« <米国>有名死刑囚に刑執行 一貫し冤罪訴え、国内外で批判 | トップページ | 死刑囚の「最後の晩餐」、メニュー要望の聞き入れ中止 »

2011年9月22日 (木)

力の源

拝啓 先日13/火は例年になく残暑が厳しい中にもかかわらずお2人揃って面会に来て下さり、ありがとうございました。

差入の月刊小説誌2冊は15/木午後手元に届きました。今週、来週と3連休が続きますのでじっくり読ませていただきます。ありがとうございました。又近日中に翻訳文庫本を送付して下さるとの由、楽しみにしております。本当にいつもありがとうございます。

面会でお会いした比嘉さんの顔がすごく日焼けしていましたので少し驚きましたが、お盆の連休中にどこか日焼けする所へ旅行されたのでしょうか?私は面会の13/火午前に定期(毎年3、9月)転室があり、これまでは反対側だったのが今回は同じ並びに転室しました。棟の中央から端へ移りましたので今度は室内に全く日差しが入りません。夕陽が入らず残暑のこの時期は良いのですが、寒くなると参りそうです。

暑さの中、汗まみれで作業をしていると一瞬意識が飛びそうになることがあります。そんなときにはTobyの写真を見て気持ちをあらためて作業を再開します。過日読んだ本の一文に"子供の頃の楽しい思い出は、大人になってからの不幸や苦悩をのり越える力の源になる"とありました。ならば、父親がいないジャピーノとして生活環境の厳しい比で生きていくTobyに、せめて今だけでも誕生日やXマスを少しでも楽しいものにしてやりたいと希い、汗だくで作業をしながらTobyの笑顔を思っているときと、読書が現在の私の一番至福の時間です。汗をかかずに座布団に坐って作業ができるようになるのは日中の最高気温が20度以下になってからのことだと思います。

|

« <米国>有名死刑囚に刑執行 一貫し冤罪訴え、国内外で批判 | トップページ | 死刑囚の「最後の晩餐」、メニュー要望の聞き入れ中止 »

コメント

拘置所の中で真面目に作業して、お金の計算もできるなら、なんで、シャバで、真面目にやらないんだよ、人の金を盗んで、人を殺して、これから先の金の計算なんか、してんじゃねーよ!
それに、あなたには、これから先、金なんか必要ないでしょ、死刑なんだから、お菓子や、物品購入なんて、する資格は、あんたには、ないんだよ、生きてるだけ税金の無駄だよ、早く地獄へ旅立ちなさい。
地獄に行っても、あなたには、苦しい生活、償いの生活が待ってるはずです。

投稿: つかさ | 2011年12月 2日 (金) 21時44分

冠さんへ コメント読んでいただきありがとうございます。同感です。ある意味賢い性格の小田島がフィリピンの子供を実の子だと確信しているのにも疑問があって。普通は疑うと思うんですがすんなりと受け入れた事も謎なんです。小田島の性格は理解不能な部分が多すぎて。

投稿: 元風俗嬢 | 2011年10月24日 (月) 13時07分

Sさんに同感です。

投稿: | 2011年9月29日 (木) 04時55分

元風俗嬢さんへ。私も犯罪者の生まれてくる環境、育つ環境などで人は犯罪に至るのかどうか考えています。ただ私は小田島は犯罪史上稀にみるモンスターであると思っています。
宅間守も宮崎勤もモンスターと言えばモンスターですが、小田島はまともな頭をもちながら犯罪を繰り返し、強奪した金で免許を取ったり子供を作ったりし、その上で自分の子供の行く末を案じる訳のわからない人間です。おそらく育ってきた環境の中で特別大切な人も無く、誰からも必要とされず、私利私欲のみ求めて生きてきたのでしょう。しかし、不幸な生い立ちの人はゴマンといます。小田島がモンスターになってしまったのは小田島自身の性格によるものではないでしょうか?例え裕福な環境で育っても多分どれだけ金があっても満たされず、同じような事をしていたのではないでしょうか。かつての死刑囚に勝田清孝というモンスターがいました。小田島は彼と同じくくりのような気がします。

投稿: 冠 | 2011年9月29日 (木) 04時26分

 凍え死んでおしまい
死刑囚ゼロにする 税金が安くなり、高級パンツをはく

投稿:  バスタオル新しくする | 2011年9月28日 (水) 11時15分

小田島死刑囚が、もし裕福な家に生まれていたら…裕福とはいわなくても普通の家に生まれていたらどんな人生だったのだろうか?
お金に関係なく平凡な暮らしに耐えられる性格だったのかとふと思った。

投稿: 元風俗嬢 | 2011年9月28日 (水) 01時33分

実際さ人間であれば暑かったり寒かったり感じたりして言葉にも出るけど、彼がそれを言葉にしてはいけなくはないが、やはり自分が何でそこにいるのか、何で死刑になるのか?など考えてるようには、このブログでは感じられません。被害者の事や被害者遺族の事は、どう思ってるのか私は知りたいです。いつもフィリピンの事への思いばかりですよね。そこを聞いていただきたいと思いますが・・・。死刑囚ブログなんて、なかなか読めないと思い今まで閲覧して来ましたが、いったいこのブログは何を伝えたいのか主旨がわからなくなりました。

投稿: S | 2011年9月27日 (火) 23時26分

 御陀仏はたくさん本を読む 苦手だから、試写会へ行って来る予定

投稿: 生きてるかァ? | 2011年9月26日 (月) 20時28分

何か最近もう皆飽きてきてるんだろうなあ。
特に変化も無いし、この死刑囚の言ってる事は身勝手な事、自分の事ばっかだし。

投稿: | 2011年9月26日 (月) 16時15分

そもそも、Toby某が小田島の本当の倅かどうかは不明だが、(こういう形でホステスからカネを引っ張られてる男は多い)。願わくはT某が小田島の本当の息子だとしたら、父親が救いようのない極悪人ということを知らずに、貧しくとも全うに生きてほしい。

しかし、死刑囚からもカネを引っ張り続ける比女にも甚だ恐れ入る。

投稿: 短吉 | 2011年9月23日 (金) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41920381

この記事へのトラックバック一覧です: 力の源:

« <米国>有名死刑囚に刑執行 一貫し冤罪訴え、国内外で批判 | トップページ | 死刑囚の「最後の晩餐」、メニュー要望の聞き入れ中止 »