« 「永田洋子死刑囚の死」を契機として、改めて世代の問題を考える | トップページ | オウム土谷被告の死刑確定へ 地下鉄サリン事件 »

2011年2月15日 (火)

死刑判決、全員一致条件…廃止議連が改正案骨子

読売新聞 2月15日(火)14時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110215-00000622-yom-pol

 超党派の「死刑廃止を推進する議員連盟」(会長・亀井静香国民新党代表)がまとめた、裁判所法、裁判員法、刑法などの改正案の骨子が15日、明らかになった。

 死刑判決は裁判官らの全員一致を条件としたことが柱だ。議連は16日の総会で骨子を公表し、議員立法で今国会に提出する方針だ。

 骨子は、第1審の裁判員裁判では裁判官3人と裁判員6人の全員が一致した場合のみ、死刑判決を下せると規定。控訴審と上告審でも、裁判官の全員一致が必要とした。

 裁判員制度では、多数決(裁判官1人以上の同意が条件)により、死刑が評決できるが、昨年秋から死刑判決が相次ぎ、裁判員への精神的な負担が重すぎるとの指摘が出ていた。骨子は、全員一致に限定することで、裁判員の精神的負担を軽減する狙いもある。
最終更新:2月15日(火)14時41分

|

« 「永田洋子死刑囚の死」を契機として、改めて世代の問題を考える | トップページ | オウム土谷被告の死刑確定へ 地下鉄サリン事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38885192

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑判決、全員一致条件…廃止議連が改正案骨子:

« 「永田洋子死刑囚の死」を契機として、改めて世代の問題を考える | トップページ | オウム土谷被告の死刑確定へ 地下鉄サリン事件 »