« おとうさん げんきでね | トップページ | 2012年2月死刑囚小田島鐵男面会レポート »

2012年2月14日 (火)

"死"がつきまとう

拝復
お手紙ありがとうございました。2/1(水)に届きパッキャオの試合結果等、大変嬉しく拝読致しました。文庫本三冊は翌2/木の午後に手元に受取りました。本当にいつもいつもありがとうございます。

郵送差入していただいた三冊を金曜夜から土・日曜にゆっくりと読むつもりでいて、その前の金曜朝に執行されて未読になったのでは悔しいので、早速2/木の夜から一冊ずつ昨夜(4/土)で読み終えました。今日からはあらためてじっくりと時間をかけて再読を楽しみたいと思っています。ありがとうございました。

何をしていても、ごく近付いた"執行"の事を考えてしまう中、気分を変えるために読む月刊小説誌の短い(連載ものが多い)小説とは違って、翻訳文庫本を読んでいる間だけは小説の中の世界に没頭することができ"自分の死について"を数時間忘れることができます。

昨年の夏・秋は集中豪雨で、この冬は寒波と大雪です。山形・新潟等で四メートルの積雪。日本海側各地で平年の三倍もの降雪、の報。

前に斉藤先生が取材された鴻之舞に住んでいた頃、夜中の降雪と吹き溜りで朝起きてみると二階の廊下と同じ高さまで雪があったことがありましたが、それで積雪一メートル位ですから、四メートルの積雪は北海道生れの私にもちょっと想像できない雪の量です。

2/3の未明、全国で観測史上最低気温を記録の報ですが、この寒波は日本だけのことではなくてヨーロッパでも降雪、マイナス30度以上の寒気で多数の死者がでるなど、世界中で異常気象の様相です。国土・耕作地の広さ、資源量などからすると日本の適正人口数は6,000万〜7,000万が限界なのだそうです。この150年位で日本の人口で約2倍、アフリカ・東南アジアなどでは四〜五倍の人口増加では、もうすでに地獄を食い潰す寸前なのかもしれません。

最近の新聞に載っている週刊誌の目次広告では、富士山麓で地下水が異常湧出、海底で新たな大断層発見、関東・東海・大阪が連動での大地震発生、M8〜M9の東京直下型巨大地震が四年以内に発生する確率70%、など賑々しいです。東日本地震の余震ならばまだしも、実際に繁発している地震が巨大地震発生の余震だとしたら、これはもう本当にヤバいそうですね!しかし、現状の日本からすると、巨大地震発生で人口の一割位が減り、東京を一から造り直す、位の方が長い先までの日本を考えると良い結果になるかもしれません。などとは近々に死ぬ事が確実な人間の無責任極まる方言でした。失礼致しました。
なかなかペンが進まずにいましたが比へは"土壇場にきてジタバタするのはみっともないし、未練がましいので"とラストレターを1/30(月)に出しました。トビーには"病気が重くなり、手紙も書く事ができなくなった"とでもレビーが上手く話してくれるだろうと思っています。いよいよ二月も二週目です。本当に何をしていても"死"について考えてしまう日々ですがその時の覚悟はできているつもりです。

インフルエンザの流行が報じられ、当所も全んどの職員がマスク着用で勤務するようになり、周囲の独房から収容者のセキがよく聞こえます。立春がすぎましたが、来週後半からは再び寒波が厳しくなるそうです。

種々と難事多いこの時期はお仕事もご多忙な毎日の事と思いますが、呉々も体調万全にご注意下さい。

いつも変わらないご高誼を続けて下さり心から感謝を申し上げます。
ほんとうにありがとうございます。

ニ○一ニ年二月五日
小田島 鐵男 拝

比嘉健二様

|

« おとうさん げんきでね | トップページ | 2012年2月死刑囚小田島鐵男面会レポート »

コメント

犯罪を犯していないだけでクズはごまんといる。
このブログのコメントに死ねやら書いてる奴も殺人者となんらかわりはないよ。むしろタチ悪いわ。

投稿: アーミー | 2012年4月 1日 (日) 09時14分

反省して謝罪して、執行しても許せないなら墓荒らしでもしますか?ほかの文面見ても克さんはすっかり楽しんでいますね!私はバリバリ死刑賛成です。死んだ後の心の中の対応の違いだから、私とあなたはあまり変わらないのでは。人は誰でも小田島になりうる。人をチキン野郎と書いたあなたは、他人をかえりみない行為をした点で、奴と同じで薄汚いよ。

投稿: テツロー | 2012年3月25日 (日) 08時32分

テツローの考えは、チキン野郎の考え方だ。

投稿: 克 | 2012年3月24日 (土) 09時53分

私は、終身刑イコール殺人犯を許していると思います。死刑制度の目的が何にあるにせよ、彼らは死を持って償うしかないのではないでしょうか?労役と言っても、終身刑でかかる税金の増加は賄えないはずです。日本は、死刑囚を人間として扱い、彼らに反省を促し、真人間に戻る時間を与えています。私はこれには賛成です。本来なら、基本的人権を踏みにじった彼らは、憲法の保証の枠外におかれても致し方ないのにです。謝罪と執行により彼らは大いなる命に帰っていくのだと思います。この考え方すら、ご遺族の方には受け入れていただけないかもしれません。

投稿: テツロー | 2012年3月15日 (木) 12時24分

はやく処刑して地獄に送ってあげてください。

投稿: 名無し | 2012年3月14日 (水) 22時44分

最近非常に驚いたのは、温厚な人だとお見受けしていたけ

ど「死刑にしなければ、やられた人はやられ損・・・」密

かに秘めたる闘志を燃やしていた。

投稿:  雲に乗った旅人 | 2012年2月25日 (土) 13時49分

Aさん同感です。

投稿: アベンジャー | 2012年2月24日 (金) 19時47分

私はどちらかというと死刑反対です。
殺人者は許せませんが、死刑にするぐらいなら仮釈放を認めない無期懲役(死刑の代わりに終身刑を採用すべきと思います)とし少しでも労役分を少しでも国庫に納付させるべきです。

被害者遺族の立場になれという人がよくいますが、死刑はそもそも被害者のため及び被害者遺族のためではなく、犯罪者に対する威嚇の為、または再犯防止の為です。

被害者遺族のために死刑を実行するとなれば、それは仇討ちを認めるようなもので明らかに憲法違反です。

投稿: そもそも | 2012年2月24日 (金) 16時50分

小田島を擁護したり同情的な事を言ってる人がいますが、冗談じゃない。
生まれや育ちなんて関係無い。
刑務所を出たり入ったりしながらも更正し妻や子供の成長を見ながら平凡でも幸せな人生が送れて、最後は家族に看取られながら人生を終えられるかもしれないチャンスをテメーでぶち壊した訳ですから。

それに反省も改心もせず、悪人のまま死んで行く事が小田島流の贖罪だ等と綺麗事言ってる方が居られますが、小田島流の馬鹿思考だと思います。

被害者は何の関わりの無い鬼畜共に計り知れない苦しみや痛みを与えられ人生を奪われたんです、遊ぶ金欲しさに鬼畜共は軽い気持ちで4人の命を奪ったんです。
遺族なら毎日今日か明日かと気が狂いそうになりながら現実に有る死刑に怯え苦しみながら、後悔し反省し無慈悲に奪った命の重さを思い知りながら痛みと苦しみの中で、もがき苦しみ死んで欲しいと思うのが普通だと思います。
奪った命と遺族や親しかった友人達の苦しみを背負って死んで行け。

投稿: A | 2012年2月24日 (金) 02時26分

はっ? 死ぬのが怖い? 殺された人の思いや遺族の方の思い考えたら貴方 怖いって思っていても 文面に書いたらあかん 人を殺めて今更 命乞いかい ふざくんな 生い立ちなど 関係ないし 次らしいね アナタの首吊り

投稿: くみ | 2012年2月23日 (木) 23時11分

生い立ちが不幸なら、人を4人も殺しても仕方がないという事なのでしょうか?被害者の方には、何も関係のない事です。
そんな事で自分や家族や大切な人が殺されてはたまりません!

投稿: トーマス | 2012年2月23日 (木) 14時38分

初めまして。
以前にBukkumaーkuしていた事をすっかり忘れ整理をしていて発見しブログを拝見させて頂き、コメントをさせて頂きました。
否定派・肯定派など様々な意見があると思いますが、どちらも正しく、又間違っていると思います。その人物の背景や環境で様々な要因や結果が生まれます。
これは、その時の時代だったり国などで大きく変わり、不変的なものではないのです。
よってその時間・国での出来事や判断は、瞬間は正しいが、過去では間違いである。
要は、解決しないということです。
ま、飽くまで持論ですけど考える事は大事で、何も考えない・やらないでは何も生み出せませんので、そういった意味では、このブログはそれぞれが考えるキッカケとして考えさせられました。

投稿: 傍観者 | 2012年2月23日 (木) 04時09分

小田島さんの年表を拝見させていただきました。
貴方は不幸な環境の中で少年期を過ごされています。
それでいて、今日まで生きてこられたのですから、そういった意味では本当に立派!
私など小田島さんのような環境の中で育っていたらとても成人まで生きられなかっただろうから。

「生い立ちは不幸でも立派に成人している人がいる」などといった強者の論理を吠える人がいますが、世の中そんな強い人ばかりではありません。

投稿: | 2012年2月21日 (火) 17時01分

小田島さんへ
人間は生まれた時点で誰しも死という宿命を背負っています。毎日、一歩ずつ死へと近づいています。
でも、それは考えないほうがいい。
「翻訳文庫本を読んでいる間だけは小説の中の世界に没頭することができ、自分の死についてを数時間忘れることができる」ベターです。そういった時間をどんどん作りましょう。拘置所といった限られた空間ですが、可能な限り前向きに過ごしましょう。
インフルエンザが流行していまのでくれぐれも風邪などひきませんように。
寒い季節もあと少し、もうすぐ来る春までのりきりましょう。

投稿: | 2012年2月20日 (月) 19時35分


もうコメント書くのダルなってきた。毎回同じやし。何を書こうがもう伝わりません。マニーパッキャッオの次回防衛戦決まりました。(早くフロイド・メイウェザーJrとやって欲しい)次回の試合結果が聞けたらええね。

投稿: アベンジャー | 2012年2月20日 (月) 04時41分

反省しろ!謝罪しろ。
死ね

投稿: sへ | 2012年2月18日 (土) 23時02分

早く吊れ

投稿: | 2012年2月18日 (土) 00時36分

毎回、小田島さんの文章を拝見して思うのですが…

前回の、姉妹の事件についての思いにしてもそうですが
これだけの文章を書ける方が、なぜ4人も殺してしまったのかと思うと…
信じられない部分と、本当に残念でなりません。

私は死刑肯定者ですが
小田島さん以外にも何人か、
死刑になってほしくなかったと思う方がいます。

死刑囚を増やす以前に、死刑になる人間が
これ以上増えない社会であってほしいです。

投稿: 永遠の海★+゚ | 2012年2月17日 (金) 17時26分

ブログなんだから誰がなんていおうが勝手だろうが。なんのためのブログなんだよ。いいかげんな事いうなよ!このクソヤローが!じゃあお前はなんの為にコメントを寄せてんだよ !もっとまともな事言えよ。

投稿: | 2012年2月17日 (金) 15時34分

追記です。

現在私にも家族がいます。

でも25年前のあのときから、私は好奇の目にさらされ、差別を受けてきました。

結婚の際には「親が殺された”普通じゃない家庭”に育った娘とは結婚するな」と相手側の両親に言われました。

就職も難しくなりました。

そして今、成人した我が子に「お爺ちゃんの本当の死因は何なの?」と聞かれ、正直に答えると
「私は”普通の家庭”の血筋では無いんだね・・・」と言われてしまいました。

殺害された原因は「逆恨み」によるものでした。


被害者遺族も差別を受けるんですよ、一生。

ご存知でしたか?
小田島を擁護している方々。

投稿: 犯罪被害者 | 2012年2月17日 (金) 08時31分

被害者の感情を知りたいとのコメントがあったので、
12月の記事に投稿した私のコメントを転記します。


ここに書き込んでいる死刑廃止論者や小田島に励ましの書き込みをしている方に訊きたい。


私は家族を殺された。25年たっても忘れる事が出来ない。
なのに、犯人は刑期を終え、社会に出ている。
子供もいる、家族もいる、楽しい事もある、笑う事が出来る日常に帰っている。
それで、法的にはもう罪は償っている。
それは仕方ない、法治国家なんだから。

でも被害者遺族は、殺された悲しみを死ぬまで背負っていかなくてはいけない。

この男は私利私欲の為に4人の命を奪った人間だ。
殺された方の遺族は何人に及ぶかわからないが、
私のような苦しみを、4人の御遺族は一生背負わなければならない。

死刑執行の間、この男は家族の事、本の事、世の中の事に関心を持っている。いや、持つ事が出来ている。
殺された人間は、もうそんなことも出来ない。
遺族は分かち合う事も出来ない。

死刑囚に同情は必要ない。

そしてこんな男の腹立たしい手紙を本にし、また遺族も見る可能性のあるネットでブログと言う形で後悔する管理人も異常だ。

投稿: 犯罪被害者 | 2012年2月17日 (金) 08時04分

早く死刑囚全員が、吊るされます様に。

投稿: | 2012年2月17日 (金) 04時13分

小田島さんの日記やお手紙の中は
感情的なものと抑え、終始 
冷静な、記録のような感じを受ける。

その行間から伺えるものを私たちのような
読者がそれぞれ感じるしかないだろう。

「反省しろ。謝罪しろ。」または、「死ね。」

それはご遺族がいう事であると
私は思う。

次元が違うが差別に似ている。
中世の死刑見物者の罵詈雑言の恐ろしさを感じる


その声が大きいと 私は 罪を犯さず狡猾に
動き回る人間がいるということも 心の醜い人間が
いることも知っているはずなのに、なのに

なぜ 自分には直接被害を与えられてない人間を
殺せ殺せといえるのかと思うのだ。

思うに、こうした死刑囚側のブログだけでなく

被害者の、気持ちや被害者がどういう方だったのか。
正直知りたい。


誰しも一歩間違えば人生の中で
犯罪に巻き込まれたり、もしかしたら犯罪者になるかもしれない

 絶対に私は人を殺さない。と思うが、

絶対 ってあるんだろうか。

小田島さんは、殺意があったのだろうが、彼は彼なりの
反省というか、償いをしているのではないかとおもう。

再三、自分が死刑にされたとしてもご遺族の気持ちは
救われない。しかも自分が改悛して心安らかになって
死んだとなれば、もっとご遺族に対して申し訳ないだろう

と書いている。ということは。彼は彼なりの贖罪をしているのだろう。

いつお迎えがくるかもしれない日々の中で。


死刑は正直残酷だと思う。でも同時に 死刑しかない!という

極悪人もいる。

ただ、小田島という死刑囚もいた・・・・という事も
あるんでしょう。


でも、極悪人と感じる人間が、無期懲役になったりしているのも
おかしな話だとも思う。

支離滅裂な文章になってしまい申し訳ない。


投稿: s | 2012年2月16日 (木) 00時51分

>しかし、現状の日本からすると、巨大地震発生で人口の一割位が減り、東京を一から造り直す、位の方が長い先までの日本を考えると良い結果になるかもしれません。

馬鹿としか言いようがない。
今の日本をダメにした政治家や犯罪人が死ぬならまだしも、一般の、普通の、罪のない方達が大勢犠牲になる訳だろうが!

本当にどうしようもない奴だ。

一刻も早く死刑執行を!!

投稿: 犯罪被害者 | 2012年2月15日 (水) 15時10分

トビー君に事実が、伝わる時が遅かれ早かれ来ると感じる。未来のトビー青年は、日本の死刑囚の中から、自分の父親の写真を見る事になると思う。
トビー君は、一生涯、日本に立ち入らず。フィリピンの一般人として、生きたら良いと思う。
日本人として、生きると殺人犯の息子として、差別を受けると思う。

投稿: | 2012年2月15日 (水) 02時48分

語弊があるかもしれませんが死刑囚のことを本やインターネットで見聞きしていると社会問題になっている年長フリーターと重なる感じがします。社会で一人前に生活していく資質が元々ある又は年月を経て備わったのに再帰するチャンスが見込めないという意味でです。小田島の読書家ぶりをこのブログで見てると凶悪犯のイメージがなくて、平凡に暮らしながら読書に勤しむ人生を送れる人なのではないかと思い、勿体ないというか人生皮肉なものだと思います。年長フリーターの人の中にも大変な難関資格を所持していたり好人物だったりする人がけっこういるのです。

投稿: 食費 | 2012年2月14日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/44115175

この記事へのトラックバック一覧です: "死"がつきまとう:

« おとうさん げんきでね | トップページ | 2012年2月死刑囚小田島鐵男面会レポート »