« フランス 極右「国民戦線」党首にルペン氏三女 | トップページ | 中国人妻「すべて陰謀です」改めて無罪主張 替え玉殺人、控訴審初公判 »

2011年1月18日 (火)

江田法相、拉致実行犯の釈放嘆願に「間違いだった」謝罪

産経新聞 1月18日(火)11時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110118-00000536-san-pol

 江田五月法相は18日の記者会見で、過去に北朝鮮による拉致事件の実行犯、辛(しん)光(がん)洙(す)元死刑囚の釈放嘆願書に署名したことについて「これはもう申し訳ない。その部分については間違いであるということで、おわびをするほかありません」と謝罪した。

 韓国大統領に宛てた嘆願書には菅直人首相も署名。首相は昨年6月の衆院本会議で「対象の中に辛光洙が入っていたことを十二分に確かめずに署名したことは間違いだった。従来から反省している」と同じく謝罪している。

 一方、中野寛成拉致問題担当相は同日の記者会見で、首相と江田氏について、「現在は(2人は)そういう意識は持っていない。人道的、人命的な視点に立って、国権をしっかり守っていく決意はすべての人(閣僚)が共有していると思う」と主張した。

|

« フランス 極右「国民戦線」党首にルペン氏三女 | トップページ | 中国人妻「すべて陰謀です」改めて無罪主張 替え玉殺人、控訴審初公判 »

コメント

内容を精査しないで適当に署名しちゃったんですね。

卑しくも一国の政を担う政治家がそんなことでいいんでしょうかね。

投稿: 隣のおばちゃん | 2011年1月19日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38515451

この記事へのトラックバック一覧です: 江田法相、拉致実行犯の釈放嘆願に「間違いだった」謝罪:

« フランス 極右「国民戦線」党首にルペン氏三女 | トップページ | 中国人妻「すべて陰謀です」改めて無罪主張 替え玉殺人、控訴審初公判 »