« 無差別刺傷で懲役3年6月=JR取手駅前事件―水戸地裁 | トップページ | <渋谷放火未遂>島野容疑者を鑑定留置へ 刑事責任能力調査 »

2011年9月12日 (月)

大牟田4人殺人上告審、元組長は死刑回避求める

読売新聞 9月12日(月)19時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000664-yom-soci

 福岡県大牟田市で2004年9月に起きた4人連続殺人事件で強盗殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元暴力団組長北村実雄(67)、長男孝(30)両被告の上告審弁論が12日、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)であった。

 実雄被告側は「心から反省しており、死刑は重すぎる」と刑を軽くするよう求め、孝被告側は「殺害には関与していない」などと無罪を主張した。

 これに対し、検察側は、「責任は重大で更生の可能性はない」と述べ、いずれも死刑が相当だと反論した。判決期日は後日指定される。

|

« 無差別刺傷で懲役3年6月=JR取手駅前事件―水戸地裁 | トップページ | <渋谷放火未遂>島野容疑者を鑑定留置へ 刑事責任能力調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41674895

この記事へのトラックバック一覧です: 大牟田4人殺人上告審、元組長は死刑回避求める:

« 無差別刺傷で懲役3年6月=JR取手駅前事件―水戸地裁 | トップページ | <渋谷放火未遂>島野容疑者を鑑定留置へ 刑事責任能力調査 »