« 永田死刑囚死亡 「もう一度闘いたい」人生はどう「総括」 | トップページ | 薬の力はまだいらない »

2011年2月 7日 (月)

永田死刑囚死亡、「事件の歴史に幕」と元捜査員

読売新聞 2月7日(月)3時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110207-00000098-yom-soci

 1971~72年に大量リンチ殺人などを起こした元連合赤軍最高幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚(65)が5日死亡したことで、永田死刑囚を知る関係者らからは「連合赤軍事件の歴史は幕を閉じた」「自らの責任を掘り下げてほしかった」などの声が漏れた。

 法務省の発表によると、永田死刑囚は5日午後10時6分、東京・小菅の東京拘置所で多臓器不全により死亡した。84年に脳腫瘍の手術を受け、2006年には脳萎縮による意識障害で寝たきりとなり、ここ1年間は意思疎通も困難な状態だった。昨年9月以降、誤嚥(ごえん)性肺炎で治療中だった。

 当時、群馬県警捜査1課指導官として取り調べを指揮した前橋市の鈴木万作さん(85)は「取り調べでは本当にしぶとく、最後まで『闘士』の顔を持った人だったが、病には勝てなかったのか」と振り返り、「連合赤軍事件そのものの歴史が本当に幕を閉じた」と、かみしめるように話した。
最終更新:2月7日(月)3時1分

|

« 永田死刑囚死亡 「もう一度闘いたい」人生はどう「総括」 | トップページ | 薬の力はまだいらない »

コメント

皆様、ありがとうごさまいました。参考に成りました。執行するのにも、色々あるのですね。

投稿: レレレのおばさん | 2011年2月11日 (金) 15時46分

心身共に正常な状態でないと執行できないんですよ。寝たきりだと吊せないとかの問題ではなく、人間としてまともな状況でないと執行できないようですよ。

投稿: | 2011年2月10日 (木) 18時02分

以前、足腰が立たない死刑囚を引きずって首に縄をかけた事があると聞きました。永田洋子の場合は共犯者が国外逃亡している為に執行はストップしていたと考えられます。オウム事件のように大量に死刑が確定している事件で死刑がどのように行われるのか、果たして執行そのものがあるのか興味があります。

投稿: 冠 | 2011年2月10日 (木) 12時48分

ざっと検索してみました。

「死刑執行の流れ」の中に書かれていたのですが、やはり精神や身体に障害が確認されると、執行は中止になるようです。

あと

ありえませんが女性の場合懐妊してると執行出来ないようです。

投稿: レレレのおじさん | 2011年2月10日 (木) 11時53分

質問です。寝たきりだと、執行は無いんですか?寝たきりで吊すのは不可能なんですか?どうなのかと思って…。知ってる方、教えて下さい。

投稿: レレレのおばはん | 2011年2月 9日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38777823

この記事へのトラックバック一覧です: 永田死刑囚死亡、「事件の歴史に幕」と元捜査員:

« 永田死刑囚死亡 「もう一度闘いたい」人生はどう「総括」 | トップページ | 薬の力はまだいらない »