« 福岡・大牟田の4人殺人、10月3日最高裁判決 | トップページ | 居場所を失った改宗者「善と悪の国際的戦場に」 »

2011年9月16日 (金)

元オウム真理教幹部 中川被告側、死刑回避主張 最高裁で弁論

産経新聞 9月16日(金)19時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110916-00000600-san-soci

 地下鉄、松本両サリン事件や、坂本堤弁護士一家殺害事件など計11事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑とされた元オウム真理教幹部、中川智正被告(48)の上告審弁論が16日、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)で開かれた。弁護側は死刑回避、検察側は上告棄却を求めた。判決期日は後日指定される。

 弁論で弁護側は死刑を残虐な刑罰で違憲とした上で、「中川被告はさまざまな異常体験を経験し、精神疾患が犯行に影響した」と完全責任能力を否定。検察側は「当然に死刑を選択すべき事案」とした。

|

« 福岡・大牟田の4人殺人、10月3日最高裁判決 | トップページ | 居場所を失った改宗者「善と悪の国際的戦場に」 »

コメント

誤解しないで下さい。

私はオウム真理教などまったく興味ありませんし許せません。

坂本弁護士一家や事件にかかわり亡くなられた方には哀悼の意を申し上げます。
しかしこの中川死刑囚関連の話を読むとやはり組織の巻き添えになったと私は思います。私は中川死刑囚は一生償って(無期)と思います。

投稿: ヘルキャット | 2011年9月22日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41882966

この記事へのトラックバック一覧です: 元オウム真理教幹部 中川被告側、死刑回避主張 最高裁で弁論:

« 福岡・大牟田の4人殺人、10月3日最高裁判決 | トップページ | 居場所を失った改宗者「善と悪の国際的戦場に」 »