« 頼昌星氏の送還で暴かれる?江沢民氏の闇、権力闘争激化の恐れ―中国 | トップページ | エジプトのムバラク前大統領、一時昏睡状態か »

2011年7月16日 (土)

袴田事件:再審請求 証拠、来月DNA鑑定人へ 半年後にも結果判明 /静岡

毎日新聞 7月16日(土)10時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110716-00000011-mailo-l22

 1966年に旧清水市(静岡市清水区)で4人が殺害された袴田事件の第2次再審請求で、袴田巌死刑囚(75)の有罪の証拠とされた衣類の一部が、8月29日にDNA鑑定の鑑定人に手渡されることになった。DNA鑑定が秋を待たずに動き出すことで、早ければ来年2月ごろに結果が判明することになる。再審請求弁護団が15日、明らかにした。
 DNA鑑定は、袴田死刑囚が犯行後に隠したとされ有罪の証拠となった5点の衣類の血痕を調べるために行う。袴田死刑囚が傷を負って付いたとされる服の血痕や、犯行時に浴びた被害者の血とされる部分について、袴田死刑囚、被害者のDNAと一致するかを鑑定する。弁護団は衣類が捜査機関による捏造(ねつぞう)だと主張しており、鑑定が行われれば再審につながると期待している。
 弁護団によると、第2次再審請求について静岡地裁は静岡地検、弁護団との3者協議を8月29日に開催。検察側、弁護側双方がそれぞれ推薦する鑑定人も出席し、保管されてきた衣類の一部を切り取ったものを、試料として持ち帰る予定。早ければ半年で結果が判明するという。
 袴田事件の5点の衣類のDNA鑑定は00~01年、1回目の再審請求の即時抗告審の際に行われたが、鑑定不能の結果が出ていた。弁護団は「技術が当時より進んでおり、鑑定は可能だ」として今年2月から再鑑定を求めていた。【平塚雄太】

7月16日朝刊

|

« 頼昌星氏の送還で暴かれる?江沢民氏の闇、権力闘争激化の恐れ―中国 | トップページ | エジプトのムバラク前大統領、一時昏睡状態か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/40887526

この記事へのトラックバック一覧です: 袴田事件:再審請求 証拠、来月DNA鑑定人へ 半年後にも結果判明 /静岡:

« 頼昌星氏の送還で暴かれる?江沢民氏の闇、権力闘争激化の恐れ―中国 | トップページ | エジプトのムバラク前大統領、一時昏睡状態か »