« 今年も猛暑か | トップページ | 同時テロ報復の米死刑囚処刑、減刑運動かなわず »

2011年7月21日 (木)

リンゼイさん殺害、市橋被告に無期懲役判決

読売新聞 7月21日(木)14時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000675-yom-soci

 千葉県市川市で2007年、英会話学校講師の英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)を殺害したとして、殺人、強姦(ごうかん)致死、死体遺棄罪に問われた無職市橋達也被告(32)の裁判員裁判の判決が21日、千葉地裁であった。

 堀田真哉裁判長は「犯行は身勝手極まりない。被告は罪と向き合おうとしていない。整形手術を受けて逃げ通そうとし、真相解明を妨げた」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。強姦致死罪は、乱暴から死亡まで「相当の時間が経過している」と認めなかった。

 争点の殺意の有無について、判決は「首を3分程度圧迫し続けたことから明確な殺意があった」と認めた。その上で「首の圧迫は1分程度」とする市橋被告の供述は信用できないとした。

 さらに、判決は「リンゼイさんが大声を出して逃げようとし、住民から通報される危険が現実的となったことから殺意を抱く動機があった」と指摘した。

 また、堀田裁判長は「証拠と矛盾する供述や不自然な供述を繰り返し、反省の態度を見て取れない」と被告を批判。「(2年7か月以上の)逃亡生活をつづった本で得た金銭を被害弁済に充てようというのも遺族への配慮を欠く」と述べた。

 判決は遺族が死刑を求めた点に触れ、「計画性がなく、更生可能性がないとはいえない」と無期懲役とした理由を説明した。

|

« 今年も猛暑か | トップページ | 同時テロ報復の米死刑囚処刑、減刑運動かなわず »

コメント

 公判6回では少ない 巷にポツポツと居る青年

と感じた

逃走経路について触れてない 最早、人ではない

感じがしました

謝罪文は意味不明 結束バンドの説明は意図が読

み取れない

始終俯いていた 何を考えているのか全く判らな

ワントーン声が高かった 

投稿:  傍聴人 | 2011年7月31日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/40919236

この記事へのトラックバック一覧です: リンゼイさん殺害、市橋被告に無期懲役判決:

« 今年も猛暑か | トップページ | 同時テロ報復の米死刑囚処刑、減刑運動かなわず »