« 容疑者が初出廷し予備審問=議員狙い、事前に計画か―米乱射事件 | トップページ | 再送:米銃乱射事件のラフナー容疑者が初出廷、動機は語らず »

2011年1月11日 (火)

冷蔵庫のような独房

12月に入って平年より気温が高い日が続いていましたが13/月からは一気に寒くなりました。その寒い日にお二人揃って面会に来て下さり誠にありがとうございました。

面会呼出がある直前に入浴があり(入浴用意の号令で、脱衣・石鹸・タオルを用意、扉が開くとパンツ一枚で浴室へ行きます)、入浴後すぐ着衣すると汗をかくため、上に半袖シャツだけ着てカテーテルのケースの消毒液を交換した後に服を着て坐り、作業を始めた途端に面会呼出があり面会室まで歩いただけ(50m位)で汗がでました。面会室と待機場は暖房が入っていましたが面会終了して独房に戻ると冷蔵庫の中に入った様に感じました。(使い捨てカイロ、耳袋、手袋が購入できるという事は、それを使用する室温だという事です。)

14/火昼前「本に同封」との告知でお手紙が届き、大変嬉しい拝読致しました。そして15/水午後、文庫本3冊と月刊誌2冊が一緒に手元に届きました。本当にありがとうございました。お手紙では、先日沖縄に行ってきた、との由。沖縄の不況も深刻な様子で米軍基地を県外へ移せ、という声ばかりが報道されていますが、これといった産業が無い沖縄県では基地関連での税収や基地関連にでの税収が基地関連に働く人・商売している人等の生活を考えれば、もし本当に米軍基地がなくなると県の経済が余計厳しくなるのでは、と思います。

政権が変わって米軍基地をなくしたフィリピンの現状を考えればよく分かると思います。スービックの基地跡はカジノを併設したフリーポートになり一時賑わったけど、04年当時すでに見る影もなかったです。基地がなくなった街の衰退はひどいもので誰もが米軍基地があった時の方が暮らしやすかったと言っていました。おまけに米軍が去った途端、中国に国境の島を実効支配されたことは、沖縄から米軍が去れば日本の尖閣諸島でも同じ事が起きる可能性大では。等とつい長述で失礼致しました。東拘のラジオ放送もXマスソングのオンパレードになりました。

Xマスですが、店からパー券を持たされてフィリピーナ達はこの不況の中、券を捌くのに四苦八苦しているのでは?ツリーは無いけど比のレビーの家も周辺の家も戸口をイルミネーションで飾ります。ラジオ放送のXマスソングを聞きながら比で大勢の家族を一緒にすごしたXマスを懐かしく思い出しています。

飲む機会が増えるこの時期、日中の最高気温が10度以下と最低も5度以下のこの冬一番の冷え込みですが呉々も体調にはご注意下さい。

今年も一年間大変お世話になりました。心から感謝しております。本当にありがとうございました。よい年をお迎え下さい。

小田島 拝
2010.12.19

|

« 容疑者が初出廷し予備審問=議員狙い、事前に計画か―米乱射事件 | トップページ | 再送:米銃乱射事件のラフナー容疑者が初出廷、動機は語らず »

コメント

死刑制度の賛否を語る時に必ず 死刑賛成の方は 自分の家族や子供が被害者でも反対するのか と言いますが
誰もそんな単純な事で反対してる訳では…
逆に家族が加害者だったら…
言いいたいのは死刑は国家の殺人…

何が正しいか解りません…

投稿: | 2011年2月 4日 (金) 02時22分

人権擁護の風潮がありますが、死刑囚は社会的弱者でも何でもありません、加害者です。
それを忘れてはいけません。
一番の被害者は殺された人であり、その遺族です。
今の与党には極端な人権擁護主義者がたくさんいますが、(前を含め法相なんか特にそうですが。)そういう人達は自分の家族が殺されたらどう思うのでしょうか?
死刑囚に罵られても、それでも死刑反対と言えるなら、人間としての心が空っぽなんだろうと思います。
人の痛みがわからないから人を傷つけ、殺すんです。殺人を犯した者がその被害者が受けた恐怖と対面せずに、生きながらを得たら、加害者は一生被害者の恐怖や無念は理解できないと思います。
死に対面して初めて死の恐怖を理解し、懇願し、被害者の気持ちが分かるのです。もし裁判で無期で結審をし生き延びれれば、「あぶねぇ、ラッキー!」ぐらいにしか思わないと思います。

投稿: アムネスティ?? | 2011年2月 3日 (木) 17時55分

人と生まれて,自分がまさか死刑囚に成るとは皆思わなかったろう.人生の運命.被害者も悲惨だが死刑囚の日々も悲惨だ入浴15分.カメラで監視された狭い部屋.先輩で刑務官経験者がいて良く話を聞かされた.ハイお別れです!!一言だけ.後は実力行使.嫌な仕事だった.東京拘置所刑務官だった先輩.もう亡くなった.人間味有る個性的な良い先輩だった.

投稿: 川崎市のおじさん | 2011年1月26日 (水) 04時48分


私は3月で19歳になり、まだ人生を20年も生きていませんが、“死刑”に関して強い関心があります。

小田島さんのブログを通じて死刑囚の生活、迫り来る死に関してどう思っているのかなどをもっと知りたかった。

死刑囚は人を殺害したわけだが、死刑囚だって人なわけで、国が人を殺している。

凶悪犯には死をもって償ってもらうのはもちろんだと私も思いますが

難しいところですよね。

11日から日記が書いていないとあれば、小田島さんの刑は執行されたのか…

もっともっと
いろいろ知りたかった

投稿: 夕方の空 | 2011年1月25日 (火) 11時29分

今更懐かしんでも後の祭…刑務所暮らしは何回も経験して分かるでしょうが…死刑囚になるとは予想外か…捕まれば覚悟しての犯行か…余りにも貴方の人生はお粗末でしたね

被害者の無念は貴方を憎む皆様の無念でもありますから

投稿: 織姫 | 2011年1月19日 (水) 06時02分

死刑囚が寿命や病死をしたら刑を全うした事にはならないですよね。
法律で死刑制度がある中で死刑と決まったからには冤罪の可能性がない限りすぐ執行で良いのではないかと思います。

投稿: 花火 | 2011年1月18日 (火) 19時37分

小田島さんは、このまま、何年たっても。刑は、執行されず。寿命を全う出来ると思いました。
人を何人殺しても、働かなく、平穏な日々を送れる前例が出来ると思いました。おまけに、長生きすると思います。
反省する必要が無いと社会的に認められる結果となりそうです。

投稿: | 2011年1月16日 (日) 19時25分

リリィさん、彼の心の内側は、彼にしか分からないよ。

投稿: カニさん | 2011年1月15日 (土) 22時03分

自分の死に向き合い続ける毎日。

自分の罪にはどのように向き合っていますか?

著作など読んでいないので分かりませんが…。

投稿: りりり | 2011年1月14日 (金) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38426373

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫のような独房:

« 容疑者が初出廷し予備審問=議員狙い、事前に計画か―米乱射事件 | トップページ | 再送:米銃乱射事件のラフナー容疑者が初出廷、動機は語らず »