« 刑事責任追求の可能性…燃料切れ機に航路譲らなかった中国機機長 | トップページ | 中国移動四川董事長の収賄事件、一審で死刑・執行猶予 »

2011年8月30日 (火)

伊勢在住若手ミステリー作家・大門剛明さん、地元タウン誌にミステリー連載 /三重

みんなの経済新聞ネットワーク 8月30日(火)15時42分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110830-00000040-minkei-l24

 伊勢市在住の若手ミステリー作家大門剛明(だいもんたけあき)さんが、ゼロ(御薗町)が発行するタウン誌「月刊Simple(しんぷる)」で短編ミステリー「ねこ弁 あしながおじさん」の連載を開始した。(伊勢志摩経済新聞)

【画像】 「月刊Simple」9月号に大門剛明さんのミステリーが連載

 大門さんは、2009年に死刑制度とえん罪をテーマにした「雪冤(せつえん)」(角川書店)を発表し、「第29回横溝正史ミステリー大賞」と「テレビ東京賞」を受賞。同作品は昨年、テレビ東京、BSジャパンでドラマ化された。その後、「罪火(ざいか)」「確信犯」(同)「告解者」「共同正犯」などを発表、7月23日出版の新作「ボーダー・負け弁・深町代言」(中央公論新社)では、伊勢を舞台にストーリーが展開する作品を出したばかり。

 同誌での連載について、大門さんは「飲食店などを紹介するタウン誌ということもあり、あまり題材が重くならないように、軽く読めるものを――と思い『ねこ弁』を書いた。1話が2~3回で完結する短編ストーリー」と話す。今回は津に事務所を持つ弁護士が、依頼人の住む大紀町錦のアパートを訪ねるという設定で物語が始まる。

 「次回で『ねこ弁』の意味など全てが解き明かされる。どこまで続くか?まだまだ分からないが今後、読者の感想やリクエストなどをうかがいながらストーリーを考えていきたい」(大門さん)とも。

 同誌は三重県内の主要書店、コンビニで購入できる。

|

« 刑事責任追求の可能性…燃料切れ機に航路譲らなかった中国機機長 | トップページ | 中国移動四川董事長の収賄事件、一審で死刑・執行猶予 »

コメント

新作の最後はイマイチだが来年こそ期待できる!

『海のイカロス』という新作がこの間出ましたね。
さっそく読みましたけど、すごい新鮮な展開でした。
主人公が移り変わるなんてちょっとびっくりなんです!

大門さんの小説の感想記事をいろいろ読んでいたんですが、
http://www.birthday-energy.co.jp/
ってサイトで、事細かに書いてあるのを見つけました。

大門さんを解説する記事って、珍しいと思います!!。

投稿: おしげ | 2013年6月10日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41503516

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢在住若手ミステリー作家・大門剛明さん、地元タウン誌にミステリー連載 /三重:

« 刑事責任追求の可能性…燃料切れ機に航路譲らなかった中国機機長 | トップページ | 中国移動四川董事長の収賄事件、一審で死刑・執行猶予 »