« 闇サイト殺人、2被告とも無期懲役…名古屋高裁 | トップページ | 福島原発放射能漏れ »

2011年4月14日 (木)

ある死刑執死した愚者の生涯

参考までに
書題(例)ある死刑執死した愚者の生涯
ー処刑死への韻律ー

序 本書の成立事情と趣旨について
目的なく執筆が進められて最後になって『遺書』としてトビーに遺してやることとし、ひいては江湖の人びとに死刑判決を受けて刑死する人間の一典型の人間像を知って死刑が「正義」に適うか否かの材料として戴きたいとした。

第一、幼少年時代
第二、中学生時代
第三、最初の罪に至るまで
第四、少年院在院時代
第五、最初の刑務所
第六、30歳まで
第七、40歳まで
第八、処刑死への助走ーー内野工務店社長一家監禁
   三億円強奪事件
第九、重罪刑務所・宮城刑務所
第十、最後の重大事件ーマブチモーター社長宅強盗殺人放火事件、他
第十一、終焉の場所・東京拘置所
第十二、終章ーー死刑執行の朝
あとがき
付録 私から刑事弁護人に宛てた手紙

というものでした。先生が言われる様に、少し加筆して章立てして纏め直すと、もう少し読める原稿になりそうだとは思いますが、またあらためて原稿用紙を何冊も購入して書き直すことは費用の点と億劫でもあり、自分の恥を書き残すことにも躊躇を覚えますので、原稿は廃棄しようかと考えているところです。私は池田佳彦の名で生活していたので、逮捕後に小田島の本名を比のレビーに告げた訳で、トビーの名はテツオのTと小田島のOからレビーが名付けたもので、畠山には改名しないつもりです。

|

« 闇サイト殺人、2被告とも無期懲役…名古屋高裁 | トップページ | 福島原発放射能漏れ »

コメント

刑の執行は罪に対するもの。抑止力としての死刑は必要であるが、囚人を苦しめる為のものではない。極論を言えば遺された者に対する配慮は必要ないのである。

投稿: Kの次 | 2011年5月20日 (金) 02時03分

あまり過激な意見を言うより、現実的な死刑囚の生活を考えたら良いと思う。

投稿: みひろ | 2011年4月27日 (水) 19時32分

閻魔大王
かなり過激な意見だが俺は賛成だな、
否定する奴もいるだろうけど、間違いなく犯罪抑止力になると思うよ。

投稿: | 2011年4月19日 (火) 16時00分

死刑囚なんてなんの役にもたたんから原発の後処理でもさせろよ

投稿: まつく | 2011年4月17日 (日) 15時54分

死刑囚さんは、どのような気持ちで毎日をすごされているのでしょうか?処刑の朝は、恐怖だとかんじているのかなあ?

投稿: やまぐちりこ | 2011年4月17日 (日) 06時54分

本には興味があるが、印税が殺人鬼のDNAを受け継いだ蛾鬼トビーに入るなら絶対買わない。

また死刑は罪の重さによって処刑方法を指定、一番軽いので絞首刑、重くなるに従って時間をかけて苦しみながら死ぬような残虐な方法を執るべき。
死刑執行人に関して、被害者遺族が第1優先執行権を持ち、後はオークションでセリにかける。殺人願望の金持ちは沢山いる。それこそ億の銭で取引される。処刑後は臓器を販売。処刑観覧チケットや処刑映像ビデオも撮影・販売。
収益金は被害者遺族に還付。拒否された場合には、東日本大震災被災者の為に使用。

投稿: 閻魔大王 | 2011年4月16日 (土) 08時25分

そう言えば、東日本大震災で、宮城刑務所は、壊滅状態になり、囚人が脱獄したのかなあ?

投稿: | 2011年4月15日 (金) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/39613448

この記事へのトラックバック一覧です: ある死刑執死した愚者の生涯:

« 闇サイト殺人、2被告とも無期懲役…名古屋高裁 | トップページ | 福島原発放射能漏れ »