« 爆弾男を公共安全危害罪で逮捕、「社会の注目を浴びたかった」 | トップページ | <仙台拘置支所>収容の死刑囚が死亡 »

2011年1月28日 (金)

裁判員裁判:男性監禁強盗致死 南部被告に懲役12年--地裁判決 /神奈川

毎日新聞 1月28日(金)11時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110128-00000017-mailo-l14

 ◇「凶行に巻き込まれた」
 東京・歌舞伎町のマージャン店経営者ら男性2人が09年に殺害された事件を巡り、裁判員裁判で初の死刑判決を受けた池田容之(ひろゆき)被告(32)=控訴中=と共謀したとして、強盗致死罪などに問われた滋賀県東近江市の無職、南部宇宙(たかおき)被告(28)の裁判員裁判で、横浜地裁は27日、懲役12年(求刑・懲役15年)を言い渡した。小池勝雅裁判長は「結果は重大だが、池田被告の凶行に巻き込まれた側面が強い」と指摘した。
 弁護側は、強盗致死罪での池田被告との共謀は成立せず恐喝罪にあたると主張したが、小池裁判長は「池田被告の犯行状況を目撃し意図を十分に認識していた。強盗行為に加担した」と退けた。その上で「池田被告を制止するのは相当困難だった。従属的な立場で、責任も小さい」と減軽の理由を述べた。
 判決によると、南部被告は09年6月、池田被告らと共謀し、マージャン店経営者(当時28歳)ら2人を千葉県のホテルに監禁。経営者から現金約1300万円を奪い、池田被告が殺害した。
 裁判では、横浜刑務所で池田被告に対する非公開の出張尋問も行われた。閉廷後に会見した裁判員の男性は「(池田被告が)自由に発言するためには(法廷よりも)望ましかったのでは」と語った。【松倉佑輔】

1月28日朝刊

|

« 爆弾男を公共安全危害罪で逮捕、「社会の注目を浴びたかった」 | トップページ | <仙台拘置支所>収容の死刑囚が死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473217/38728837

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判:男性監禁強盗致死 南部被告に懲役12年--地裁判決 /神奈川:

« 爆弾男を公共安全危害罪で逮捕、「社会の注目を浴びたかった」 | トップページ | <仙台拘置支所>収容の死刑囚が死亡 »