« 2人殺害切断に懲役12年=「悪質だが従属的」―横浜地裁 | トップページ | 連続保険金殺人の死刑囚、医療刑務所で死亡 »

2011年1月27日 (木)

死刑判決被告の共犯に懲役12年の判決、金沢沖バラバラ強殺事件/横浜地裁

カナロコ 1月27日(木)23時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000065-kana-l14

 男性2人殺害事件で、男性1人への強盗致死罪などに問われた滋賀県東近江市、無職南部宇宙被告(28)の裁判員裁判判決で、横浜地裁(小池勝雅裁判長)は27日、懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。

 判決は検察主張の起訴罪名を適用し、「恐喝にとどまる」とした弁護側主張は退けた。その上で「(別の裁判員裁判で死刑判決を受けた)池田容之被告(32)=控訴中=との関係で南部被告は、はるかに従属的立場」として酌量減軽した。

 裁判員と補充裁判員の9人全員は横浜刑務所(横浜市)での池田被告の証人尋問に参加。判決後の会見で裁判員経験者の1人は「刑務所での尋問に緊張はあった」とし、別の男性経験者は「池田被告は審理の鍵となる証人で、限られた人数の方がより自由に発言しやすいという考えもあり、今回の形式でもよかった」と述べた。

 判決によると、南部被告は2008年6月18日以降、千葉県内のホテルで男性2人を監禁、現金計約1340万円を奪い、2人の遺体を横浜市金沢区沖の東京湾などに遺棄した。

|

« 2人殺害切断に懲役12年=「悪質だが従属的」―横浜地裁 | トップページ | 連続保険金殺人の死刑囚、医療刑務所で死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38728718

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑判決被告の共犯に懲役12年の判決、金沢沖バラバラ強殺事件/横浜地裁:

« 2人殺害切断に懲役12年=「悪質だが従属的」―横浜地裁 | トップページ | 連続保険金殺人の死刑囚、医療刑務所で死亡 »