« 米大統領選、共和2強対決 激しい応酬を展開 | トップページ | 無差別刺傷で懲役3年6月=JR取手駅前事件―水戸地裁 »

2011年9月12日 (月)

デリー高裁爆弾テロ事件の手がかりなし:別組織が新たに犯行声明

インド新聞 9月12日(月)8時0分配
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000000-indonews-int

 死者13人を出したデリー高裁爆弾テロ事件は、事件翌日の8日も国立捜査局(NIA)などが捜査を行ったが、依然として犯人の手がかりがつかめていない。

 U・K・バンサル内務次官は8日の記者会見で、イスラム過激派組織インディアン・ムジャヒディン(IM)を名乗る犯行声明が8日、報道機関に送られたことを明らかにした。犯行声明は過去のテロ事件の犯人の死刑中止を求めており、要求が受け入れられない場合には13日にショッピング街でテロを行うと予告しているという。今回の犯行声明は、事件当日にバングラデシュを拠点とするイスラム過激派組織ハルカトゥル・ジハーディ・イスラミ(HuJI)を名乗る電子メールが報道機関に送られたのに続いて2件目。いずれも事件との実際の関わりは明らかになっていない。

 警察は8日、ジャンム・カシミール州キシュトワルで、事件当日に送られた犯行声明メールの発信に関係した疑いで5人を拘束、事情聴取を行っている。(9日付ザ・ヒンドゥー紙の1・10面、タイムズ・オブ・インディア紙の1・4・15面から)

09/09/2011

|

« 米大統領選、共和2強対決 激しい応酬を展開 | トップページ | 無差別刺傷で懲役3年6月=JR取手駅前事件―水戸地裁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41674954

この記事へのトラックバック一覧です: デリー高裁爆弾テロ事件の手がかりなし:別組織が新たに犯行声明:

« 米大統領選、共和2強対決 激しい応酬を展開 | トップページ | 無差別刺傷で懲役3年6月=JR取手駅前事件―水戸地裁 »