« 東北地方太平洋沖地震〜変わらぬ日常 | トップページ | <長野一家3人強殺>松原被告に死刑求刑…25日に判決 »

2011年3月18日 (金)

無罪主張の中被告に死刑求刑=舞鶴高1殺害―京都地裁

時事通信 3月18日(金)11時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000063-jij-soci

 京都府舞鶴市で高校1年小杉美穂さん=当時(15)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた無職中勝美被告(62)の論告求刑公判が18日、京都地裁(笹野明義裁判長)であった。検察側は「犯行態様が冷酷・残忍で悪質極まりなく、前科を含め3人の尊い命を奪ってきたことから、極刑をもって臨むしかない」と述べ、死刑を求刑した。
 犯人につながる直接証拠がない中、検察側は論告で、目撃証言と防犯カメラ画像の鑑定結果から、中被告が事件直前に、遺体発見現場付近で美穂さんと一緒にいたと主張。さらに、非公開の美穂さんの所持品の特徴を中被告が詳細に供述したとして、「中被告が犯人であることに、合理的疑いを差し挟む余地はない」と述べた。
 また、中被告が1973年に2人を殺害し、16年間服役していたことなどに言及し、「最高裁が永山判決で示した基準に照らし、本件は死刑求刑の基準を満たして余りある」と述べた。
 中被告は捜査段階から一貫して無罪を主張。弁護側はこれまでの公判で、防犯カメラ画像などでは中被告と特定できず、被害者の所持品に関する供述は、取調官に誘導されたとしている。弁護側は今月23日に最終弁論を行う。
 起訴状によると、中被告は2008年5月7日未明、舞鶴市の朝来川の川岸で、わいせつ目的で美穂さんの着衣を剥ぎ取るなどした際、抵抗され激高。頭などを鈍器で多数回殴り、殺害したとされる。

|

« 東北地方太平洋沖地震〜変わらぬ日常 | トップページ | <長野一家3人強殺>松原被告に死刑求刑…25日に判決 »

コメント

無罪を主張する前に吊れ

投稿: | 2011年3月28日 (月) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/39327755

この記事へのトラックバック一覧です: 無罪主張の中被告に死刑求刑=舞鶴高1殺害―京都地裁:

« 東北地方太平洋沖地震〜変わらぬ日常 | トップページ | <長野一家3人強殺>松原被告に死刑求刑…25日に判決 »