« 無罪主張の黒人、死刑執行=元大統領停止要請も届かず―米南部 | トップページ | 力の源 »

2011年9月22日 (木)

<米国>有名死刑囚に刑執行 一貫し冤罪訴え、国内外で批判

毎日新聞 9月22日(木)18時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110922-00000063-mai-int

 米南部ジョージア州で21日深夜、米国で最も有名な死刑囚の一人だった黒人男性、トロイ・デービス死刑囚(42)に対する死刑が執行された。事件発生以来、一貫して冤罪(えんざい)を訴え、無実の可能性が指摘される中での刑執行に、国内外から批判や反発が強まっている。

 デービス死刑囚は89年8月、同州サバナのファストフード店の駐車場で、白人の男性警官を射殺した疑いで逮捕された。同州には公的弁護制度がなく、デービス死刑囚は弁護士なしで出廷し、死刑判決を受けた。

 ところがその後、支援団体の調査などで、当時の現場は暗く、犯行目撃が難しかったことなどが明らかになり、目撃者9人のうち7人が証言を変えたり撤回したりした。ロイター通信によると、警察の証言強要を訴える目撃者もおり、デービス死刑囚の犯行を裏付ける物的証拠はない。

 刑執行日はこれまでに3度設定されたが、カーター元大統領やローマ法王ベネディクト16世、南アフリカのツツ元大主教ら国際的な著名人や、米国の黒人団体を中心に多くの市民団体が反対、執行が延期されてきた。連邦最高裁は09年、公判やり直しを命じたが、地裁は翌10年、「評決を覆す必要はない」と、退けた。

 AP通信などによると、21日には同州刑務所前に市民ら約700人が集結し、執行反対の声を上げたほか、首都ワシントンやフランス・パリでも反対集会が開かれた。100万人の署名を集めた国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)のメンバーは「ジョージア州は、政府の生殺与奪権が信用できないことをまさに示している」と評した。

 連邦最高裁は21日深夜、弁護側の死刑執行停止請求を棄却。米メディアによると、デービス死刑囚は執行直前、立ち会った被害者家族に対し「事件は私のせいではない。私は銃を持っていなかったし、殺していない。私は無実だ」と述べたという。その後、薬物注射によって死刑が執行された。弁護士は「今夜、ジョージア州は無実の男性をリンチ(私刑)した」と批判した。【服部正法、ニューヨーク山科武司】

|

« 無罪主張の黒人、死刑執行=元大統領停止要請も届かず―米南部 | トップページ | 力の源 »

コメント

日本でも、飯塚事件の無実の犯人とされた人がコロされましたからね。

当時法務大臣だった森英介に。本当にヒドイ話。  

さっさと日本も死刑を廃止しろよ、と言わざるを得ないですね。

投稿: 天国猫 | 2011年10月29日 (土) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41920647

この記事へのトラックバック一覧です: <米国>有名死刑囚に刑執行 一貫し冤罪訴え、国内外で批判:

« 無罪主張の黒人、死刑執行=元大統領停止要請も届かず―米南部 | トップページ | 力の源 »