« 北朝鮮スパイとして服役、在日韓国人に無罪 | トップページ | 江田法相 「死刑は欠陥抱えた刑罰」 命令に慎重姿勢示す »

2011年1月13日 (木)

強盗殺人罪の被告に無期懲役を求刑/横浜地裁

カナロコ 1月13日(木)23時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110113-00000057-kana-l14

 横浜市西区の歩道橋上で女性を刺殺、現金などを奪ったとして、強盗殺人罪などに問われた横浜市保土ケ谷区和田2丁目、無職重岡和博被告(40)の裁判員裁判公判が13日、横浜地裁(秋山敬裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑し、弁護側は有期懲役を求めて結審した。

 量刑が争点で、起訴罪名の強盗殺人の法定刑は死刑か無期懲役。検察側は「ナイフの長さより深い傷が遺体に残り、手加減せずに刺すなど殺意は強固。金に困ったのは、(事件を起こす前の)約1年10カ月間、仕事に就こうとしなかったのが最大の原因。他人から金を奪うのは言語道断」と指摘した上で、「更生可能性がないとは言えず、死刑は躊躇(ちゅうちょ)せざるをえない」と述べた。

 弁護側は「ナイフを刺したときはパニック状態で、記憶は欠損している」と強い殺意を否定し、「事件前にガスや電気も止められた極貧状態で、自殺しようと思い続けたができず、精神的に追い詰められて金を奪おうと思うようになった」などと酌量減軽を求めた。

|

« 北朝鮮スパイとして服役、在日韓国人に無罪 | トップページ | 江田法相 「死刑は欠陥抱えた刑罰」 命令に慎重姿勢示す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38464703

この記事へのトラックバック一覧です: 強盗殺人罪の被告に無期懲役を求刑/横浜地裁:

« 北朝鮮スパイとして服役、在日韓国人に無罪 | トップページ | 江田法相 「死刑は欠陥抱えた刑罰」 命令に慎重姿勢示す »