« 2012年1月死刑囚小田島鐵男面会レポート | トップページ | "死"がつきまとう »

2012年2月 1日 (水)

おとうさん げんきでね

拝啓
新年早々お仕事ご多忙の中1/17(火)は寒い日にもかかわらずお2人で面会に来て下さり誠にありがとうございました。差入していただきました小説誌3冊と下着6点は19/木午後に受取りました。本当にありがとうございました。

昨年12/19(月)にお手紙が届き大変嬉しく拝読しました。同送して下さった翻訳文庫本3冊は翌日手元に届き、正月の連休中にありがたく、面白く読ませていただきました。本当にありがとうございました。お札が遅くなりまして大変失礼致しました。

大寒の今日1/21(土)は都心・午後1時半の気温3.4度、と暦通りの厳しい寒さになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
私は17/火午前中に70日ぶり(理髪は50日ごとの規則ですが、いつも60日ごとと遅れ気味)に伸びていた髪を丸刈、水道で頭洗い、冷めたくてシビレました(面会で愚痴りました)が案の定、以後風邪気味で寒気がして鼻水、首すじ・背中のゾクゾク感がとれず食欲の無い日が続いています。ですが相変わらずです。

先のお手紙に「日本を捨てた男たち」のお話がありましたが、著者は日刊マニラ新聞社記者、集英社刊行、と新聞の書評で内容紹介が載っていました。私がRevyの家に通っていた2003、2004年当時に、マニラの公園やロハス大通り沿い(マニラ湾側は観光遊歩道でホームレスの立入禁止)などに日本人のホームレスが何人もいる、とRevyから聞きました。またRevyが住んでいるグリーンランドの正面ゲートを入った付近で、白のブリーフ1枚の裸で何やらわめきながらフラフラ歩いている男性を見た時、Revyが「あの人は日本人だよ、フィリピン女性と結婚してグリーンランドに家を買い奥さんの家族と一緒に暮らしているけど、だいぶ前にお金が無くなったので今は奥さんが働いて生活している。ダンナは毎日お酒ばかり、酔うと裸で外を歩き回るので、よく奥さんに叱られているんだよ」との話。グリーンランドにはもう1人、フィリピーナと一緒になり家を買って住んでいる日本人男性がいました。比嘉さんのお手紙を読んで、その時のことを思い出しました。

"12/16~17の台風21号の直撃で比・ミンダナオ島北部、洪水、土砂崩れが発生、12/21現在で死者957人、避難所生活4万3,000人超、被災者33万人超、国家災害事態を宣言"の報。(読売朝刊に5cm角の地異作載)日本は、利用できる資源がある国には"取り入る"が、利用できる資源が無い国や、比の(木材等)利用しつくした国に対しては"ハナもひっかけない"。利己的な国だということがすでにアジアの国々で声高に指摘されつつありますから、比嘉さんが言われている"日本がアジアの中でさえ2流国に"は、正にその通りだと思います。しかも、廃炉まで40年溶融した核燃料を取り出すための技術が開発できるのか?(米・スリーマイル島の事故でさえ、すべての核燃料を取り出す事ができずに閉鎖して厳重な管理下においている。露・チェリノブイリもそのままコンクリート漬けにしたが、放射能もれが治り鋼鉄で固める方針)原発事故による放射能汚染の除染費用の予算7,000億円も利権化。賠償の対象も、健康被害も、(農産、水産、土、木、水すべてが汚染)汚染したもの、も拡大するばかり。ノーベル平和賞を受賞したIPPNW医師団が、福島原発事故について日本政府に対して「国民に降りかかる放射能をこれほど放置した国はない~」と抗議声明文発表。消費税を先々20%にしたとしても日本の財・官・政・法、増え続ける役人、等からして遠からずギリシャ化するのは必然ではないでしょうか。所詮、人間的熟成ができない日本に明るい未来ははないと思っています。等と又々、"死"を目前にした身が口にすべき事ではありませんね。

先日の面会時に、ノンフィクションの単行本の中古の値落ちについて教えていただきまして、ありがとうございました。私は文庫本とは違って、売れないノンフィクションの単行本は推理小説・時代小説の単行本よりもブックオフ等で安値で購入できるだろうと考えていましたので、所持金に余裕が出来たら購入しようかと思い本の名をメモしていたので、中古で定価の1/3位なら5,000円位の予算で、と考えていましたが、思っていたのとは反対で中古でもノンフィクションの本が高価な事が理解できました。お手数をおかけ致しました。比のRevyへ昨年12月上旬に出した、X-マスの用意の送金を知らせる手紙に、守田が確定したので、私の執行が近々にある事と、気持が落着き次第に最後の手紙を書いて出す予定、を書きました。ですがなかなか筆が進まずにいたところ、1/11にRevyから手紙が届きました。

"MERRY X-MAS and HAPPY NEW YEAR"

オゲンキ デスカ?
アナタ タイヘン ノ コト ナッテ モ イツモ スミマセン ホント アリガトウ
ホント ニ サミシイ ケド Toby イルカラ ワタシ ガンバッテルヨ、
イマ マデ イツモ アナタ ノ コト シンパイ シテル

"GOD's WILL" HE GUIDE YOU AND BLESS YOU ALWAYS PRAY TO GOD BEFORE YOU SLEEP.

Toby ノ タイジュ シンパイ シナイデネ、
フトッテ モ ヨク カラダ ウゴカシテルヨ、
Toby ノ SPORTS サッカー センシュ ニ ナリタイ、ダカラ イロ クロイ ナッタヨ、

オシャベリ、アサ オキナイ、ダケド シアワセ ノ カオ、カラダ ゲンキ ダヨ、
イツモ ゲーム、イチ タス イチ、パズル、ガッコ ノ テスト、モンダイ デモ スグ ワカル、ピカチュ ノ ゲーム ナンデモ オボエテル、
ホント アタマ イイ ダレニ ソックリ カナ?

イマ ノ シャシン ガッコ ノ STAGE PLAY PINOKIYO ノ Toby ワ DORO MANI ダッタ、
アナタ ゴメン ネ X-マス CARD ナイ、オトウサン サミシイ ナンダカラ マタ Toby ウルサイ ニ ナル、

云々の他に、便箋1枚にTobyが

MERRY X-MAS
     TO YOU
おとうさん げんきでね 12-24-2011
            TOBY

平仮名で書いて、学校の舞台で黒い帽子に黒マント姿の緊張した顔つきのTobyの写真が同封でした。
何とか思いをまとめて来月の第一週中には比へラストレターを出したいと考えているところです。

面会でも少し話しましたが、1/13内閣改造で就任した小川法相は元裁判官、元検事、弁護士という経歴。法務省の管轄下にいた訳で、法務官僚は御しやすい大臣が就任したと大歓迎しているはずです。会見で記者の"死刑執行について"の質問に対し、「法にのっとり(確定後6ヵ月以内の執行)職責をはたす」と執行に前向きな姿勢です。

3月の国会は衆議院の解散含みなので、国会の開催前に、御しやすい法相の在任中に、何とか1回でも執行させたいと法務官僚は考えるはずなので、早ければ来月中旬以降、遅くても3月の国会開催の前には自分の執行があると覚悟を決めています。(2月に入ればいつ執行があっても不思議ではありません)執行までの作業の賃金は、Revyの口座に振込してもらう様に払込票を同封した当所宛の遺書を用意、等身辺整理を加速中です。

昨年12月以降、平年より寒い日が続いていますが独房内も昨年迄よりかなり寒く感じます。日中は目一杯作業に集中することで寒さを防いでいます。

この時期になっても相変わらずまとまりを欠いた手紙を大変失礼致しました。
(あと1~2度は手紙を書けると思っています)
比嘉さんいつもいつも本当にありがとうございます。
寒さの厳しい季節です呉々も体調万全にお気をつけ下さい。
又書きます。2012.1.21
小田島鐵男 拝

比嘉 信顕 様


PS.
昨年11/13の読売新聞・TV面にWOWOの広告があり、本日午後0:00ライブ 2011.11.13

マニー・パッキャオvsファン・マヌエル・マルケス
両者の写真入りで載っていました。ファン・マヌエルはパッキャオよりかなり若く、手強そうな選手に見えました。比嘉さんは、この試合の放送を見ましたか、試合の結果を知っていますか?

毎日こう寒いと、あたたかいフィリピンが懐かしいです!
本当に、死後の霊魂があればいい、と思うこの頃です。

12/20
札幌市、42、40才姉妹、(知的障害がある妹)姉が12月下旬病死、残された妹は自力で生活できず今月中旬までに餓死。数ヶ月前から家賃滞納、11月ガスも止められ室内のストーブも使用せず、姉は室内と思えない。厚着の姿で死亡、妹は寝たままヤセ、胃はカラッポ、こうした人が餓死する国が一流国、先進であるはずがないですよね。

私の異父弟(知的障害がある)が施設に入るまでに長期間待機させられて大変でした(母が)、のを知っていますので、記事を読み胸が痛みました。

|

« 2012年1月死刑囚小田島鐵男面会レポート | トップページ | "死"がつきまとう »

コメント

別にチキン野郎でも構わないんですけどね。
克さんの2012/02/15の書き込みには賛同出来ましたよ。
ただ冤罪人でも関係無く執行しろだとか言うのは正気で言ってるとは思えない。
死刑を楽しむだけじゃあきたりませんか?街で起きる無差別殺人さえも楽しんでるような人なんではと思えて来ます。

投稿: A | 2012年4月 3日 (火) 02時44分

Aもチキン野郎だ

投稿: 克 | 2012年3月30日 (金) 03時35分

克さんの意見納得できます。

正にその通りだと思います。

生憎僕には文章力が無ので伝わりにくく批判されるかも知れませんが…。

奴等は(特に小田嶋の様なのは)何度も更正するチャンスを身勝手な理由でブッ壊してます。

繰り返しになりますが、被害者は特に理由も無く遊ぶ金が欲しい、欲望を満たしたい等クソみたいな理由で本当に軽い気持ちで残忍なやり方で命を…人生を奪われています。
克さんの言われる通り計り知れない程に無念で、計り知れない程に…我々等には想像すら出来ない程の恐怖と絶望と痛み苦しみ人生を生きる権利を本当に軽い気持ちで奪われたんです、そして金が尽きれば又同じ事を繰り返し無慈悲に命を奪い希望に満ちていたであろう未来を奪われた。
そして遺族には一生解放される事の無い悲痛な思いをさせている。
そんな奴等に同情なんぞ出来るはずも無い。

死刑は被害者や遺族の為に有るわけじゃないとか憲法違反だとか言われる方も居ますが、そんな事は当事者からすれば関係無い無いと思います。
死刑は国が殺人をしてる様なもの仇討ちを認めてる様な物?…そんなカビの生えた様な憲法があるのなら屁理屈でしか無い。
そんな鬼畜を擁護し同情する理由等微塵も無い。
奴等のせめてもの償いが有るととすれば(償える訳も無いのだけれど)反省し愚かさを後悔し自分が今日明日死刑になるかも知れないと毎日気が狂いそうになる程の恐怖と苦しみを思い知らされながら強烈な痛みの中処刑され無ければならないと思って居ます、それ以上の事を被害者にしたのだから。
死刑は残忍?国がやってる事は殺人鬼と同じ?僕は全く違うと思いますが、奴等は少なくとも人間として扱われ人間として刑を執行され人間として死んでいけるんですよ、人を人とも思ってもいない鬼畜なのに。
それだけでも、被害者に比べたら雲泥の差で幸せだと思いますけど。
僕は小田嶋がどんな環境で育とうが、綺麗事を言おうが、この先どんなに反省し善人になろうが同情擁護の余地は無いと思っています。

投稿: A | 2012年3月12日 (月) 05時08分

↓下の名無コメントへ、ここは、小田島が発したブログの内容について、或いは死刑制度に対し各々が自らの意見を発信する場だと思うが、貴方の意見は何なんだ?
死刑制度に対してどんなスタンスを取ってるんですか?
それが一番の肝だろ
批判が怖くて名乗れないチキンぶりだけは伝わってくるが、先ずは自分の意思を示せ

投稿: 克 | 2012年3月11日 (日) 07時17分

克さんは、文章能力が無い。無いなら、誤解の無いように、補足すれば良いと思う。

投稿: | 2012年3月10日 (土) 18時03分

「死刑では遺族は救われない」と言う人がいます、僕も救われないと思います。
動機が、金を奪う目的や性的欲求を満たしたい、世間や社会のせいにして誰でも良いから殺したい等々誠に身勝手な理由で殺された方の遺族は、鬼畜が死刑になった所で救われたりはしないでしょう。
遺族に対して奴等は何をしようとも、命でさえ償え切れない程の救いようの無い事をしたんですから。
反省しようが改心して聖職者のような善人になろうが関係無い。
せめて奴等は強烈恐怖と痛みで苦しみながら処刑されるしかない。
この先も遺族は苦しみや悲しみから解放される事は無いのですから。

投稿: A | 2012年2月26日 (日) 04時43分

2月19日に私へ名指しでコメントした輩へ。意見を述べるのは自由ですが、その前に日本語の読解力を身に着けてからにして下さい。それと、名指しするからには名乗りましょう。無記名は卑怯です

投稿: 克 | 2012年2月22日 (水) 14時05分

被告とは同世代なので、より身近に考えさせられます。
彼と同じく日本が貧しい時代に育ちました。
昼飯の弁当を持ってこれない子供はいつも空腹だったでしょう。戦争未亡人の母親は再婚して子供を置いて出て行った少年は寂しかったでしょう。真冬なのに靴下(足袋)を履けない子は皸で腫れていた。中学を卒業した少年はヤクザの世界に入り殺された。それぞれ被告と同じように大人になって戦後を生きて来たのです。自分一人だったらどうして生きて来ただろうと思う時があります。もし、自分が小田島被告と同じ環境で育ったら?と考えると心苦しい。被告に自責の念と反省がある以上、彼を国家権力と言えども殺すことは許されるべきではない。彼を死刑にしても救われるものは誰もいない。やっと家族を持てた被告には家族のために生きていって欲しい。そして被害者に懺悔して生きていって欲しい。

投稿: isao | 2012年2月21日 (火) 17時09分

克の意見は、死刑執行を快楽として、徹底的にやるべきだと言う事です。

投稿: | 2012年2月19日 (日) 18時45分

死刑廃止派は被害者遺族感情を考慮した肯定派の見解に懐疑的です。しかし、多くの肯定派は遺族感情以前に被害者について言及しています。撲殺、毒殺、生き埋め、めった刺し等々凄惨を極める殺され方をした方々は大切な時間、夢、希望、その他全てを奪われた。どれほど無念だったか。どれほど痛かったか。
目前の今生きている殺人犯にとらわれ処刑は残酷だとなるのは木を見て森を見ずの議論だと思う。
一人殺しても国は懲役刑で更生させようとするある種の寛容さを持っている中で、複数を殺害せしめた人間が厳罰に処されるのは当然だと思う

投稿: 克 | 2012年2月15日 (水) 06時53分

小田島さんにはもう少し長生きして僕らにネタを提供して欲しいです。

特に、最近はさも観念したような自虐的な事ばかり書いていて、自分の事が可愛くて好きで仕方ない様子が見てとれます。

できることなら比国の家族が野垂れ死んだのを見てから死んで欲しいですね。
まあ、今頃残された妻は現地の男とバカスカやりまくっているでしょうが・・・大笑い

投稿: 死刑って素晴らしい | 2012年2月13日 (月) 22時17分

 御陀仏へ 

急用 先に逝ってるからな

投稿: | 2012年2月12日 (日) 23時10分

死刑制度が廃止だろうがなんだろうが、小田島は死ぬべきだ!まー最後ぐらいは、新しいパンツ差し入れてやるから、死刑当日は暴れるんじゃないぞ!グンゼのボクサーパンツ送ってやるよ。

投稿: アラサー | 2012年2月12日 (日) 17時23分

すごく考えさせられるブログです。私は死刑制度廃止肯定です。確かに自分の親、兄弟、配偶者、子供が何の罪もないのに殺されたりしたらと思うと、そりゃあ犯人を何回殺しても気がすまないくらいだと思います。いつまでも無くした家族の事を思うたびに悲しくやりきれないと思います。普通に死ぬのと違って悲しみは一生続くと思います。ですが、犯人を死刑にする…死刑にしたら少しは気がすむ?悲しみが減る?絶対にそんな事ないと思います。死刑にして犯罪者といえど尊い命を消して、はい終わり。なら、生かして罪の意識を持ちながら(罪の意識のない人もいるかもですが…)小田島さんの獄中の様な狭い部屋に狭い運動場、座りっぱなしの1日、白米ではない麦飯、まずいご飯、外の景色も見れない、風も感じられない、制限がたくさんある刑務所の中で死ぬまで生きていかなければならない、それだって立派な極刑だと思います。なので私は死刑を廃止して終身刑で仮釈放無し、二度と外には出られない、もしくは他に何か死刑以外の別の極刑を作れれば良いのになと思います。小田島さん、執行まで少ない時間かもしれませんが、今までの拘留期間にも考えていたかもしれませんが、自分の人生を悔い改め、そして被害者家族の気持ち、子供の事レビーさんの事、自分の中での気持ちを整理し、執行に臨んで下さい。まだ寒い日が続きますがお体大事にしてお過ごし下さい。

投稿: 裕 | 2012年2月12日 (日) 10時02分

小田島は、冤罪では無いから自ら控訴を取り下げ死刑が確定したんですよ!それだけの事をして、今の姿です。死刑は当然でしょう。死刑のある国で4人もの命を奪ったのですから、情状酌量はないでしょう。日本の国であれだけの事件を起こしたのですから、日本の法律で裁かれるしかないのです。他人が犯した事件ではなく、自分が犯した事件なのですから、ここは、外国でもなく、小田島も外人でも、ありません。自分の国で、法律があるなか4人も殺したのですから、当然のむくいです。周りが死刑反対なんて言っても、小田島は、何とも思って無いですよ、本人は、開き直ってるのですから。

投稿: つかさ | 2012年2月11日 (土) 16時40分

冤罪は私も許せません。ライ病と言われた、藤本元死刑囚の執行など涙を禁じ得ません。しかし秋葉原の無差別殺人、オウムサリンなど明らかな犯罪については死刑執行やむなしでしょう。生きて償える限界はあると思うのですよね。娯楽のためでなく、人に戻る必要悪な厳粛な儀式では。そういう機会はないけれど、私は死刑囚の方々に死んで償えと言えますが、(犯罪が明らかな場合)死刑廃止論の方は言えます?被害者遺族の前で死刑反対と。

投稿: テツロー | 2012年2月11日 (土) 12時55分

お子様もお父さんが元気であることを願っていますね。
私も小田島さんが元気に過ごされますことを、健やかに過ごされますこと願っています。
余寒が厳しい日が続いていますがくれぐれもご自愛下さい。

投稿: | 2012年2月 9日 (木) 20時44分

なるほど!死刑執行は、被害者家族の娯楽の為に必要だという考えですな。

投稿: | 2012年2月 9日 (木) 01時09分

田中大臣の知識不足を隠すには、大量の死刑執行が必要だと思う。

投稿: やまぐちりく | 2012年2月 8日 (水) 23時59分

小田島は、本を出版した際に、どれくらい収入を得たのですか?

投稿: たか | 2012年2月 8日 (水) 22時57分

死刑廃止論の話になると必ず出てくる言葉。
「自分の家族が殺されても同じ事が言えるのか?」

その度に考えるのですが、自分の大切な人が意味もなく傷つけられ殺害されたらと思うだけで
頭がおかしくなりそうになり、自分の手で犯人を殺したい。それでも足りないくらいの想いです。

でも、被害者感情ばかりを優先して、それでいいのかな?とも思うのです。
そもそも死刑が執行されたとしても、被害者遺族の悲しみと戦いは 終わるわけもなく
国や国民が「ほら、地獄に落としてやったからこれでいいだろ?」と言っているような気がするのは私だけでしょうか?

他のどんな刑罰とも違う、飛び抜けて異質な、あまりにも原始的すぎる死刑という刑罰。

万が一にでも冤罪の可能性があるという事を、もっと深く重く受け止めてもらいたいと思ってしまします。

投稿: | 2012年2月 8日 (水) 22時38分

早く面会に行って!

投稿: ゆ | 2012年2月 8日 (水) 21時21分

小田島鉄男さんは、トビーの目の前で吊られれば良いと思う。

投稿: | 2012年2月 7日 (火) 01時11分

↓テツローさんと全く同意見です

投稿: 克 | 2012年2月 7日 (火) 01時10分

死刑制度に対して私は廃止は否定です。私は暴力は嫌いですし、目には目をからは何も生まれてこないし、そこからまた新たな苦しみが生まれるだけだと思ってます。世界は死刑制度の廃止に方向性はたしかに事実として現実として流れています。その流れを止めることは出来ないかもしれませんし、日本も一概には言えません。ただ、時々、想像して真剣に考えるのですが、もし自分の家族が何も理由もなく殺されて、大切なモノを奪われたらと考えると、ただただ怒りがこみ上げてくるのです。一瞬にして全てを奪われたら、悔しいだとか悲しいだとかを越えてしまうんじゃないかと思います。ですので安易に世界がこうだからだとかじゃなくて、日本は日本の立場を考え、死刑制度に対して考えてほしいです。それと小田島のブログを読んでると、なんだか呆れてしまいます。自分や子供の心配や本のことしか書いてないので、残念です。たしかに小田島にとって自分は死んでいく人間なのだから、謝罪だとか反省だとか関係ないだろうし、被害者が蘇える訳じゃないのでどうでもいいでしょうが、あまりにも自分勝手すぎますね。ただ犯罪を何度も犯しているわけですから、反省なんてハナからそんな気持ちはないですよね。そう考えると、懲役刑でいつか出るよりは、平和の為には新たな犯罪を生ませない為に死刑もしくは終身刑は必要なのかもしれません。一度や二度じゃないわけですから、、反省なんかなかった訳ですから、最悪なシナリオが生まれるんです。とても残念です。

投稿: 誠 | 2012年2月 6日 (月) 18時32分

小田島さん
私は今も祈っています。
小田島さんが
お兄ちゃんが
そして何よりみんなが幸せでありますように。

投稿: 佳音ちゃん | 2012年2月 5日 (日) 15時37分

12/20の札幌市の姉妹の餓死事件は、本当に心が痛みます。
先進国といわれる日本の福祉がいかに貧弱であるかを象徴するような事件です。
福祉政策は、国が第一優先に考えなければならないこと、過去にも行政の水際作戦により生活保護の支給が認められず、餓死してしまったという事件がありました。福祉が貧弱だとこういったことが今後も起きることは必至です。
こういったことが二度と起きないためにも福祉の拡充が望まれます。

投稿: | 2012年2月 5日 (日) 13時54分

確かに子供に罪はない。偏見なくフィリピンで生きる事が出来ますように。人間の過ちは確かにありますが、その過ちにより人間としての命をたたれた方を、忘れる訳にはいきませんよね。殺された方にも愛すべき人がいましたよね。執行とご遺族への謝罪で初めて、人として扱われるのでは。結局自分の事だけですよね。土日も構わず執行しやがれ腰抜け法務大臣。

投稿: テツロー | 2012年2月 4日 (土) 17時31分

お子さんの「サヨナラ」の言葉
あまりにも…悲しすぎます…。
お父さんと永遠に逢えないお子さんの思いは、はかりしれません。

小田島さんがせめて服役囚であれば
いずれは3人で、どんなに小さくとも
今度こそ…幸せな家庭を築く事ができたはず…。
ですが人を4人も殺した以上、限られた時間の命しかもう残されていない…。

やりきれません、本当に残念です

投稿: 永遠の海★+゚ | 2012年2月 3日 (金) 20時20分

死刑制度が無く、独房で色々な事に向き合わないと小田島はこういう心境には決してならなかっただろう。その意味では死刑制度に少なからず価値を見いだせるのかもしれない。手記の内容も格段に変わってきている。恐らく被害者家族に心から詫びたくてもそれはきっと小田島自身の為であって、謝る事による自己満足だということを小田島は理解している。ただ、フィリピンの家族が小田島の心の逃げ場所である事も間違いない。多分家族の幸せを祈りながら死んでゆくつもりなのだろうがそういう人間らしさが芽生えたのもまた死刑制度のおかげなのかもしれない。私の見解では今年中の小田島の執行はないでしょう。来年も無いと思われる。守田の確定から二年半くらいはないと思っています。

投稿: 冠 | 2012年2月 3日 (金) 04時35分

心あたたまる通信ありがとうございます。人間だれしもまちがいはあるのです。

投稿: | 2012年2月 2日 (木) 01時04分

死刑囚の子供は、父親の処刑に何を感じるのだろう。パパ元気で、死刑になって欲しいと言う意味では無いと思う。

投稿: | 2012年2月 2日 (木) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/43949335

この記事へのトラックバック一覧です: おとうさん げんきでね:

« 2012年1月死刑囚小田島鐵男面会レポート | トップページ | "死"がつきまとう »