« 中国移動四川董事長の収賄事件、一審で死刑・執行猶予 | トップページ | <渋谷・殺人未遂>「死刑になりたかった」複数の凶器所持 »

2011年8月31日 (水)

お盆の連休中

拝復
19/金の午前中にお手紙が届き大変嬉しく拝読致しました。そして午後に文庫本3冊が手元に届きました。本当にありがとうございました。

比嘉さん、お盆休みはゆっくりできましたか?

私は盆の連休中に官本で
「新潮日本文学50松本清張集」を読みました。
小さな字の2段組み、650頁超の厚い本で、

"点と線、ゼロの焦点、西郷札、或る「小倉日記」伝、菊枕、火の記憶、断碑、腹中の敵、張込み、甲府在番、1年半待て、光悦、ある小官僚の抹殺、装飾評伝、陸行水行、革命を売る男、石田検事の怪死。"収録の作品中には以前に読んだ小説もありますが、読み応え十分でした。

清張の小さな文字で目が疲れた時、15~30分位ずつ読み継いだ他の本に
"政府と一般庶民とのつながりは、如何に美句麗句で飾ろうが征服者と被征服者との関係から離れることはできない。政治は常に人々の幸福の増進と人間解放を大義名分としながら、真に民衆がそれを自分で追求しはじめれば、必ず弾圧するものである。国家の名による正義や人道的、道義的な行為には必ず裏がある。どのような国家にも真の正義はありえない。これは古代から現在にいたるも同じで、本当の意味での主権在民の国家などはない。いつの時代、どのような国家も民を搾取することでしかなりたたないのが国の正体である。政府は必ず庶民を使役し、庶民から奪い、庶民に服従を強要する。いかなる時代、いかなる国、いかなる人物によっても、政府とはつねにそういったものである。強者と弱者、治者と被治者という対立は、その方法、形が変わることはあっても永遠に続くものだ。

博愛思想や道義精神、人間的理性などによっても、とうてい克服することはできない。しょせんは適者生存弱肉強食が人間動物に限らず生物全般の定理だということを考えれば、人間だけが、政権が変わり法律が変わろうと、絶対的な幸せとか満足や平等なんてことがあり得ないことだということがわかる。"
の一文を読み、自分が生れ、生きてきたこの時代、国を考え、近々に迎える自分の執行死について種々と考えることが多い、連休でした。

18/木に東京都心36.1度の今夏最高気温を記録しましたが、翌19日の午後から急に涼しくなり、20/土、21/日と気温が下りひと息つきました。秋に突入ーーといけば良いのですが。予報では月曜から再び暑くなりそうで、9月は残暑が厳しくなるそうです。節電一色のキャンペーンが続く中、社会では大変な様ですが、先日の電力各社の決算発表に"節電がすすみ、売電の収益が予想以上に低下して業績に影響"とはまったくお笑いですね。電力各社、経産業界、マスコミ、政府が一斉に口を揃えての節電キャンペーンは勿論、原発の再稼働の必要性と原発推進のためのデモにすぎません。

やっと今頃になって、東電と政府は核燃料がメルトダウンメルトスルーをした3/15に大量の放射能物質が拡散した事実を小出しに公表し始めました。

原爆投下後66年経った現在も毎年、広島で5,000人超、長崎で2,000人弱の人が放射能汚染の後遺症で死亡し続けていることや、露・チェルノブイリ事故の後現在も汚染の後遺症による死亡、異常児の出産が続いていることからしても、福島原発事故の汚染問題は、10年、20年後とこの後長い間続くこと確実でしょう。炉の圧力容器外で溶融して固まった核燃料を回収して安全な容器に収納するまでには、この先まだひと波乱あること必至では?汚染水の処理だけでも完了できれば良い方で、結局東電では手に負えず事故処理は米・仏の専門チームに任せることになるのではないかと予測しています。

|

« 中国移動四川董事長の収賄事件、一審で死刑・執行猶予 | トップページ | <渋谷・殺人未遂>「死刑になりたかった」複数の凶器所持 »

コメント

 急な雷雨にびしょ濡れになった甦る匂いに靴を捨てた
踝に謎の物体が点々と生えた
パンツの浸みが取れず棄てた 
タオル一面に黒いカビらしきものが点々と付着している御陀仏は送金して凄い
新しいパンツがほしい  

投稿: 御陀仏へ | 2011年9月17日 (土) 22時19分

 自転車発電を死刑囚全員で拘置所の分をやるといい

投稿:  節 電 | 2011年9月 7日 (水) 18時50分

おう!小田島!相変わらずの屁理屈連発やな!ドス黒いヤツにきれい事は居らんのや!俺は最後まで悪人を貫き通す、そう言うてたやないか!忘れとらんぞ!なら、屁理屈ぬかすのやめんかい!アホンダラァーッ!

投稿: 神宮雅枝 | 2011年9月 6日 (火) 10時35分

まだ執行ないかもよ?またまた職務放棄の法相で死刑についてお勉強するんですって・・・。

投稿: S | 2011年9月 3日 (土) 16時35分

いいですね
本たくさん読めて 死刑囚って 本当に楽そうに生活してるんですね 人の税金で だから 死刑になりたいと 言い 人を殺める事件が起こるんですね
今度の法務大臣の方も 執行はしないでしょう
法務大臣の意味ないですよね

投稿: あい | 2011年9月 2日 (金) 22時29分

今年、私はお盆休みがありませんでした。本屋まわりが好きでまとめて買ったりするのですが読む暇がありません。死刑囚だからノンビリ読書するなとは言いませんが、明らかに懲役囚と比べて待遇が優遇されています。死刑囚とは懲役囚と比べて明らかに重たい罪を犯した犯罪者です。もし死刑が廃止され、現行の死刑囚が懲役囚となった場合、今までの待遇はただの得でしかありません。死刑囚には死刑囚の不満があるのは人間だから仕方ないとは思います。しかし、小田島が批判する原発事故も起こしたくて起こした関係者はいないし、一生懸命これ以上悪くならない努力をしています。批判講釈は子供でもできます。小田島。一度くらい世の中の為、社会の利益になった事があるのか?自分の営利しか考えないから今の状況がある事を理解して欲しい。しかし、少なくともこのブログのおかげて私の死刑制度に対する考え方が変わったことだけは小田島に感謝したい。今回はあまりにカチンときたので少し批判めいた書き込みをさせて頂きました。

投稿: 冠 | 2011年9月 1日 (木) 22時33分

いつも思う

この人物が世の中や政治を語っても何も心に響かない

投稿: 克 | 2011年9月 1日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41438015

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の連休中:

« 中国移動四川董事長の収賄事件、一審で死刑・執行猶予 | トップページ | <渋谷・殺人未遂>「死刑になりたかった」複数の凶器所持 »