« 福岡一家4人殺害、死刑確定の中国人被告が「判決は当然、受け入れる」―中国メディア | トップページ | 新証拠の犬の毛鑑定書を採用「DNA型一致は100分の8」大阪・平野区母子殺害の差し戻し審 »

2011年11月 4日 (金)

フォーラム:「死刑」は必要? 岩国で6日 /山口

毎日新聞 11月4日(金)12時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111104-00000122-mailo-l35

 「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」が6日午後2時から、岩国市民会館小ホールで「平岡秀夫法相の地元で死刑について考えてみませんか! 死刑は本当に必要なのでしょうか?」と題した集会を開く。リレートークには、再審無罪を勝ち取った免田栄さんらが参加し、死刑制度の是非を話し合う。入場無料。
 集会では免田さんや、ジャーナリストの青木理さん、弁護士らが刑事司法の問題点などを語り、足利事件などの冤罪(えんざい)事件などについても紹介する。集会後には、平岡法相の地元事務所を訪れ、死刑の執行停止の要望書を提出する。
 問い合わせは、大月純子さん(090・7540・0332)。【大山典男】
〔山口東版〕

11月4日朝刊

|

« 福岡一家4人殺害、死刑確定の中国人被告が「判決は当然、受け入れる」―中国メディア | トップページ | 新証拠の犬の毛鑑定書を採用「DNA型一致は100分の8」大阪・平野区母子殺害の差し戻し審 »

コメント

ズバリ「死刑」は不要!
廃止すべきです。

投稿: | 2011年11月17日 (木) 21時48分

法律通り確定したら半年以内に粛々と執行が行われてるいるのなら、廃止や続行の議論がなされる事は良いと思うんだけど、今の現状だと廃止や続行の議論の意味がないと思う。

そもそも現在の様な、いつ死刑執行が行われるかわからない状態は被害者家族に失礼。
もっと言えば、死刑囚にも失礼。

死刑廃止になるのが、何年か先でも例え明日でも別に構わない。

但し、今は死刑確定から半年以内に執行命令をしろと法律として謳ってあるのだから守らないと。

冤罪??
そんなものはこんな状態だから生まれるのよ。
例えば和歌山カレー事件。
状況証拠だけで死刑確定。
もし日本がベルトコンベアー式の半年ルールを守ってる国ならば、多分、林真須美は死刑判決は受けずに無期懲役だったと思う。

要は落し所として生まれてしまった死刑判決。

今の現状である限り、林真須美の執行命令サインをする法務大臣は現れない。
執行案件にも上らないと思う。
林真須美は、このまま歳を重ね病死及び自然死するまで拘置所暮らし確定。

暗黙の了解と言うわけでは無いと思うが、終身刑の無い日本では死刑と言う名の終身刑となったとしか思えないが。。。


冤罪を無くす方法は、死刑執行を速やかに規則通り行われてる事が一番の方法だと思う。

裁く方も人間。しかも今は裁判員制度で一般人が裁いている。
ベルトコンベアー式に執行が行われているのなら、裁く方だって今以上の緊張感が生まれる。少しでも冤罪の匂いがすれば徹底的に審議だって行われる。それでも冤罪の匂いが消せないのなら、死刑判決を出さなければ良いだけの話。

投稿: ペロ | 2011年11月 8日 (火) 22時48分

 2009・7 25歳の若さで執行され驚愕しました
毎日執行があるのか気になる

女性が執行されたらと思うと、こわい

死刑を諸共せず確定を望む人は理解し難い

投稿: 希望ノアの方舟 | 2011年11月 7日 (月) 21時06分

死刑廃止と、堂々と、のたまう輩が、多々いるが 、加害者の関係係者かなにかか?変なカルト集団の一味か ?

投稿: | 2011年11月 6日 (日) 19時12分

「死刑」は不要です。
だから、国連も死刑廃止を求め、多くの国が死刑廃止へと向うのです。
地球が決めた「死刑廃止!」

投稿: | 2011年11月 5日 (土) 23時17分

 必要とか以前に、増え続ける死刑確定者がこわい

投稿:  知らない | 2011年11月 4日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/42850102

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム:「死刑」は必要? 岩国で6日 /山口:

« 福岡一家4人殺害、死刑確定の中国人被告が「判決は当然、受け入れる」―中国メディア | トップページ | 新証拠の犬の毛鑑定書を採用「DNA型一致は100分の8」大阪・平野区母子殺害の差し戻し審 »