« 死刑執行1年、千葉景子元法相決断の背景 | トップページ | 江田法相、当面は死刑執行しない姿勢 »

2011年7月29日 (金)

死刑、当面執行せず=制度論議を優先-江田法相

時事通信 7月29日(金)10時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110729-00000050-jij-pol

 江田五月法相は29日午前の記者会見で、昨年7月に当時の千葉景子法相が死刑を執行してから丸1年が経過したことに関し、「死刑は悩ましい性格を持つ刑罰だ。(制度の在り方を)勉強している最中に『はい、執行』ということには、私の気持ちとしてはならない」と述べ、制度論議を優先し、当面執行しない意向を示した。
 江田氏は1月の就任時、死刑制度の存廃を含めて検討する意向を表明。千葉氏が執行後に設置した省内勉強会を4月に再開した。会見で江田氏は「識者の皆さんの考えを聞いたが、まだ私の心に強く響くところまで勉強できたとは思っていない」と述べ、さらに検討を続ける必要があるとの認識を示した。 

|

« 死刑執行1年、千葉景子元法相決断の背景 | トップページ | 江田法相、当面は死刑執行しない姿勢 »

コメント

法律守れない法相って論理矛盾じゃないか?日本で一番法を守らなきゃならないのは誰だ?
最初からできね~仕事引き受けるな!

投稿: | 2011年8月20日 (土) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/41040986

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑、当面執行せず=制度論議を優先-江田法相:

« 死刑執行1年、千葉景子元法相決断の背景 | トップページ | 江田法相、当面は死刑執行しない姿勢 »