« 新証拠の犬の毛鑑定書を採用「DNA型一致は100分の8」大阪・平野区母子殺害の差し戻し審 | トップページ | 黙秘方針で被告人質問は取り止め 平野母子殺害放火差し戻し審 »

2011年11月 5日 (土)

近隣とのトラブル、刑事事件に発展が相次ぐ

読売新聞 11月5日(土)22時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111105-00000815-yom-soci

 近隣のトラブルが刑事事件に発展するケースは後を絶たず、今月1日には、大阪府東大阪市のマンションで、住人の男が日頃から折り合いの悪かった向かいの女性を刺殺する事件があったばかりだ。

 騒音が原因になるケースも多い。昨年10月には大阪府吹田市のマンションで住民同士がけんかになり、無職男が同じ住人の男性を刺殺。川崎市でも2009年5月にアパートの隣室のドアの開閉音に不満を募らせた男が大家ら3人を刺殺し、死刑が確定した。01年3月には群馬県高崎市のアパートに住む男が、隣室の幼児の騒ぐ声がうるさいとして住人ら3人を包丁で刺して重軽傷を負わせた。
最終更新:11月5日(土)23時38分

|

« 新証拠の犬の毛鑑定書を採用「DNA型一致は100分の8」大阪・平野区母子殺害の差し戻し審 | トップページ | 黙秘方針で被告人質問は取り止め 平野母子殺害放火差し戻し審 »

コメント

俺なんか、家でドラムたたいてるもんなー。今度は、俺が殺されそうだな 、確かに人によっては、体調なり、なんらかの事情なりで、怒りが爆発するのは当たり前のこととおもう。音楽が、好きだから やめろといわれてもやるだろう。俺にとっても、リアルに、人ごとではない。

投稿: 騒音大魔人 | 2011年11月 9日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/42941120

この記事へのトラックバック一覧です: 近隣とのトラブル、刑事事件に発展が相次ぐ:

« 新証拠の犬の毛鑑定書を採用「DNA型一致は100分の8」大阪・平野区母子殺害の差し戻し審 | トップページ | 黙秘方針で被告人質問は取り止め 平野母子殺害放火差し戻し審 »