« 同時テロ報復の米死刑囚処刑、減刑運動かなわず | トップページ | 中国1兆円脱税事件の主犯、12年目でカナダから送還へ »

2011年7月22日 (金)

死刑執行をビデオ撮影=薬物注射の検証目的に―米

時事通信 7月22日(金)14時12分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110722-00000066-jij-int

 【ワシントン時事】米ジョージア州で21日夜、男性死刑囚の刑の執行がビデオ撮影された。死刑情報センターによれば、米国で死刑執行の様子がビデオ撮影されたのは、1992年にカリフォルニア州で行われて以来、約20年ぶり。
 米メディアによると、刑を執行されたのは、93年にジョージア州アトランタ郊外の自宅で両親と妹を殺害したアンドルー・デヤング死刑囚(37)。
 米国内では主に、薬物注射により死刑が行われている。しかし、一部には薬物注射が死刑囚に激しい苦痛を与える可能性があり、憲法で禁じる「残虐な刑罰」に当たるとの意見もある。今回、こうした議論を検証するため、別の死刑囚の弁護士の要請で撮影されたという。

|

« 同時テロ報復の米死刑囚処刑、減刑運動かなわず | トップページ | 中国1兆円脱税事件の主犯、12年目でカナダから送還へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/40918235

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑執行をビデオ撮影=薬物注射の検証目的に―米:

« 同時テロ報復の米死刑囚処刑、減刑運動かなわず | トップページ | 中国1兆円脱税事件の主犯、12年目でカナダから送還へ »