« イランが「米CIAスパイ」に死刑判決、両国関係さらに悪化も | トップページ | 連続不審死初公判 裁判員「週4」 証人尋問63人 異例ずくめ »

2012年1月10日 (火)

木嶋被告側「事故死や自殺」 3人死亡の経緯共通も物証乏しく 連続不審死初公判

産経新聞 1月10日(火)14時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120110-00000550-san-soci

 「今夜から2泊3日の婚前旅行に行きます」-。平成21年8月5日夜、自身のブログにこう書き残した東京都千代田区の会社員、大出嘉之さん=当時(41)=は翌6日、埼玉県富士見市の駐車場に止めてあった車の中から、遺体となって見つかった。

 埼玉県警は、大出さんに自殺する動機がないことや、車内に車の鍵がないなどの不審点が現場に多くあったことから、殺人の疑いもあるとみて捜査。その結果、大出さんが結婚紹介サイトを通じて知り合い、交際していた木嶋佳苗被告(37)が捜査線上に浮上した。

 さらに、以前、木嶋被告と交際関係にあった東京都青梅市の会社員、寺田隆夫さん=当時(53)=や千葉県野田市の無職、安藤建三さん=同(80)=も、自宅で不審な死を遂げていたことも発覚。埼玉県警と警視庁、千葉県警が殺人容疑で逮捕した。

 3人には、(1)結婚紹介サイトを通じて木嶋被告と知り合った(2)死亡前後に木嶋被告が多額の現金を受け取っている(3)練炭による一酸化炭素中毒で死亡した-など、多くの共通点があった。検察側は、木嶋被告が結婚をほのめかして多額の現金をだまし取ったが、返済を迫られたため、練炭自殺を装って殺害したという構図を描く。

 しかし、木嶋被告は殺人容疑で逮捕された後に黙秘を貫いている。その上、いずれの事件でも物証は乏しく、寺田さんに関しては自殺と判断され、司法解剖がされていない。検察側の立証は困難を極めるが、木嶋被告が処方されていたのと同種の成分の睡眠剤が大出さんや安藤さんの遺体から検出されたことなど、状況証拠を積み重ねて「犯行をなし得たのは木嶋被告以外ありえない」と立証していく方針だ。

 一方、弁護側は、3人の死はいずれも「事故死や自殺だった可能性がある」として、殺人事件に関して無罪を主張するとみられる。

 今回の裁判では、検察側と弁護側が全面的に争い、死刑求刑も想定される。裁判員には、厳しい判断が迫られる可能性もある。

|

« イランが「米CIAスパイ」に死刑判決、両国関係さらに悪化も | トップページ | 連続不審死初公判 裁判員「週4」 証人尋問63人 異例ずくめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/43721551

この記事へのトラックバック一覧です: 木嶋被告側「事故死や自殺」 3人死亡の経緯共通も物証乏しく 連続不審死初公判:

« イランが「米CIAスパイ」に死刑判決、両国関係さらに悪化も | トップページ | 連続不審死初公判 裁判員「週4」 証人尋問63人 異例ずくめ »