« ピーナの無事を祈る | トップページ | 大阪教育大付属池田小事件から10年 重傷男児は今…「忘れたらあかん」 »

2011年5月31日 (火)

中国で覚醒剤所持、邦人の男に猶予付き死刑判決

読売新聞 5月31日(火)8時46分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000157-yom-int

 【大連=比嘉清太】中国遼寧省大連の中級人民法院(地裁に相当)が5月上旬、麻薬密輸罪に問われた70歳代の日本人の男に対し、死刑判決(執行猶予2年)を言い渡していたことが30日、わかった。
関係筋が明らかにした。同筋によると、男は2009年7月下旬、大連空港での手荷物検査で覚醒剤約1・5キロが見つかり、拘束された。日本に持ち込もうとしたとみられる。

 中国では死刑に執行猶予が付くことがあり、服役態度が良ければ減刑されることもある。
最終更新:5月31日(火)8時46分

|

« ピーナの無事を祈る | トップページ | 大阪教育大付属池田小事件から10年 重傷男児は今…「忘れたらあかん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/40205453

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で覚醒剤所持、邦人の男に猶予付き死刑判決:

« ピーナの無事を祈る | トップページ | 大阪教育大付属池田小事件から10年 重傷男児は今…「忘れたらあかん」 »