« 転室 | トップページ | 震災の影響 »

2011年4月 5日 (火)

塀の中から原発を考える

地震・津波の発生後10日経ちましたが未だに行方不明と死者の人数が不明で日々増え続けています。

最終的には5万人位になるのではないでしょうか?しかし死者の数だけのことなら、これまで毎年3万人以上の自殺者が13年続いていても平気な日本人から考えれば大した事ではないのかもしれません。ですが、住む家をはじめ一切合切を失った数10万もの避難中の人々にとっては大変な災害だと思います。

福島原発の事故は、何とか終息へ向ってほしいものですが、対処に失敗すれば露・チェリノブイリ以上の大惨事になる事が必至で、その場合、放射能による将来の影響は地震・津波の被害を大きく超えるのは確実でしょう。

ヨーロッパ諸国で臨界時の完全制御が不可能だとして開発を断念したプルサーマル発電を企業理念優先で可動を始め、原子爆弾に世界で唯一の被爆国として、世界の核廃絶を訴えながら国内に原発を増設し続ける日本にとって、この原発事故は起こるべきして起きたといえるのでは!

とあれこのたびの震災と原発事故への対応では、日本メディア同様に日本政府の無能無策ぶりが世界中に知れ渡ったことでしょう。等と、間もなくロープに吊るされることが確定している者にとって、日本のこの先がどうなるのか、などとは全くの思いあがりで、どうなろうと関係ない訳です。ついつい長舌になりまして失礼致しました。

馬鹿な悪人の思わず語りのたわ言だと何卒ご放念ご寛恕(かんじょ)願います。

|

« 転室 | トップページ | 震災の影響 »

コメント

己の犯した罪は過去ではなく事実

日々反省しかあらず


しかし、残念ながら

歴史に名を残す

投稿: 国士 | 2011年4月15日 (金) 01時53分

極悪人は、無茶苦茶な事をやる。その上で、屁理屈で正論を述べる。そのあと、私は、悪くない。お前が悪い。又は、同情を誘う。冠さんの仰る通りだと思う。
その手の人は、私は嫌いだが、手の内と程度はよくわかる。
逆に、きちんとした人は、あらゆる人の意見を真摯に聞き、解決に結びつける。

投稿: | 2011年4月 7日 (木) 19時07分

ずっと以前からの小田島の文章のパターンで世間を騒がす事件が起きた時、自分の意見をすごく偉そうに高い位置から述べ、必ず最後に『もうすぐ死ぬ自分がこんな事言っても』と締める。このブログが世間に出る事が分かって講釈を述べ、最後に媚びを売る。正直このパターンは好きではない。最後の定番が余計だ。

投稿: 冠 | 2011年4月 6日 (水) 23時14分

塀の中から世の中のことに目を向けるのは悪いことではありませんが、何だか小田島は、やっぱり他人事なんですね。

投稿: S | 2011年4月 6日 (水) 09時31分

「大した事ではないのかもしれません」とは…ゾッとしました

投稿: | 2011年4月 6日 (水) 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/39502874

この記事へのトラックバック一覧です: 塀の中から原発を考える:

« 転室 | トップページ | 震災の影響 »