« “最高権力”検察をどうすれば変えられるのか<1/5>(『創』2011年2月号より) | トップページ | <木嶋佳苗被告>さいたま地裁で併合審理…検察側が請求方針 »

2011年1月12日 (水)

アサンジ容疑者、米国への移送で死刑の可能性=弁護団

ロイター 1月12日(水)15時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110112-00000756-reu-int

 [ロンドン 11日 ロイター] 政府等の内部文書を公開する民間サイト「ウィキリークス」創設者で、性犯罪容疑で逮捕され保釈中のジュリアン・アサンジ容疑者(39)について、ロンドンの治安判事裁判所は11日、スウェーデンへの身柄引き渡しの是非を判断する予備審理を開いた。

 審問後、弁護団は来月始まる本審理での弁護内容を発表。その中で、アサンジ容疑者の身柄がスウェーデンに渡り、最終的に米国に渡った場合、死刑の可能性もあると指摘した。

 弁護士事務所のウェブサイトに発表された文書によると、「もしスウェーデンに身柄が引き渡されれば、米国が同国への引き渡しか違法な移送を求めてくる危険がある。米国に移送された場合、極刑にならないという保証がなければ、死刑判決を受ける可能性が高い」とした。

 米政府はアサンジ容疑者が、政府の外交公電を次々に公開したことについて、強い遺憾の意を表していた。

 性犯罪容疑について、一貫して否認を続けているアサンジ容疑者はこの日、裁判所前に集まった記者団に対し、「ウィキリークスの活動は継続する。米外交当局やその他の文書についても公表の準備を進めている」と強調した。

|

« “最高権力”検察をどうすれば変えられるのか<1/5>(『創』2011年2月号より) | トップページ | <木嶋佳苗被告>さいたま地裁で併合審理…検察側が請求方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38441010

この記事へのトラックバック一覧です: アサンジ容疑者、米国への移送で死刑の可能性=弁護団:

« “最高権力”検察をどうすれば変えられるのか<1/5>(『創』2011年2月号より) | トップページ | <木嶋佳苗被告>さいたま地裁で併合審理…検察側が請求方針 »