された。この不純物は事件当時、現場に残ったぶどう酒からは検出されておらず、弁護団は「混入農薬はニッカリンTではなく、自白は信用できない」と主張。検察側は「検出されない場合もある」などと争っていた。

 鑑定の評価に関し高裁2部は、事件から当時の鑑定まで1日以上たっていたことから「(この間に)加水分解で不純物の元になる物質がなくなったと考えることが可能」と指摘。「自白は根幹部分において十分信用できる。奥西死刑囚以外にぶどう酒に農薬を混入しえた者はいない」と結論付けた。差し戻し前の2部決定の判断をほぼ踏襲した形だ。

 奥西死刑囚は三重県警の取り調べ段階で「事件前夜、自宅にあった瓶入りのニッカリンTを竹筒に移した」などと自白。しかし瓶も竹筒も見つからないなど物証に乏しく、自白を主な根拠に死刑判決が確定した。起訴直前に否認に転じていた奥西死刑囚は73年以降、再審請求を7回繰り返してきた。

 7次請求(02年4月)では高裁1部が05年「自白が客観的事実と反する疑いがある」として同事件で初めて再審開始決定を出した。だが検察側が高裁2部に異議を申し立て、別の裁判長が06年「混入農薬はニッカリンT」と判断して取り消した。弁護団が特別抗告し最高裁は10年4月「科学的知見に基づく検討をしたとは言えず審理が不十分」と指摘。事件当時とできるだけ同じ方法で鑑定を行うよう求め、審理を高裁2部に差し戻していた。

 確定死刑囚の再審請求では1980年代に▽免田▽財田川▽松山▽島田−−の4事件で、再審開始決定が相次ぎ、いずれも再審無罪が確定している。

 ◇検察側「適正な判断された」

 野々上尚・名古屋高検次席検事の話 奥西死刑囚の自白通り、ニッカリンTが犯行に使われたかどうかという核心部分について、科学的知見に基づき適正な判断がされた。

 ◇弁護団長「考えられない決定」

鈴木泉弁護団長の話 考えられない決定で暴挙以外のなにものでもない。直ちに最高裁に特別抗告を申し立てる準備に入る。この不当決定を必ず打ち破る。

|

« これまでの本の差入に感謝 | トップページ | 死刑囚の最後の食事…「Last Meals Project」 »

コメント

この事件はどう見ても冤罪であることが明らかです。

投稿: | 2012年6月15日 (金) 22時37分

かつて、首都圏連続女性暴行殺人事件で逮捕された小野悦男は、冤罪が認められて無罪になりました。
しかし、その後また、足立区首なし女性焼殺事件で逮捕されました。
この事件については、小野悦男の犯行と断定出来る決定的な証拠があったため、本人も認めて無期懲役が確定しています。
そうなると、首都圏連続女性暴行殺人事件も、実は冤罪ではなく小野悦男の犯行では?と言う疑いが出て来ます。
もし冤罪ではなかったとしたら、被害にあった女性達やその遺族達は気の毒です。
首都圏連続女性暴行殺人事件については、小野悦男の無罪が確定しているのですから・・・。
足立区首なし女性焼殺事件の被害者も、小野悦男を娑婆に出さなければ犠牲になることはなかったでしょう。
冤罪の可能性がある場合は、安易に死刑にすべきではないと思います。
本当に冤罪であった場合は人生を棒に振ることになるので、長い期間収監されるのは気の毒です。
その一方で、殺人犯を冤罪として無罪にしてしまう可能性もあり得ます。
冤罪か否かを判断するのは、簡単なことではありません。
死刑か否かについても、時と場合があると思います。
何でもかんでも、死刑に反対と言うのはどうかと・・・。
アメリカでは、刑務所が過密状態となり凶悪犯罪者を収容しきれず、刑期を満了せず出所して来ることがあるようです。
そして、また凶悪犯罪で逮捕され、刑務所に収容されるようです。
凶悪犯罪者を野放しにしたがために犠牲になったのでは、堪ったものではありません。

投稿: 安全・安心を望む者 | 2012年6月 2日 (土) 01時05分

名張毒ぶどう酒事件が 99パーセント冤罪なのですか?では国はの01パーセントの 犯人かもしれないで、気の遠くなる年月を 死刑囚とゆう極刑を下し、再審請求も幾度も却下し、無実の訴えを退けてきたわけですね。そんな国なんですか日本国は… 99パーセント冤罪とおっしゃっているのは、まさか、光母子殺害事件の死刑囚に 裁判で被害者を愚弄し、ドラえもんが何とかしてくれると思った…と言わしめた悪名高きA弁護士さんですか? 0、1の犯人の可能性で、死刑を宣告されるのならば、日本国に済むことが怖くなります。が、しかし、すでに死刑囚として数十年、狭い独居に閉じ込められ、現在は体調を崩されているようですから、執行はあり得ないと確信しています。釈放は無理な難題難癖ですよ。釈放させてあげたいのならば、再審無罪を勝ち取らなければ…99パーセント冤罪であるなら、一審の証拠調べでわかるはずなのですが…はあ…奥西死刑囚が99パーセント冤罪とは初めて知りました。が、現在は再審も却下されて、死刑囚に間違いないのですよ。潔さも必要ではないでしょうか…

投稿: 女囚の未来 | 2012年6月 1日 (金) 01時42分

未来さんが、『死刑反対さんの持論には反論するのも虚しい』と書かれていましたがまったく同感です。 奥西死刑囚が閉じ込められているのは、刑務所ではなく拘置所です。 ご存じないのか書き違えただけなのか、そんな事も知らないくせに…とちょっと思ってしまいました。 私は死刑賛成派ですが、奥西死刑囚に再審の道が開かれるよう心から願っています。

投稿: | 2012年5月31日 (木) 23時45分

毒ぶどう酒事件は99%の確率で冤罪だと言われているのに、いまだに刑務所に閉じ込めておくなんて酷いと思います!はやく釈放するべきです!!

投稿: 死刑反対!! | 2012年5月29日 (火) 18時47分

奥西死刑囚は86歳の高齢でもあり、支援の弁護士や支援団体も大勢いますから、再審が却下されて、ただの死刑囚となっても、執行されることはないと考えますが、奥西死刑囚が本当に無罪で、この名張ぶどう酒事件が、冤罪であるのかは、奥西死刑囚にしかわかりません。
司法が、数十年に渡って 度重なる再審請求をその都度却下するのは、やはり、奥西死刑囚が引き起こした犯罪なのでは…と思う自分もいます。名古屋拘置所で、衛生夫(未決 死刑囚の世話がかり)をされていた方のブログを読むと、奥西死刑囚は 衛生夫が、他の収容者より余分に朝の食事の添え物を多く盛り付けてあげたら、非常に喜んでいつも穏やかな人…であったみたいです。 同じ舎房に、名古屋ドラム缶殺人事件のK死刑囚もいたそうですが、K死刑囚は、主犯は別にいる、と言っていながらも、早く処刑されたいな…と言っていたそうです。K死刑囚が処刑された事を 社会に戻って知らされたその方は、辛い心境を吐かれていました。十億五千万横領http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=kazugats&orderFlag=0&page=36参考になれば良いかなと… 死刑反対さんの持論には反論するのも虚しい。平等とか人権とか死刑囚に対して当てはまらない言葉では? 長々と失礼しました。

投稿: 未来 | 2012年5月29日 (火) 13時52分

事件発生から半世紀が経過しているこの大量殺人事件。この死刑囚、一審では無実との判決で一時、釈放。だが二審では死刑判決でまた収監。更に珍しいと思ったのは死刑囚であるにも関わらずと死刑反対論者では無い。死刑自体は肯定的である。時代的な背景もあって、本人の自白によって人生が大きく変わってしまった訳だが、本当にやっていないのであれば今更ではあるが、気の毒でもある。情事のもつれ等の心情はあったにせよ、物的証拠も乏しく、五十年以上経過している現状を司法はどう判断するのか。誠に難しい。同じ鬼畜に勝る殺人事件ではあるが、小田島の物欲のみにまみれた事件とは違う何とも言い様の無い靄に包まれた感があり、これぞ真実は神のみぞ知るといった心境の事件ではある。

投稿: 死して屍拾う者無し | 2012年5月29日 (火) 03時52分

この事件と和歌山カレー事件はある意味似ているような感じを受ける。
カレー事件の死刑囚の執行も名張事件と同様に随分先まで行わないのではないか。

投稿: 冠 | 2012年5月28日 (月) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/45427492

この記事へのトラックバック一覧です: <名張毒ぶどう酒事件>奥西死刑囚の再審開始を認めず:

« これまでの本の差入に感謝 | トップページ | 死刑囚の最後の食事…「Last Meals Project」 »