« 秋葉原17人殺傷の加藤被告に死刑求刑 「史上まれにみる重大犯罪」と検察 | トップページ | 市橋達也『逮捕されるまで』最速レビュー »

2011年1月25日 (火)

<秋葉原無差別殺傷>加藤被告に死刑求刑

毎日新聞 1月25日(火)16時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110125-00000053-mai-soci

 東京・秋葉原で17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大被告(28)に対し東京地検は25日、東京地裁(村山浩昭裁判長)の第28回公判で死刑を求刑した。2月9日の次回公判で弁護側の最終弁論が行われて結審し、3月24日に判決が言い渡される。

 検察側はこれまでの公判で動機について、派遣社員で就労が不安定▽容姿のコンプレックス▽交際相手がいない--といった悩みが重なったうえで「携帯サイトの掲示板で、偽物や『荒らし行為』に遭って自暴自棄になり、復讐(ふくしゅう)を考えた」などと指摘した。

 これに対し、加藤被告は起訴内容を認めて謝罪した。だが、動機については「自分の居場所だった掲示板に現れる偽者や荒らし行為をする人に対し、事件を起こすことで『やめてほしい』という気持ちを伝えたかった」と述べ、就労と容姿、交際相手を巡る悩みに基づくものではないと否定していた。

 弁護側は「事件時に何らかの精神障害があった可能性がある」として責任能力を争っているが、証人出廷した精神鑑定医は「事件は不満をためて暴発させる被告の抑うつ的、衝動的な性格に由来するもので、精神障害は認められない」と証言。地裁は弁護側が求めた再鑑定実施の請求を却下した。

 起訴状によると、加藤被告は08年6月8日午後0時半ごろ、東京都千代田区の歩行者天国の交差点にトラックで突入して5人をはね、うち3人を死亡させ、さらにダガーナイフで12人を刺し、うち4人を死亡させたとされる。【伊藤直孝】

|

« 秋葉原17人殺傷の加藤被告に死刑求刑 「史上まれにみる重大犯罪」と検察 | トップページ | 市橋達也『逮捕されるまで』最速レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38608491

この記事へのトラックバック一覧です: <秋葉原無差別殺傷>加藤被告に死刑求刑:

« 秋葉原17人殺傷の加藤被告に死刑求刑 「史上まれにみる重大犯罪」と検察 | トップページ | 市橋達也『逮捕されるまで』最速レビュー »